--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-PAK_OO0I9A4376

口と全身の関連

お口の中の怖い病気!歯肉ガン

虫歯や歯周病はどんなに重症化してしまっても命を脅かすほどの病気ではないと言われています。歯周病菌が血管内に入り込んで起こす病気は別として、人間の場合直接的な致命傷にはならないと言われています。しかしお口のトラブル全てが命に問題のない病気ではありません。恐ろしいお口の病気の中に歯肉ガンがあります。歯肉ガンについてご紹介します。

この痛み、なんかおかしい?

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-OOK75_butaretakotonainoni20141221144036

歯茎で盛り上がっているところがある。押すと痛くて、血も出る。変な色で、一番奥の歯の歯肉がブヨブヨしている。これって歯周病じゃないの?こんな風に自覚症状を訴える人がいます。これが歯肉ガンの自覚症状です。こんな風に歯周病とは違った痛みや違和感をおぼえて歯科を訪れます。

歯肉ガンは口腔ガンのひとつです。お口の中にもガンができるのです。しかも誰にでも出来る可能性があります。歯肉ガンができやすいのは、40歳以上の男性と言われています。そして奥歯にできやすいのが特徴です。初期の段階で歯の痛みや歯肉の腫れがあるため、自覚しやすい炎症があります。

しかし仕事を優先してしまいついつい歯科での診療を後回しにしてしまうのもこの年代の男性です。このまま放っておくとガンは進行していってしまいます。最初はこぶのようになっていた部分がだんだんしこりになり、口内炎のような潰瘍になっていきます。それに伴って痛みもひどくなります。

歯茎の骨は上の場合は上顎骨、下の骨は下顎骨と呼ばれますが、これらにどんどん広がると歯を支えられなくなり、歯がぐらぐらするようになってきます。このまま歯が抜け落ちたりもします。されに進行すると頬粘膜や口蓋(喉の手前上部の硬い骨の部分)まで広がってしまいます。

ガンというと転移するという話を聞きますが、この歯肉ガンも転移をします。上顎リンパ節や下顎リンパ節、前頸動脈リンパ節などにも転移をしはじめます。こうして口腔内から全身の組織へ広がっていくのです。恐ろしい病気ですね。

決定的な違いは?

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-N189_boudesasu

歯肉ガンの症状は初期の場合、重度の歯周病と間違ってしまう場合があります。どの部分に出来ているかにもよりますが、歯がグラグラしたり出血したりするのは、進行した歯周病でもなるからです。しかし歯周病の治療を何度行っても症状が良くならない場合があります。悪臭も放ち始めます。これで歯肉ガンが疑われます。

決定的な違いは、歯肉にしびれがあるかどうかです。しびれは腫瘍の周りの感覚神経の異常によって症状が出ます。これは悪性腫瘍の重要なサインと言われています。すぐに専門の病院でみてもらいましょう。最終的な決定は組織採取という悪性腫瘍の検査をおこなってからなされます。しっかり検査するのが大切です。

どうして歯肉ガンになるの?

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-PAK15_bartabakohiwotukeru

歯肉ガンの原因は、タバコやアルコールの多量摂取が原因と言われています。これは誰もが予想する原因ですね。どんな病気でもタバコやアルコールは原因となる場合が多いようです。他にもウイルス感染が挙げられます。ヒトパピローマウイルスというウイルスです。基本的なことですが、虫歯を放っておいたり歯石がついたままであったりするような口腔内の不衛生も原因のひとつです。金属のかぶせ物や合わない入れ歯などの良くない刺激も原因の一つと考えられています。

ウイルス感染は自覚できない問題ですが、禁煙したりアルコール摂取を控えたりすることは誰にでもできます。まずはできる事から予防を始めましょう。最近の研究では、食事による予防も推奨されています。

バランスのとれた食事と休眠、運動は健康な生活に必要不可欠です。その中でも食事は大切で、食事によって発がん要因と言われる活性酸素を抑える事が出来ます。ビタミンA群、B群、C群やイソフラボン、ポリフェノール、プロポリスなどを摂取することで活性酸素を除去することが出来ます。良質な食事と共にサプリメントでも補えるようにしておくと良いでしょう。

まとめ

口腔ガンの一つである歯肉ガンについてご紹介しました。歯肉の異常はどんな病気であるか肉眼で確認しただけでは難しいのが現状です。早めに歯科医院へ行き、進行して広がる前に治療を始めましょう。何より定期的に歯科医院へ通っていれば防ぐことが出来ます。2か月に1回は歯科医院に行って口腔全体のケアをしましょう。未来の安心のための予防ですよ。

関連記事

  1. f45ea7c2e9e1b52d35f543066784280a_s

    その他

    歯は治療から予防へ!ミニマルインターベンション

    ミニマルインターベンションという言葉を知っていますか?この言葉は新しい…

  2. c94eca710a178d99446d34222e592639_s

    歯茎

    過剰歯ってなに?子供にもあるの?

    過剰歯(かじょうし)という言葉をご存じでしょうか?お子さんや自分になけ…

  3. 8aa649f41de6b2a24d20516b669c81dc_s

    口と全身の関連

    今話題の口内フローラを知って全身健康になろう

    口内フローラという言葉。聞いたことはあるけど実際良く分からない、自分に…

  4. cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_s

    ホームケア

    チェック!そのクセはお口を悪くする?

    思わずやってしまうクセ。無意識のことなのでいつどのくらいやってしまうの…

  5. b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

    その他

    注目されている歯の健康

    あなたは2003年に施行された日本国民の健康を作っていく政策を何という…

  6. 8a64918db81f6fe32ed7f1055d083d36_s

    ホームケア

    歯に有効な食べ物とは?

    食べ物を食べたら歯磨き。食べ物が残っていたら虫歯になる。これが一般的に…

  1. 0f2db58809b2cf40c6e28733fd96bec0_s

    口と全身の関連

    スポーツデンティストというスペシャリスト
  2. 2df82e77a6738faba3024c02c1bdf919_s

    根管治療

    歯の神経を抜かない方が良いのはなぜ?
  3. cf1c2187678c0ef8e99840c5ef18626f_s

    その他

    歯科技工士ってどんな仕事?
  4. 07c47fd8d6cc0a893a5082c477c785e8_s

    口臭

    飲み物が増える夏に気を付けたい飲み物
  5. 919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s

    その他

    歯のアレコレ!動物の歯ってどんな形?
PAGE TOP