406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

その他

インフルエンザにかからない人って?

世の中にはインフルエンザにかかりやすい人とかかりにくい人がいるというのをご存じでしょうか?最近では毎年のようにインフルエンザ注意報が出ていますね。お年寄りや小さい子供にとっては命も奪いかねないので恐ろしいことですね。あなたは予防のためにどんなことに気を付けていますか?インフルエンザにかかりにくい人がやっている予防法は普段のお口のケアにあるのです。インフルエンザとお口のケアについてご紹介します。

ケアってどういうこと?

976b565af079f034bc5da5dcba89ad00_s

インフルエンザ予防のためにお口のケアをすればいいの?そう思ったあなたは、正解とも言えますしそうでないとも言えます。実はインフルエンザに限らず、お口の中のケアをしている人は感染症にかかりにくいのです。特に口や鼻から入り込むインフルエンザには効果抜群です。

ではどんなケアを行っているのでしょうか?「正解とも言えない」と言ったのは、お口のケアという効果抜群の予防法が、実は毎日行っているお口のケアだからです。予防注射のように一度だけ特別な何かを行えば良いわけではなく、普段どおりのお口のケアが最大の予防法なのですね。

どんなケアをしているの?

8beaead27c4b2964f5015b0f826bf43f_s

何か特殊な歯ブラシなのか?それとも歯磨き剤が高い特別なものなのか?いいえそんなことはありません。歯磨き剤も歯ブラシも、使っている物は本人に合ったものです。歯磨きを含むお口のケアは、どこがポイントなのか知っていますか?

お口のケアとはつまり歯周病や虫歯などの口腔疾患を予防するケアのことを言います。このような口腔疾患は細菌感染によるものです。つまり細菌を常に無くせば良い、なくす作業がお口のケアということになります。

しかしお口の細菌はゼロになることはありません。これは殺菌を徹底して行ってゼロになれば終わりというものではなく、「増えないようにする」のがポイントです。細菌は絶対にいるものと考え、細菌が仲間を増やして悪さを始めないように抑えておくのが大切です。

効果的なケアの仕方

3f8a7f05d6290ffd251920717aca10b0_s

そもそもインフルエンザは、鼻や口から身体に入り込んで侵入してきます。喉の奥にある気道の粘膜に付着してしまうのです。喉や鼻の調子も悪くなりますよね。ですが入り込んだだけでは体の免疫が勝るのでインフルエンザにはかかりません。しかしそのまま飲み込んでしまうような不健康な生活のままでは大量に入り込んでしまう可能性があります。

お口の中の細菌が多ければ、その細菌ごと体内に入り込むので、スムーズに入ってしまうのです。これは災難ですよね。しかし決まったタイミングでケアしていれば、たとえお口の中に細菌やウイルスがいたとしても、ケアするたびに追い出すことが出来ます。

この決まったタイミングというのが、歯磨きやうがいなどの毎日のお口の中のケアなのです。歯磨きすればお口は清潔だと思っている人が多いのですが、これは違います。歯磨きしても、歯は口腔内の25%程度しか占めていません。歯以外の部分のほうがとても大きいのです。しかし粘膜を磨くわけにはいきませんので、ここは洗口剤を使うのがベストですね。

液体歯磨きと書いてあるものは、うがいしたあと歯磨きをするのが決まりです。歯磨きではなく口腔内全体の消毒であればデンタルリンスや洗口液と書かれたものが良いでしょう。中にはどちらか分からないものもありますが、市販よりは歯科医院で販売されている洗口液を使ったほうがより効果的です。もちろん市販品が悪いということはなく、歯科医院であれば歯科衛生士や歯科医師に適したものを選んでもらえるので、効果的であるといえるからです。

毎日同じようにお口のケアをするのなら、こういった効果のあるグッズを使う事でいつもの何倍も効果的に行うことが出来ます。毎日やっていることでついでに感染症も防げるのなら、こんなに簡単なことはありません。今日からでもできますよ。やってみませんか?

まとめ

インフルエンザにかかったことのある人であれば、あのつらく苦しい状態には二度となりたくありませんよね。自分もつらいし周りにも迷惑をかけてしまうやっかいなインフルエンザです。そうであれば、つらくも苦しくもなくいつもと同じようにケアするだけで歯周病も虫歯もインフルエンザも予防できる口腔ケアを始めましょう。洗口剤は歯科医院に行った時にぜひ相談して最適なものを選んでもらってください。普段のちょっとした行動からインフルエンザを予防していきましょう。

関連記事

  1. 52285decf2419cb6694eff14b6c08fce_s

    インプラント

    来年から開始?一般患者への歯の再生治療

    歯の再生と聞いて大喜びするのは、すでに歯を失って二度と蘇らないことを肌…

  2. fda30582defd48619bec24ff97c63239_s

    口臭

    春や秋には注意?花粉症と虫歯の関係

    暖かくなってくると次に待ち構えるのが花粉症です。毎年つらい思いをしてい…

  3. c98d0da9c796a6851e79e2da003ca40e_s

    口と全身の関連

    産まれる前にしっかり予習!妊娠中から始めるお口のケア

    現在妊娠中の方、まだ子供はいないけどいずれ産みたいと考えている方、男性…

  4. 52285decf2419cb6694eff14b6c08fce_s

    入れ歯

    部分入れ歯の基本!部分入れ歯ってどんなもの?

    やむを得ない事情で歯を失ってしまうことになったら、避けては通れないのが…

  5. 4918520f48909b8bee97bc5a09dcd16f_s

    その他

    歯に安心の食品ならココ!トゥースフレンドリー協会

    虫歯にならない食品があるなんて、虫歯に悩む患者さんにとっては大きな助け…

  6. 6d1c55fe83323dfc751e84fed3e1c96f_s

    入れ歯

    早食いはやっぱり良くないの?

    子供の頃に「しっかり噛んで食べなさい」とか「良く噛むと身体にもいい」と…

  1. --www.pakutaso.com-shared-img-thumb-PAK_OO0I9A4376

    口と全身の関連

    お口の中の怖い病気!歯肉ガン
  2. 0f2db58809b2cf40c6e28733fd96bec0_s

    口と全身の関連

    スポーツデンティストというスペシャリスト
  3. 64347a162f06c77471464b0de226c7b4_s

    根管治療

    ラバーダムを使ってより効果的な治療を!
  4. 406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

    根管治療

    痛くて食べられない?!根尖性歯周炎
  5. 351c7cb3c707bd663b96996ae6898421_s

    その他

    ほんまでっか!TVでも話題になった舌で分かる全身の病気
PAGE TOP