28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

ホームケア

あいうべ体操で口臭も治る!何度もできるお口の簡単体操

あなたは「あいうべ体操」というのを聞いたことがありますか?メディアにも取り上げられ近年広まってきたお口の体操のことです。インフルエンザにかかりにくくなる、口臭が激減する、ぜんそくに効果があったなど、まるで魔法のような体操ですが、自宅で簡単に行うことが出来ます。

この簡単トレーニングでなかなか治りにくい体調不良を改善させてみませんか?あいうべ体操をご紹介します。

あいうべ体操はこんな方におすすめです

98958215281fed77a985c396aac5708b_s

あいうべ体操は口を大きく動かす体操です。口呼吸から鼻呼吸へ戻す効果があります。口呼吸をしている自覚がある方はもちろん、口呼吸に気付かなくても口臭が気になる場合や、だるい、やる気が起きない、疲れやすい方にも効果がる場合も多いのです。また、呼吸器官の改善がありますので、アレルギー疾患(喘息や花粉症等)で困っている方にもおすすめです。

隠れ口呼吸もある

口呼吸の自覚がない方も多いので、以下の項目に当てはまるかチェックしてみましょう。

  • いつも口が開いている
  • 下唇が付きだしている
  • 口を閉じるとアゴにしわができる
  • 唇が乾きやすく荒れやすい
  • 朝起きた時に喉が痛い事が多い
  • 食べる時に音が出る
  • いびきや歯ぎしりがある
  • 口臭が気になる
  • タバコを吸っている
  • 左右の目の大きさが違う
  • 出っ歯気味である
  • 舌の両再度が波打っている跡がある
  • 鼻血が出やすい
  • 二重アゴになっている
  • 舌苔が多い
  • スポーツをすることが多い

当てはまる項目が多い方は口呼吸の可能性が高いです。

口呼吸は何が問題なの?

口呼吸を長い期間していると、口から息が出入りしますので、口の中の水分や唾液が少なくなってきます。すると自浄作用があるはずの唾液がないことで細菌が洗い流されず、やがて口臭が出てきます。
口呼吸→唾液現象→口臭が強くなる→歯の再石灰化が弱まる→虫歯や歯周病が増える
お口の中ではこのような不のスパイラルに陥ります。

また、口腔内の粘膜が唾液で覆われていないことにより傷つきやすくなります。その結果喉の組織や鼻粘膜が萎縮したり乱れたりして、免疫異常が起こるのです。粘膜が傷つくことにより喉の奥にも細菌が侵入し感染します。粘膜の乱れで免疫力が下がっているので、いつもより悪化し、さらに免疫力を下げるという呼吸器の不のスパイラルも起こってきます。

口呼吸の改善は、全身に関わるたくさんの病気の改善に役立ちます。ぜひ口の中だけではなく全身の健康のために鼻呼吸へ移行しましょう。

あいうべ体操をやってみましょう

この体操は誰でもできる簡単なものです。図解していきます。

0931000001

「あー」と口を大きく開ける

0931000002

「いー」と口を大きく横に広げる

 

 

 

 

 

 

 

0931000003

「うー」と唇を強めに前に突き出す

0931000004

「べー」と舌を突き出して伸ばす

 

たったこれだけの動作です。声は出さなくてもOKです。

この4つの動作を1セットにして1日30回程度行いましょう。
やってみると、いかに顔の筋肉を動かしていなかったか分かりますね。けっこう疲れるのです。一気にやるより、歯磨きのあとやお風呂に浸かっている時など、何かのタイミングで行うのが良いでしょう。

ポイント

あいうべ体操は、声を出すよりお口を大きくしっかり動かすことが大事です。無理しない範囲でゆっくりやってみましょう。
顔の筋肉を使っていない人の中には、顎関節症がある場合もあります。顎が痛い、音がするなどの症状がある場合は回数を減らして行います。口を開けた時の痛みが少ない「いー」と「うー」だけを繰り返してもOKです。「べー」が難しい人もいます。最初は大き目のあめ玉をなめる等舌の運動をして慣らすとより効果的です。舌の活性化は脳も活性化させますので、全身的に良い効果をもたらします。

まとめ

あいうべ体操を繰り返し行うと、呼吸がスムーズになってきます。鼻でうまく吸えるようになるからですが、酸素がしっかり取り込まれるようになると、脳に行き渡る量が増え、脳の血流が良くなり精神的にも安定すると言われています。
呼吸は呼吸器科や歯科では多く取り扱いますが、全身に影響があるとは普段気づきにくいですね。でもこの体操で自分でも気付かないプチ不調が改善したきたら、より健やかな毎日につながります。
ぜひあなたの毎日にこの体操を取り入れてみて下さい。

 

関連記事

  1. 5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_s

    子供〜若年

    受験生が気を付けるべきお口のトラブル

    初夏の爽やかな季節、受験なんて終わったばかりでしょ?というのは甘い考え…

  2. 823898f3b00857641b3538242ab884d3_s

    ホームケア

    仕上げみがきが初めてのパパ・ママへ

    仕上げ磨きは、子供のいるほとんどの家庭で行われています。日本の対象の家…

  3. 4778133d1df00077cbe799947803e551_s

    その他

    震災で起こる思いがけない被害とは

    震災といえば熊本や東北を思い出す人が多いかもしれません。近年の度重なる…

  4. ae47467b60bdd3c1b74cf52947c7bfa2_s

    その他

    震災でも負けない!被災地・避難所での口腔ケアのススメ

    あなたは大規模な震災に見舞われたことがありますか?近年水害や地震などた…

  5. 6192558056479da0e63537da565fd4b6_s

    口と全身の関連

    歯ぎしりではないTCHという症状

    TCHと呼ばれる症状をご存じでしょうか?これは、断続的に歯を接触させる…

  6. a98bbfb5268b1ae2bfe43a86234007f7_s

    ホームケア

    コーヒー好きは注意?コーヒーと口臭の関係

    コーヒーがお好きですか?好きな方も多いこの嗜好品ですが、無意識に水分代…

  1. 43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s

    子供〜若年

    離乳期からの虫歯予防
  2. b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

    その他

    注目されている歯の健康
  3. 406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

    その他

    インフルエンザにかからない人って?
  4. 9d9a9abb7bfc176b20587a1e6a8a431c_s

    ホワイトニング

    歯磨き剤の成分をみてみよう
  5. 75ffd15607f5fdb009ddcf4fb55dd051_s

    インプラント

    インプラント治療でおさえておきたいポイントとは?
PAGE TOP