34d24076ead87f9565dfa6d066675da2_s

根管治療

これってどうしたらいい?歯科治療中に迷うこと

歯の治療を受けていて、「これってどうしたらいいのかな?」「これで良かったのかな?」と疑問に思うことはありませんか?何気なく行ってきた行為でも他の人の治療を見たことがないと正しいのかどうか分からないですよね。そんな治療中に気になることをいくつか挙げていきましょう。

行く前に歯磨きしていいの?

c6c12c41483c3f496749ed5a63a92a03_s

歯医者さんの予約時間が迫ると、ちょっとそわそわしますよね。とりあえずキレイにして行こう、そう思って歯磨きをする患者さんが多いのですが、さてこの行為は正しいのでしょうか?たとえば皮膚科では、「いつもの症状をそのまま観察したいので自分では触らないようにして来院してください」と言われます。水虫の検査ひとつとっても洗わないで来るように言われるのです。

しかし歯科医院は歯みがきして来院しても大丈夫です。この行動は正解ですね。歯科医院では、お口の中の汚れは全て細菌であると認識していますので、細菌が治療部分に影響しないように、お口が汚い状態であれば最初に洗浄を行うのです。しかし洗浄を行っていると患者さんに割り当てられた貴重な時間を使ってしまうため、やはりここは割愛したいところ。

歯みがきしてきてもらうと楽なのになあと思っている歯科医院はとても多くあるのです。歯科衛生士のお姉さんに歯みがきしてもらいたくてわざとしてこない患者さんもいますが、それはそれで迷惑をかけているのかもしれません。

何度も口をゆすいでいいの?

2a88882a863358deb0f00fc6ff02b194_s

体質的におえっとなりやすい患者さんは頻繁に口をゆすぐことがあります。しかし何度も口をゆすいで良いのでしょうか?これはある種の治療中でない限り可能です。ある種というのは、固まるまでじっとしていなければいけないようなセメントを使用していたり、細菌や唾液が入ってはいけない治療をしている場合を指します。

例えば根っこの治療中は、根っこの内部に唾液が入ると細菌が一緒に入り込むので良くありません。フタをした時に細菌も入ってしまい、中でじわじわと悪化してしまいます。お口の中に綿を入れたりガーゼを入れたりするのは唾液を避けるためなので、理解してあげると治療もスムーズに進みます。

セメントは接着剤のようなものですが、固まるまでじっとしていなければなりません。こちらも唾液に触れると固まらなくなるので唾液を排除しているのです。シューっと風を出すのは乾燥状態を作っているからなのです。しかし基本的には口をゆすぐのは悪いことではありません。時間を取る分なかなか治療が進みませんが、歯科医師にとっては器具を準備する時間にもなっています。

治療中にたまる唾液が気になる

2364a172cdb0da7746b35442b4f099f4_s

唾液がたまることは普段はありませんよね。上を向いて口を開けることは普段ないので、唾液が溜まってくるとついつい気になってしまいます。しかしこの唾液は定期的に歯科医師や助手についたスタッフがバキュームで吸ってくれるので苦しすぎることはないと思います。もしどうしても唾液が気になる場合は、その旨をしっかり伝えましょう。手を挙げたりしても良いでしょう。

突然咳こんで頭を動かすと、治療中の器具が刺さって危険な場合があります。しゃべるのも本当は危ない行為なのです。「唾液が溜まるとおえっとなりやすいので頻繁に吸ってほしい」と事前に伝えてみましょう。排唾菅を付けられているなら自分で動かしても大丈夫です。ちなみに唾液を飲み込む患者さんもいますが、治療中に出た金属のカスや細菌が多く含まれていますので、ごくんと飲み込むのは賛成できません。できれば我慢して吐き出しましょう。

治療が終わった後ってやっていい事・悪い事があるの?

de9f81cc654f8795056ae99f44f39530_s

治療が終わってホッとして病院を出た後、普段通りの生活に戻って大丈夫なのでしょうか?それとも治療中は何かやってはいけないことがあるのでしょうか?これはどんな治療をしているかによって大きく変わってきます。まず薬が出たかどうかです。もし薬の処方があれば、必ず飲んで下さい。飲み忘れのないようにしましょう。

そしてお酒です。飲酒してはいけないのは、外科処置のあとが主なものです。歯を抜いたり傷口を縫ったりするような処置のあとは、血行が良くなるとまた血が出てきてしまいます。お酒は1日だけやめて次の日調子を見て飲むようにしましょう。同じように血行の良くなるような運動や入浴も控えましょう。

根っこの治療中では、治療している歯に簡易的なフタをする場合があります。このフタは取れやすいのでガムを噛んだりお餅を食べるのは控えましょう。そして治療後30分は安定のために水以外の飲食物は念のため避けておきます。こうしておけば安心です。麻酔をしたのなら完全に麻酔が取れるまでお口の中は触らず、歯で頬の肉を噛まないようにしておきましょう。

まとめ

治療中には気付かないことも、治療が終わるとホッとして「あれ、どうしたらいいのかな?」と思う事は良くあります。小さな疑問を解消できれば良いですね。このような小さい疑問はまだあるかと思いますので、たびたび書いていきます。お楽しみに。

関連記事

  1. fb28a4f3d99b95de811c3c10f5277c11_s

    ホームケア

    キシリトールについて知りたい

    CMなどでお馴染みのキシリトール。虫歯予防に良いっていうのは知っている…

  2. 5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_s

    子供〜若年

    受験生が気を付けるべきお口のトラブル

    初夏の爽やかな季節、受験なんて終わったばかりでしょ?というのは甘い考え…

  3. 44d48535122825cd26f78c9b0de921ff_s

    口と全身の関連

    食べられるガム!まさかのイカの効果

    ここ数年で食育という言葉がずいぶん普及してきましたね。教育の一環として…

  4. 857a9d4ad98f4785b7c120b3b0e8220a_s

    歯が痛い

    歯がしみる!もしかして知覚過敏?

    歯がしみる知覚過敏と呼ばれる症状に悩む方も少なくありません。20代の若…

  5. c98d0da9c796a6851e79e2da003ca40e_s

    口と全身の関連

    産まれる前にしっかり予習!妊娠中から始めるお口のケア

    現在妊娠中の方、まだ子供はいないけどいずれ産みたいと考えている方、男性…

  6. 0c594ea099666d419dc1eace6aa14953_s

    ホームケア

    その歯磨きちょっと違う?歯磨きのありがちな間違い

    しっかり歯磨きしているから大丈夫!だいたいの方がこう自信を持って毎日の…

  1. 100c8992b54b13d8f1634bbcbf9ce317_s

    歯ぎしり

    知っておくべき歯科用語【歯ならび顎関節編】
  2. fb9e338a1301985575559d22c64b2a83_s

    デンタルエステ

    どうして白くなるの?ホワイトニングの原理とは
  3. 078c1f05284a057394976db731de5428_s

    口と全身の関連

    怖い!タバコが歯に与える影響
  4. 8aa649f41de6b2a24d20516b669c81dc_s

    口と全身の関連

    今話題の口内フローラを知って全身健康になろう
  5. 67fb4d05cca26b5b314c266954458cb7_s

    歯が痛い

    歯が痛い!試してみたい痛みを止める方法あれこれ
PAGE TOP