fc7d7d9b67e0d2bc14043a31b59b2bd6_s

ホームケア

えっ赤ちゃんでも?赤ちゃんの歯ぎしりについて

赤ちゃんも歯ぎしりをするってご存知でしょうか?ある程度育っている子供ではなく、まだ赤ちゃんでも歯ぎしりするなんて意外かもしれませんね。しかし赤ちゃんにもそれなりの理由があるのです。不思議な赤ちゃんの歯ぎしりについてご紹介します。

どうして赤ちゃんが歯ぎしりするの?

a80c416b34782c325f72aca4bdb0f29d_s

赤ちゃんを毎日見ていて乳歯が生えてくるのを見つけると、もうこんなに大きくなったんだねと微笑ましくなりますよね。成長を実感するような出来事があるたびにママやパパは自分が親であるという自覚と一緒に大きな大きな嬉しさであふれます。

赤ちゃんの歯ぎしりは、乳歯が生えるか生えないかという時期から始まります。キリキリと歯ぎしりしてしまっては、なんでもない健康な乳歯に影響がないのか心配になってしまいます。ではどうして歯ぎしりするのでしょう?赤ちゃんの歯ぎしりは実はけっして珍しいことではないのです。これも成長過程で起こるもののひとつで、健康を害するような大きな影響はないのです。ひとまず安心ですね。

赤ちゃんの歯ぎしりは起きている時にも行われます。寝ている時だけではないのですね。大人とは少し様子が違います。それもそのはず、赤ちゃんは生えた歯を観察するために歯ぎしりしている可能性が高いのだそうです。始めての感触である乳歯の存在を確かめているのですね。突然硬いものがお口の中に現れたら驚きますよね。この存在確認も人生の最初の学びのひとつなのでしょう。なんだか微笑ましいですね。

赤ちゃんはむずがゆい

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s

実は赤ちゃんは歯がむずがゆいのではないかと言われています。歯が生え始めるとそのむずがゆさに歯ぎしりをしてしまいます。歯がためのおもちゃを噛み始めるのもその延長と言われますので、人類共通の感覚なのでしょう。

乳歯は生後6か月くらいから生え始まります。徐々にゆっくり生えてきて、1歳くらいで上下に8本の歯が生えます。このあいだが長いので、むずがゆさから歯ぎしりするのでしょう。歯ぎしりしながら歯の存在を確認し、色んなあごの動きも試してお口の動きを学びます。噛む練習というわけですね。そうしてむずがゆさが気にならなくなり、歯ぎしりしなくなる子もいます。

噛む練習と書きましたが、噛むための筋力はまだ備わっていません。歯ぎしりやあごの動かしをすることで筋力をつけ始めているとも考えられます。無駄な動きはありません。赤ちゃんの初めての動きは全て脳にインプットされ、あごの筋肉に関して情報をストックされるのです。

ストレス性の歯ぎしりはないの?

1adf850d659ea83277487683d2ac3b7e_s

大人の歯ぎしりの理由はストレスが断然大きいでしょう。お母さんもストレス性の歯ぎしりをしていたりすると「うちの子も何かストレスがあるのかしら?」と心配になってしまいます。しかし赤ちゃんの歯ぎしりではストレス性はありません。歯という不思議な感覚を味わい、知り尽くしたらどうやって動かしてどんなふうに使うのかを考えるために歯ぎしりするのです。

学びのための歯ぎしりなので、必要な歯ぎしりと言えますね。あって当然と考え、過剰に心配しなくても良いでしょう。おもちゃを噛み始めると歯ぎしり自体が減ってくることも多いようです。しっかり噛めるものを与えて歯ぎしりを軽減させてあげましょう。

歯ぎしりが続いたら影響は?

deaaac62eaeb62c9c7982fd589e4446b_s

この歯ぎしりがずっと続いてしまったら、今度こそは悪影響があるのでは?そう考えてしまうこともあるでしょう。しかしこれも心配しすぎなくても大丈夫です。なぜなら、食事をするようになるからです。

たとえば歯ぎしりはあごを前に突き出したりして受け口になるような動きをします。しかし奥歯で噛むという食事の動きが出来るようになれば、自然と解消されていきます。歯ぎしりだけで受け口になるようなことはありません。

むしろ問題なのは歯ぎしりではなく、長く続く指しゃぶりです。3歳過ぎても指しゃぶりが続くようであれば、かみ合わせの不具合や不正歯列、あごの異常などが出てきます。こちらのほうが心配なので、気を付けてみていきましょう。

心配なら早めに歯科医院へ

1d68e46a66847d957eb53968decbcef7_s

歯ぎしりをしているなあと思っていたら、いつの間にか歯茎に出血が!こんな場合でも基本的には心配はいりません。赤ちゃんの歯茎は思っている以上に柔らかいため、簡単に出血してしまうのです。しかし歯ぎしりがずっと続いたり、乳歯が生えそろってから急に歯ぎしりをし始めるのであればストレスも関係してきます。

歯が生えそろうまでは生理現象と捉えて大丈夫ですが、それ以降であれば一度歯科医院に相談してみましょう。赤ちゃんの歯についての歯科相談は生まれる前からでもけっして早すぎることはありません。それは赤ちゃんの歯を守るための親としての勉強だからです。赤ちゃんの歯を今後もずっと健康なままで保っていけるよう、気になる時は早めに歯科医院へ相談してみて下さいね。

関連記事

  1. 48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_s

    ホームケア

    甘いものが好きなら知っておきたいお砂糖のこと

    ケーキやキャンディに限らず、周囲にある美味しい物の中にだいたい含まれて…

  2. 5f346413f690795352acda674cb65d16_s

    その他

    健康カプセル!ゲンキの時間でも話題!歯周病とセンテナリアンの関係

    あなたはセンテナリアンという言葉を知っていますか?これはいわゆる「ご長…

  3. 43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s

    子供〜若年

    離乳期からの虫歯予防

    あなたは子供の虫歯予防をいつから行っていましたか?早くても乳歯が生えそ…

  4. ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

    その他

    どうせ食べるなら歯に良いレシピで!

    コンビニやスーパーなどで売られている食材で、簡単に出来るメニューをご紹…

  5. 46133e429070bdb0cfa770c9462ca2d6_s

    ホームケア

    虫歯治療は元通りになるわけではない。早期予防に切り替えよう

    虫歯について、あなたはどこまで知っていますか?歯の構造や形を知っていた…

  6. a98bbfb5268b1ae2bfe43a86234007f7_s

    ホームケア

    コーヒー好きは注意?コーヒーと口臭の関係

    コーヒーがお好きですか?好きな方も多いこの嗜好品ですが、無意識に水分代…

  1. 58a2191d0415918b366092e6e41b26c0_s

    ホームケア

    本当に正しい?歯ブラシの基本を知ろう
  2. 28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

    ホームケア

    あいうべ体操で口臭も治る!何度もできるお口の簡単体操
  3. 681ee0a18bbd2f34ddd1a97f45aee253_s

    口と全身の関連

    歯科医院で銀歯をおすすめしなくなってきたワケとは?
  4. 4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s

    虫歯

    先生の説明が分かるようになる!歯の構造を知ろう
  5. 81f710fe2590675f2972d48d499383b1_s

    その他

    歯がぼろぼろだけど歯医者さんが怖い!
PAGE TOP