fc7d7d9b67e0d2bc14043a31b59b2bd6_s

ホームケア

えっ赤ちゃんでも?赤ちゃんの歯ぎしりについて

赤ちゃんも歯ぎしりをするってご存知でしょうか?ある程度育っている子供ではなく、まだ赤ちゃんでも歯ぎしりするなんて意外かもしれませんね。しかし赤ちゃんにもそれなりの理由があるのです。不思議な赤ちゃんの歯ぎしりについてご紹介します。

どうして赤ちゃんが歯ぎしりするの?

a80c416b34782c325f72aca4bdb0f29d_s

赤ちゃんを毎日見ていて乳歯が生えてくるのを見つけると、もうこんなに大きくなったんだねと微笑ましくなりますよね。成長を実感するような出来事があるたびにママやパパは自分が親であるという自覚と一緒に大きな大きな嬉しさであふれます。

赤ちゃんの歯ぎしりは、乳歯が生えるか生えないかという時期から始まります。キリキリと歯ぎしりしてしまっては、なんでもない健康な乳歯に影響がないのか心配になってしまいます。ではどうして歯ぎしりするのでしょう?赤ちゃんの歯ぎしりは実はけっして珍しいことではないのです。これも成長過程で起こるもののひとつで、健康を害するような大きな影響はないのです。ひとまず安心ですね。

赤ちゃんの歯ぎしりは起きている時にも行われます。寝ている時だけではないのですね。大人とは少し様子が違います。それもそのはず、赤ちゃんは生えた歯を観察するために歯ぎしりしている可能性が高いのだそうです。始めての感触である乳歯の存在を確かめているのですね。突然硬いものがお口の中に現れたら驚きますよね。この存在確認も人生の最初の学びのひとつなのでしょう。なんだか微笑ましいですね。

赤ちゃんはむずがゆい

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s

実は赤ちゃんは歯がむずがゆいのではないかと言われています。歯が生え始めるとそのむずがゆさに歯ぎしりをしてしまいます。歯がためのおもちゃを噛み始めるのもその延長と言われますので、人類共通の感覚なのでしょう。

乳歯は生後6か月くらいから生え始まります。徐々にゆっくり生えてきて、1歳くらいで上下に8本の歯が生えます。このあいだが長いので、むずがゆさから歯ぎしりするのでしょう。歯ぎしりしながら歯の存在を確認し、色んなあごの動きも試してお口の動きを学びます。噛む練習というわけですね。そうしてむずがゆさが気にならなくなり、歯ぎしりしなくなる子もいます。

噛む練習と書きましたが、噛むための筋力はまだ備わっていません。歯ぎしりやあごの動かしをすることで筋力をつけ始めているとも考えられます。無駄な動きはありません。赤ちゃんの初めての動きは全て脳にインプットされ、あごの筋肉に関して情報をストックされるのです。

ストレス性の歯ぎしりはないの?

1adf850d659ea83277487683d2ac3b7e_s

大人の歯ぎしりの理由はストレスが断然大きいでしょう。お母さんもストレス性の歯ぎしりをしていたりすると「うちの子も何かストレスがあるのかしら?」と心配になってしまいます。しかし赤ちゃんの歯ぎしりではストレス性はありません。歯という不思議な感覚を味わい、知り尽くしたらどうやって動かしてどんなふうに使うのかを考えるために歯ぎしりするのです。

学びのための歯ぎしりなので、必要な歯ぎしりと言えますね。あって当然と考え、過剰に心配しなくても良いでしょう。おもちゃを噛み始めると歯ぎしり自体が減ってくることも多いようです。しっかり噛めるものを与えて歯ぎしりを軽減させてあげましょう。

歯ぎしりが続いたら影響は?

deaaac62eaeb62c9c7982fd589e4446b_s

この歯ぎしりがずっと続いてしまったら、今度こそは悪影響があるのでは?そう考えてしまうこともあるでしょう。しかしこれも心配しすぎなくても大丈夫です。なぜなら、食事をするようになるからです。

たとえば歯ぎしりはあごを前に突き出したりして受け口になるような動きをします。しかし奥歯で噛むという食事の動きが出来るようになれば、自然と解消されていきます。歯ぎしりだけで受け口になるようなことはありません。

むしろ問題なのは歯ぎしりではなく、長く続く指しゃぶりです。3歳過ぎても指しゃぶりが続くようであれば、かみ合わせの不具合や不正歯列、あごの異常などが出てきます。こちらのほうが心配なので、気を付けてみていきましょう。

心配なら早めに歯科医院へ

1d68e46a66847d957eb53968decbcef7_s

歯ぎしりをしているなあと思っていたら、いつの間にか歯茎に出血が!こんな場合でも基本的には心配はいりません。赤ちゃんの歯茎は思っている以上に柔らかいため、簡単に出血してしまうのです。しかし歯ぎしりがずっと続いたり、乳歯が生えそろってから急に歯ぎしりをし始めるのであればストレスも関係してきます。

歯が生えそろうまでは生理現象と捉えて大丈夫ですが、それ以降であれば一度歯科医院に相談してみましょう。赤ちゃんの歯についての歯科相談は生まれる前からでもけっして早すぎることはありません。それは赤ちゃんの歯を守るための親としての勉強だからです。赤ちゃんの歯を今後もずっと健康なままで保っていけるよう、気になる時は早めに歯科医院へ相談してみて下さいね。

関連記事

  1. 0270e3b9e2c4bdf040491b51dd2ab798_s

    ホームケア

    きちんと磨けてる?正しい歯磨きの仕方

    毎日なにげなく行っている歯磨きですが、あなたは正しく磨けている自信があ…

  2. 5dd052a7ed7031e03cad7bace68186ae_s

    ホームケア

    唇が痛い!もしかしてカビのせいかも?

    歯科医院では歯や歯茎の病気の他にも色々な病気の対応をしています。口内炎…

  3. 60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

    ホームケア

    初めての歯磨き!赤ちゃんのガーゼ歯磨きについて

    赤ちゃんに歯が生え始め、離乳食に入るころには同時に「歯みがきはどうした…

  4. b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_s

    ホームケア

    それは遺伝?子供への歯の影響

    虫歯に長い事悩む大人の中には「私が虫歯だからうちの子も虫歯になりやすい…

  5. f55e9fb993b8b72d3f4c084ec8f132a8_s

    ホームケア

    ブレスケアしていますか?たくさんある口臭の原因を知ろう

    あなたは口臭対策していますか?マウスウォッシュや口臭対策用のタブレット…

  6. 5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s

    その他

    虫歯が半分以下になる?水道水フロリデーション

    水道水フロリデーションという言葉を聞いたことがあるでしょうか。普段はあ…

  1. 52285decf2419cb6694eff14b6c08fce_s

    入れ歯

    部分入れ歯の基本!部分入れ歯ってどんなもの?
  2. 890a560b7699c38e6622deba60b334ff_s

    子供〜若年

    歯科先進国スウェーデンの予防歯科の意識
  3. 6959466efc37cb0561f7dd47e1840e49_s

    口と全身の関連

    歯科で生活習慣を改善しましょうと言われる理由
  4. teeth_grinding

    口と全身の関連

    全身に症状が出る?歯ぎしりの問題
  5. 61f6d29013a5b6aee384f6531a9532bf_s

    その他

    歯を磨かない人がいるって本当?
PAGE TOP