9f42ff485cdf330c0e1b0001f277aff6_s

歯が痛い

お口の病気のキホンのキ!虫歯と歯周病

お口の病気について、知っているようで知らないことが意外とあるものです。テレビコマーシャルでは毎日盛んにグッズを宣伝し、歯科に関する用語を並べて謳っています。しかし全部正しく理解しているでしょうか。そんな良く聞くけどイマイチ分からない、虫歯や歯周病についてご紹介していきます。

虫歯って虫が関係あるの?

200cf7d2c26b972cb0d7dbcfac46e1f4_s

虫歯とよく言いますよね。小さい子供には治療の時に「虫バイキンをやっつけよう」と言ったりします。しかしの虫歯の原因は、細菌の感染によるものです。進行すると虫食い穴のように歯に穴が開いてきてしまうため、このように呼ばれているのでしょう。

この原因になる細菌が糖分を使って酸を作ります。その酸によって歯の表面を溶かし、歯にダメージを与えて虫歯になります。この糖分がどこから来るのかというと、食べ物です。砂糖に限らず、食べ物の多くには糖分が含まれ、酸を作り出す材料になるのです。材料を提供していてはいつ虫歯になってしまってもおかしくありません。

しかしキシリトールは糖類でありながら酸を作りません。それどころか再石灰化を促す作用まであります。甘味も美味しいことから、ガムなどに使われます。こんな作用で虫歯予防アイテムに含まれているのです。

では糖類が含まれていればすぐ虫歯になるのでしょうか?答えはノーです。なぜなら唾液の自浄作用により酸性から中性に中和して戻してくれるからです。唾液には実は予防する役割があるのですね。口から細菌が侵入しないよう、流してくれたりもします。さらに唾液にはカルシウムが含まれます。カルシウムがたくさん含まれ唾液自体の量も多いのであれば「良い唾液」と呼ばれたりします。虫歯予防のために一役買うからですね。

虫歯は細菌感染といいましたが、当然細菌がいなければ虫歯にはなりません。ですがまったく1匹もいないことは不可能なのです。しかし細菌の動きを抑制することは出来ます。まずは数を増やさないよう、しっかり歯磨きをする事。そして酸を作る時間を短くするため、だらだら食べないこと。

唾液の中和作用が強ければ虫歯になりにくいお口と言えます。「ぜんぜん歯磨きしないけど虫歯にならない」という人がいますが、こういった目に見えない点の違いにあるのです。そして、虫歯には虫は関係ないのです。

歯槽膿漏って何がダメなの?

70d0930dee5707802c06db66030b8a9d_s

テレビコマーシャルで良く聞くのがこのワードではないでしょうか?歯槽膿漏って良く分からない。歯茎から血が出ることでしょう?といまだに分からない方も多い病気ですね。それでは歯槽膿漏とは何なのでしょう。

歯槽膿漏(しそうのうろう)とは、歯周病のことです。最近では聞かなくなりましたが、一時期は耳にしすぎていて病気の自覚がない人も多くいました。しかしれっきとした病気のひとつです。もちろん治療も必要ですし、治療しなければ治らないものです。

それでは歯周病とは何なのでしょうか。歯周病は、歯を支える骨が溶けてしまう病気です。細菌が起こします。虫歯と違い、歯に痛みはありません。顎の骨が静かに溶け、やがて簡単に歯が抜けてしまいます。歯を失った患者さんの多くが歯周病によるものです。虫歯で痛い時は嫌でも治療に行って治すのですが、歯周病は痛みがなく進行するので、治療に行かずに過ぎてしまいがちなのです。

歯周病の原因は、虫歯と同じ様に細菌の感染によるものです。虫歯の細菌とは違った細菌なので、「虫歯にならない=口の中は良い状態である」とは言えません。虫歯になりにくいお口の人は安心してしまい口腔ケアをしなくなるので、歯周病菌が増えて進行してしまうことも良くあります。

日本は歯周病大国です。そう言われるだけ自覚がなく、誤った知識が多く氾濫しています。特に35歳以上の成人の実に8割が歯周病と言われています。小さい頃に虫歯が最大の敵であるように教育されていると、大人になってからも虫歯ばかりを気にして他の病気には気付かないからかもしれませんね。

