edc91736beee8fcedeb9643f26711e2c_s

インプラント

インプラントを選ぶメリット・デメリットとは?

歯が抜けてしまったところの治療、どうしますか?部分入れ歯?いやいやインプラントがいい!という方は、なぜそう思ったのでしょう?インプラント治療を迷っている方へ、メリットとデメリットをご紹介していきます。

歯が抜けた時の治療の選択肢とは

歯が抜けてしまったら、そこに空間が出来てしまいます。そのままにしては周囲の歯へ悪影響が出てしまうので、たいていの歯科医院は歯がなくなってしまった部分へ欠損補綴治療を行います。その欠損補綴治療には、大きく3種類あります。

bridge004
1つ目は、ブリッジを入れる方法。欠損部分の前後に歯が残っていれば、橋渡しのような形にしてダミーの歯を入れてかぶせることが出来ます。

inlay-crown_compare007
2つ目は、部分入れ歯を入れる方法。取り外しが出来るので、部位が清潔に保てます。前後に歯があるか、周囲にバネのかけられる歯があれば入れることが出来ます。

そして3つ目がインプラントです。この3つの中から条件に合うものを選びます。どれでも可能という場合は、迷ってしまいますね。価格を取るか、時間を取るか、将来長く使えるものを取るか、手間の少なさを取るか・・・。そんな時に知りたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

インプラントのメリット

368af1238335081b98c1a416297da8af_s

  1. 治療箇所が広がらない
    インプラントを埋入するところは、歯が抜けたその部位だけです。隣の歯があってもインプラントのために削ったりする必要はありません。ところが、ブリッジは橋渡し状にするために前後の歯を削って一緒にかぶせなければいけません。健康で異常のない歯を削ってしまうのは、その歯にとってリスキーです。もちろん3本分のかぶせものを両脇の2本で支えるわけですから、加重負担で両脇の歯の寿命も縮めてしまう可能性も出てきます。
  2. 天然歯と変わらない美しさ
    今までの自分の歯と見た目が変わりません。隣の歯とかぶせ物同士でくっついていたりしませんので、1本で独立しています。本来の歯であれば着色などついて汚れてしまいますが、白いかぶせ物を選べば自然な色合いで美しいままです。
  3. 噛む力が強く、しっかり噛める

    これは他の2つと比べものにならないくらい、しっかりと噛めます。インプラントは、縦方向の力に強いという特徴があります。スルメやたくあんが噛め、元の歯と変わらない心地よさがあります。

  4. 違和感が少ない

    これは3と似たものですが、噛める、他の歯とくっついていない、取れないと3拍子揃っているので、天然歯のような使い心地が味わえます。違和感なく美味しく噛むという機能に優れているので、これが最大の魅力と言えます。

ではデメリットは?

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s

もちろんデメリットもあります。どちらも考慮して選択しなければいけません。それではデメリットを見ていきましょう。

診察風景

  1. インプラント埋入の外科手術をしなくてはいけない
    これは当たり前のことです。しかし誰もが手術を進んで受けたいとは思いません。全身麻酔ではないので怖いという気持ちもあります。口を開けてなければいけないので疲労もあるでしょう。予定を組んで時間も準備します。忙しい方は計画的に行う必要がありますね。
  2. 手術の条件がある

    659d0659cbf39e6b13fcce9feabb805d_s
    これは気持ちのうえでというわけではなく、体調やお口の状態によって手術が受けられない人がいるということです。

    まず、骨がしっかり残っていなければインプラントを埋めることはできません。骨は歯がなくなった後ひとりでに溶けて少なくなっていきます。時間が経ち過ぎていると少なすぎる場合も出てきます。もちろん増骨という骨を増やす手術を行ってから埋入もできます。骨量の条件は必須なのです。

    それから、血圧や血糖値のコントロールが必要です。特に高血圧症の方は、麻酔中に血圧が上がり過ぎて中断する恐れがあります。計画を組んでしっかり下げてから手術を行わなくてはいけません。

  3. 完成までの期間が長い

    cc8d00f4f0f6da93d2b2bb0e91f5bdfd_s
    インプラント埋入から一番上のかぶせ物を入れるまで、最低でも半年位、長くて1年以上かかることもあります。これは骨の状態で左右することが多いのですが、この期間は自己治癒能力の問題であるためどうにも出来ません。ただただ待つだけです。ここで待てるなら選択するのも有りでしょう。

