9815ebc05f637f3e859199ecf383155b_s

口と全身の関連

あなたは大丈夫?歯ぎしりのこわ~い事情!

寝ている時に歯ぎしりする音がしていたと指摘されたことはありませんか?また、起きた時に顎がだるい感じがすることはないでしょうか?これらの症状は無意識でやってしまうものなので気付いていない人も多いです。ですが放っておくとお口の中だけでなく全身に影響を及ぼします。いつの間にかしてしまう歯ぎしりの怖さについてお話します。

歯ぎしりとはなぜ起こる?

cd02100c0d9fe9465636008f420ff37c_s

歯ぎしりのことを「ブラキシズム」と呼ぶ事があります。ブラキシズムとはお口の中やその周辺でついやってしまう習慣のことです。習慣なので無意識にやってしまうことが多い症状ですね。

歯ぎしりはその多くが睡眠中に起こります。中にはひどくなってしまうと日中も気づかないうちにキリキリとやってしまうケースもあり、それを見て指摘されたりもします。
睡眠中は大脳皮質が抑制され、自分では噛む力や動きを制限できません。なので強い力で噛んでしまい、歯ぎしりしてしまうのです。

ブラキシズムが怖いのはなぜ?

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

普段物を噛む時に歯や顎の骨が受ける力は70キロと言われています。弱い人ではもちろんこれ以下の人もいますが、「カチン」と噛んだ時にかかる力はあくまで瞬間的です。

しかしブラキシズムは睡眠中ずっと力がかかり続けています。筋トレでもこんな力のかけ方はもちろんしません。なぜなら体の異常を引き起こすからです。強い力がかかり続けると、受ける歯にも受け止めるだけの力がかかりますから、だんだんすり減ってきます。周辺の歯肉や歯を支える骨である歯槽骨も影響が出て、歯茎が下がったり腫れたりしてくるのです。

各部位への影響

9858e5dcef4b0f72b4aaa3bcafa3546b_s

歯周組織への影響は、歯肉の下がり、歯茎の骨がデコボコと変形する、歯周病で腫れていた歯茎がより腫れてくる、出血してくるなど、見た目にもかなりの悪影響があります。

歯だけではありません。噛むということは顎を動かしているので、顎関節への影響もあります。開口障害という顎が大きく開かなくなる症状が出たり、開き方がアンバランスになってしまう顎関節症を引き起こします。歯周組織や顎関節周辺の痛みや、開いたときにかっくんという音が出るなど、さまざまな症状を引き起こす可能性があります。

その他にも全身的な悪影響が。力を入れ続けることで筋トレと同じように筋肉への負担が生じますので、肩こりや顔面の変形が出てきます。それによる頭痛も良くある症状です。身体は肩の筋肉のアンバランスを背中や腰の筋肉で補おうとするので、腰痛も出てきます。腰痛が慢性化すると動けなくなってくるので、気力の低下や運動能力が低下してだるさが出てきます。

ここまでくると慢性的になっておりストレスもかなり生じてくるので、自律神経失調症なども併発します。もはや歯ぎしりを治しただけでは全身的な影響がなかなか好転しなくなってくるのです。

身体に悪影響が出る前に、大切な歯を守りましょう。
全身のあちらこちらに影響が出てくるブラキシズムですが、寝ている時は無意識なので自分ではなかなか気づくことが出来ません。歯ぎしりしているかどうか、もちろん歯科医院で検査可能です。レントゲンでは歯ぎしりによる骨吸収の有無も確認できますし、CTなどを用いれば顎関節の変形があるかどうかも見ることが出来ます。

自分でブラキシズムチェック!

659d0659cbf39e6b13fcce9feabb805d_s

自宅で簡単にチェックできる方法を紹介します。参考にしてみて下さい。

  • 舌でほっぺの内側を触った時に、ぽこっと膨れた線が口の奥から口角に向かって入っている。
  • 舌をべーっと出すと、舌の両サイドが波打っている。
  • 大きく口を開くと顎で音がしたり痛みや違和感がある。
  • まっすぐ生えていた歯が回転してきたり等、歯の向きがだんだん変わってきた。
  • 出っ歯になってきた。
  • 朝起きると顎に鈍痛がある。
  • 首コリ、肩コリ、頭痛がひどい。
  • ストレスが多い。ストレスを発散できていない。

当てはまる人は疑ってみましょう。検診の時でも良いので、検査の予約をしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ストレス社会と言われる現代では、隠れブラキシズムがかなり増えていると言われています。せっかく歯をきれいなセラミックに詰め変えても、一晩中噛み続ける力で割ってしまっては意味がありません。歯周病の治療に長く通っても、毎日の歯ぎしりで圧をかけ、出血してしまってはなかなか治りませんよね。歯ぎしりを考えることは、虫歯や歯周病の治療をすることの一部なのです。お口の中の健康の一部でもありますから、ぜひ一度ご自身でチェックしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s

    その他

    まさか!虫歯を放っておいたら副鼻腔炎に!

    花粉症や風邪など、副鼻腔炎になる要因は季節に関係なく一年中あると言える…

  2. 6959466efc37cb0561f7dd47e1840e49_s

    口と全身の関連

    歯科で生活習慣を改善しましょうと言われる理由

    歯を治しに行って「食事を改善していきましょう」と言われると、少し違和感…

  3. 2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s

    インプラント

    歯がないとこんなに違う!歯がないリスクとは

    私たちは生まれた時こそ歯がないものの、物心がついた時にはすでに歯があり…

  4. b230da2156a148b790e7f3c58005696d_s

    その他

    かみ合わない?患者さんと歯科医院それぞれの想い

    「かみ合わない」と聞くと歯のかみ合わせの事かと思ってしまいますが、今回…

  5. 1087b88549cb312f9b04c5a74b9f73ad_s

    その他

    車に乗るならガムをかもう!

    運転をされる方なら、眠気覚ましの方法として何かしら「効く方法」を持って…

  6. cd1c7ccec442b51fb3de581e0c0e5cb0_s

    その他

    泣いたり笑ったり楽器の演奏も!これもお口の仕事です

    お口がどういった働きをしているのか、あなたはご存じでしょうか?食べたり…

  1. 5dd052a7ed7031e03cad7bace68186ae_s

    ホームケア

    唇が痛い!もしかしてカビのせいかも?
  2. c452b3d9d5ad173c93e19717c869ccf0_s

    歯が痛い

    一度なったら絶対に戻らない!虫歯になりたくない理由
  3. 47c619385d5266c5304039c34d2f50bb_s

    口と全身の関連

    痛~いクセモノ!口内炎について
  4. b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

    その他

    注目されている歯の健康
  5. cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_s

    ホームケア

    チェック!そのクセはお口を悪くする?
PAGE TOP