共通点は細菌感染

f18b24907375f75a31e06d17433d6d4b_s

この二つの共通点は、細菌感染で広がるものということです。感染なので、インフルエンザのように人から人へうつります。赤ちゃんは無菌状態で生まれますが、お母さんやお父さんからの食事でお口の菌までうつってしまいます。

また、歯ブラシを隣どおしで置いているだけでもうつってしまいます。細菌が飛んでいくからです。家族の歯ブラシ置き場は殺菌機で殺菌してからしまうか、一人一人別の場所へ離して置くのがベストでしょう。

そしてもう一つの共通点は、後天性だということです。良く「おとうさんが虫歯になりやすいからこの子もなりやすいんだ」という親がいますが、これは誤りです。体質ではなく細菌感染なのです。体質説が100%ないわけではありません。上記の様に唾液の質は体質に関わる部分です。しかしいくらでも改善できるのです。食べるものや食事の時間、普段の生活、喫煙などの生活のほんの少しのことで改善していきます。

親が虫歯になりやすい体質だと思っている場合、本来は体質ではなく生活なので、正しくは「親が虫歯になりやすい生活だからこの子も虫歯になりやすい」といえます。だらだらおやつを与えたり、歯磨きを丁寧にさせなかったり、デンタルIQの低い親であれば子供も虫歯になりやすいでしょう。

逆にいえば、ここまで原因が分かっている病気は予防が楽なのです。予防を正しく行えば、ほとんど100%に近い確率で虫歯や歯周病を防げます。脳や内臓のように目に見えないものではありませんので、しっかり予防していきましょう。

まとめ

e388f51fc996ed17d5797b5ae02ca4b9_s

良く聞く虫歯と歯周病を簡単にご紹介しました。内科の細菌感染の病気とは違い、虫歯や歯周病は体調が良くても回復しません。予防しようと行動しなければ出来ないのです。しかし市販品でも予防対策はしっかりできますし、正しい歯磨きだけでも歯肉は改善するものです。健康が一番の財産ですから、しっかり予防し治療していいましょう。

関連記事

  1. 61129011834ba5481e94e3743ab17695_s

    歯が痛い

    もう虫歯を削らなくてもいい?!ドックベストセンメントを使った治療

    歯を削ってもらうのが好きなヒトはいませんよね。虫歯とはいえ自分の歯をガ…

  2. ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s

    口と全身の関連

    まさか虫歯が顔に広がる?上顎洞炎について

    上顎洞という身体の部分を知っていますか?あまり聞いたことのない言葉です…

  3. 08c2d95bb0cc9838144562b77128cf54_s

    口と全身の関連

    ココロも歯も解決します!心療歯科という分野

    「心療歯科」という科をご存じでしょうか?歯科診療ではありませんよ。言葉…

  4. f8b7d19d249b0afdf22bc5a1e479da0f_s

    口と全身の関連

    多くの患者が渡り歩く、歯科心身症とは?

    ストレス社会と言われる日本の社会で一生を送る私たちにとって、ストレスと…

  5. d4696eded0ed05ae33198a9f439dc05e_s

    インプラント

    歯医者さんが苦手でも大丈夫!笑気麻酔で心地良い治療を

    笑気(しょうき)という言葉を聞いたことはありますか?歯科医院全てではあ…

  6. accdb8c8d9a084e4915170779db163ad_s

    歯が痛い

    歯が痛い!という時はどういう時?どこが痛いの?

    「歯が痛い」と言う時に痛くて眠れない、集中できないといったひどい症状が…

  1. 0f2db58809b2cf40c6e28733fd96bec0_s

    口と全身の関連

    スポーツデンティストというスペシャリスト
  2. cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_s

    ホームケア

    チェック!そのクセはお口を悪くする?
  3. 823898f3b00857641b3538242ab884d3_s

    ホームケア

    仕上げみがきが初めてのパパ・ママへ
  4. 46133e429070bdb0cfa770c9462ca2d6_s

    ホームケア

    虫歯治療は元通りになるわけではない。早期予防に切り替えよう
  5. c45d3872a9a34e20cd5636f4b14b62b4_s

    口と全身の関連

    金属アレルギーに!保険適用の白い歯CAD/CAM冠とは
PAGE TOP