  4. 歯周病が禁忌になる

    まず、歯周病の罹患は禁忌です。歯周病であればただちに治療し、回復してからの埋入となります。日本ではそこまで厳しくありませんが、米国などでは歯周病患者への手術を禁止している医院もあります。そのくらい歯周病の細菌が危険視されているのです。デメリットという程でもありませんが、体の準備が必要になります。

  5. メンテナンスは必須

    インプラントのお手入れが出来ないと、インプラント歯周炎という炎症を招いてしまいます。せっかく増えた骨もまた減ってしまうことになりますので、定期的に歯科医院に通い、衛生士から専門のメンテナンスを受ける必要があります。

    もちろん自分でもお手入れしなくてはいけません。お手入れができすに虫歯になり歯が抜けてしまった人には心を入れ替えてもらう必要があります。なお、定期的なメンテナンスは自費診療となります。

  6. 高価な治療である

    インプラントの印象は、なんといってもこれではないでしょうか?全てが自費診療となりますので、1本あたり15万円~50万円ほどかかることもあります。初期の検査費から完了するまで全て含まれるので開きがありますが、費用はどうにもならないところです。高ければいい、安ければ悪いということもありません。

何がベストか話し合うこと

インプラント治療は骨にインプラント体を埋入しますので、多少なりとも体への負担があります。ですので、やり直せばいいという安易なものではありません。過剰に怖がる必要もありませんが、不明な点がないようしっかり歯科医院と話し合いましょう。

欠損補綴治療を選ぶときは

  • 今の自分の体や性格に合っているのはどの方法か?
  • 今の自分の口腔および欠損部に合っているのはどの方法か?

この2つが大事なポイントです。お手入れがきちんとできる人でも、骨がなければインプラントは埋入出来ません。たくさんお金があっても、お手入れができなければ難しいでしょう。両端に歯があるなら、他の方法が選択できます。良く考え歯科医院からの提案も聞きながら選びましょう。

まとめ

インプラント治療は、もはや特別ではなくなってきました。しかし体への負担はゼロにはなりません。現在の体に最も適した方法で治療していくためにも、その選択肢の一つとしてインプラントを知りましょう。この1本の歯があなたの快適な食生活を作っていくのですから。

 

関連記事

  1. 2df82e77a6738faba3024c02c1bdf919_s

    根管治療

    歯の神経を抜かない方が良いのはなぜ?

    歯科医院では治療の方向はしばしば「歯の神経を残す方向で考える」という言…

  2. 406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

    根管治療

    痛くて食べられない?!根尖性歯周炎

    虫歯のように歯が黒いわけではないけれど、噛むと痛い!痛くて噛めない!歯…

  3. 48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_s

    ホームケア

    甘いものが好きなら知っておきたいお砂糖のこと

    ケーキやキャンディに限らず、周囲にある美味しい物の中にだいたい含まれて…

  4. 368af1238335081b98c1a416297da8af_s

    歯周病

    歯周病の検査方法とは?

    テレビCMなどで毎日のように叫ばれている歯周病。こんなに盛んなのはワケ…

  5. 652670

    インプラント

    単純に気になるインプラントの素朴な疑問

    インプラント治療というと別世界のように思っている患者さんも多くいます。…

  6. 8a56796d8c404cd4c77bdc03ffa2a48f_s

    ホームケア

    飲み物と歯の関係

    あなたは食べ物や飲み物が歯とどのような関係があるのかご存じでしょうか?…

  1. 6176f824da792afd7b95c52a55c14798_s

    口と全身の関連

    卵かけご飯を美味しく食べるための歯の話
  2. 1d68e46a66847d957eb53968decbcef7_s

    その他

    歯科衛生士に向いている人ってどんな人?
  3. 078c1f05284a057394976db731de5428_s

    口と全身の関連

    怖い!タバコが歯に与える影響
  4. 90a8c31b2059157a30c12d889aca5592_s

    その他

    歯ブラシっていつからあるの?
  5. 0f58e5565f88afd313f3328afd946d1e_s

    口と全身の関連

    ノンストップ!でも話題!歯周病の話
PAGE TOP