406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

その他

インフルエンザにかからない人って?

世の中にはインフルエンザにかかりやすい人とかかりにくい人がいるというのをご存じでしょうか?最近では毎年のようにインフルエンザ注意報が出ていますね。お年寄りや小さい子供にとっては命も奪いかねないので恐ろしいことですね。あなたは予防のためにどんなことに気を付けていますか?インフルエンザにかかりにくい人がやっている予防法は普段のお口のケアにあるのです。インフルエンザとお口のケアについてご紹介します。

ケアってどういうこと?

976b565af079f034bc5da5dcba89ad00_s

インフルエンザ予防のためにお口のケアをすればいいの?そう思ったあなたは、正解とも言えますしそうでないとも言えます。実はインフルエンザに限らず、お口の中のケアをしている人は感染症にかかりにくいのです。特に口や鼻から入り込むインフルエンザには効果抜群です。

ではどんなケアを行っているのでしょうか?「正解とも言えない」と言ったのは、お口のケアという効果抜群の予防法が、実は毎日行っているお口のケアだからです。予防注射のように一度だけ特別な何かを行えば良いわけではなく、普段どおりのお口のケアが最大の予防法なのですね。

どんなケアをしているの?

8beaead27c4b2964f5015b0f826bf43f_s

何か特殊な歯ブラシなのか?それとも歯磨き剤が高い特別なものなのか?いいえそんなことはありません。歯磨き剤も歯ブラシも、使っている物は本人に合ったものです。歯磨きを含むお口のケアは、どこがポイントなのか知っていますか?

お口のケアとはつまり歯周病や虫歯などの口腔疾患を予防するケアのことを言います。このような口腔疾患は細菌感染によるものです。つまり細菌を常に無くせば良い、なくす作業がお口のケアということになります。

しかしお口の細菌はゼロになることはありません。これは殺菌を徹底して行ってゼロになれば終わりというものではなく、「増えないようにする」のがポイントです。細菌は絶対にいるものと考え、細菌が仲間を増やして悪さを始めないように抑えておくのが大切です。

効果的なケアの仕方

3f8a7f05d6290ffd251920717aca10b0_s

そもそもインフルエンザは、鼻や口から身体に入り込んで侵入してきます。喉の奥にある気道の粘膜に付着してしまうのです。喉や鼻の調子も悪くなりますよね。ですが入り込んだだけでは体の免疫が勝るのでインフルエンザにはかかりません。しかしそのまま飲み込んでしまうような不健康な生活のままでは大量に入り込んでしまう可能性があります。

お口の中の細菌が多ければ、その細菌ごと体内に入り込むので、スムーズに入ってしまうのです。これは災難ですよね。しかし決まったタイミングでケアしていれば、たとえお口の中に細菌やウイルスがいたとしても、ケアするたびに追い出すことが出来ます。

この決まったタイミングというのが、歯磨きやうがいなどの毎日のお口の中のケアなのです。歯磨きすればお口は清潔だと思っている人が多いのですが、これは違います。歯磨きしても、歯は口腔内の25%程度しか占めていません。歯以外の部分のほうがとても大きいのです。しかし粘膜を磨くわけにはいきませんので、ここは洗口剤を使うのがベストですね。

液体歯磨きと書いてあるものは、うがいしたあと歯磨きをするのが決まりです。歯磨きではなく口腔内全体の消毒であればデンタルリンスや洗口液と書かれたものが良いでしょう。中にはどちらか分からないものもありますが、市販よりは歯科医院で販売されている洗口液を使ったほうがより効果的です。もちろん市販品が悪いということはなく、歯科医院であれば歯科衛生士や歯科医師に適したものを選んでもらえるので、効果的であるといえるからです。

毎日同じようにお口のケアをするのなら、こういった効果のあるグッズを使う事でいつもの何倍も効果的に行うことが出来ます。毎日やっていることでついでに感染症も防げるのなら、こんなに簡単なことはありません。今日からでもできますよ。やってみませんか?

まとめ

インフルエンザにかかったことのある人であれば、あのつらく苦しい状態には二度となりたくありませんよね。自分もつらいし周りにも迷惑をかけてしまうやっかいなインフルエンザです。そうであれば、つらくも苦しくもなくいつもと同じようにケアするだけで歯周病も虫歯もインフルエンザも予防できる口腔ケアを始めましょう。洗口剤は歯科医院に行った時にぜひ相談して最適なものを選んでもらってください。普段のちょっとした行動からインフルエンザを予防していきましょう。

関連記事

  1. 2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s

    インプラント

    歯がないとこんなに違う!歯がないリスクとは

    私たちは生まれた時こそ歯がないものの、物心がついた時にはすでに歯があり…

  2. 6959466efc37cb0561f7dd47e1840e49_s

    口と全身の関連

    歯科で生活習慣を改善しましょうと言われる理由

    歯を治しに行って「食事を改善していきましょう」と言われると、少し違和感…

  3. edc91736beee8fcedeb9643f26711e2c_s

    インプラント

    インプラントを選ぶメリット・デメリットとは?

    歯が抜けてしまったところの治療、どうしますか?部分入れ歯?いやいやイン…

  4. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-PAK_OO0I9A4376

    口と全身の関連

    お口の中の怖い病気!歯肉ガン

    虫歯や歯周病はどんなに重症化してしまっても命を脅かすほどの病気ではない…

  5. b230da2156a148b790e7f3c58005696d_s

    その他

    かみ合わない?患者さんと歯科医院それぞれの想い

    「かみ合わない」と聞くと歯のかみ合わせの事かと思ってしまいますが、今回…

  6. 26201b753505e6f39fa4a397bb1873d9_s

    インプラント

    笑気麻酔を希望するならこれだけは予習しましょう

    笑気麻酔をしてみたい、初めてするのは不安という方、こちらのページで一度…

  1. 8aa649f41de6b2a24d20516b669c81dc_s

    口と全身の関連

    今話題の口内フローラを知って全身健康になろう
  2. b7e883aecd6b5cadecccf6b1509b0b0b_s

    歯が痛い

    気になる知覚過敏の治療法
  3. fc7d7d9b67e0d2bc14043a31b59b2bd6_s

    ホームケア

    えっ赤ちゃんでも?赤ちゃんの歯ぎしりについて
  4. f45ea7c2e9e1b52d35f543066784280a_s

    その他

    歯は治療から予防へ!ミニマルインターベンション
  5. 6c79b726d49b6049ae901b5e81e10947_s

    その他

    知っていますか?警察歯科医のこと
PAGE TOP