f55e9fb993b8b72d3f4c084ec8f132a8_s

ホームケア

ブレスケアしていますか?たくさんある口臭の原因を知ろう

あなたは口臭対策していますか?マウスウォッシュや口臭対策用のタブレットミントなど様々なブレスケアグッズが売っていますね。しかしどんなにたくさんグッズを使っても、原因がそのままであれば意味がありません。そこで口臭の原因をしっかり把握し、根本から解決していきましょう。口臭とその原因についてご紹介します。

口臭の原因ってそもそもなあに?

ほとんどが食べかすやプラークなどの汚れ

口臭の原因とはいったい何でしょうか。これは多くの人が想像できるとおり、お口の中の汚れによるものがほとんどです。汚れとは食べ物のカスや、たまったプラーク、そしてため込んでしまっている歯石などです。これらの腐敗臭が口臭の大きな原因となっています。

食べ物のカスなどが食後それを栄養にする細菌のエサとなり、細菌がどんどん増えてしまいます。プラークは細菌が固まったものなので、口臭=細菌が多いといっても過言ではありません。歯みがきでは食べかすを取り除くというほかに、細菌を抑制するという目的も含めて意識して磨くようにしましょう。

細菌が増える原因にはただ食べかすが多いというだけではありません。銀歯が多い場合も細菌が増えやすい環境となります。金属はお口の中でその電位差により電流が生じます。するとその電気がプラークを引き寄せてしまうのです。静電気で細かいほこりがびっしりついてしまうように、汚れやすくなってしまいます。しかし意識して磨かなければ細菌が増殖してしまいます。特に細菌の付きやすいところも知っておいた方が良いですね。

食べ物による口臭

37de61916f67ac1e7d7d5b8806535763_s

ニンニクや肉、お酒やコーヒー、強い油ものなど、口臭の原因となる食べ物は多数あります。これらを毎日のように食べていると、口臭の原因として大きな要因となってしまいます。たとえばニンニクは、アリシンという成分が胃や腸に入ると血液を渡って肺に入り込みます。すると呼吸のたびに息と一緒にお口から出てくるため、口臭の要因となってしまうのです。

これはその食べ物のカスがお口に残っているから臭うのではありません。食べ物を胃腸が消化して身体の外に排出すれば臭いもおさまっていきます。常食していると臭いがマヒしてしまって気付かないこともあるようです。口臭だけでなく便臭にも臭いが出てきます。気を付けてみると良いでしょう。

口臭には薬の影響も

2648707505b64e0cc054cbe4b2c92471_s

上記の中に原因がないようであれば、現在服用している薬が関係しているのかもしれません。特に花粉症薬のように喉が渇きやすくなる薬には注意が必要です。これは薬の副作用で唾液が減少している状態なのです。唾液が減っているという事は、唾液の自浄作用で細菌が流されず、お口の中に溜まってしまっている状態です。すると細菌が悪さをして虫歯や歯周病などを引き起こします。口臭の点から見ても、虫歯や歯周病などの口腔疾患の点から見ても良い状態ではありません。

このような場合は薬をすぐやめるということは出来ない場合がほとんどです。薬を体に合ったものに変更してもらうか、自分で積極的に水分を摂取するしかありません。なるべく少量ずつ頻繁に水を含み、お口の中に回すように含んで飲み込みます。胃酸の働きで細菌はやっつけられてしまいます。これを続けると、細菌が溜まりずらくなるので、風邪やインフルエンザ対策も行えます。

舌苔による口臭

236940b638bbb9da137e2a4538bfd9da_s

舌苔(ぜったい)をご存じでしょうか?これは書いて時のごとく、舌に苔のようにつく白いものです。べーっと舌を出した時に真ん中あたりに白くついているものですが、付き過ぎてしまうと口臭の原因となってしまいます。もし白い舌苔の上に茶色くついてしまっている場合は、さらにたくさんの舌苔があると言えるでしょう。

舌苔は標準量以上が付いてしまうと口臭の原因となるため、舌苔対策を行うのが良いでしょう。舌のケア用のタブレット剤や舌をきれいにするクリーナーブラシなども売られています。舌苔が付く理由は様々で、消化器系の病気やドライマウスなどが挙げられます。根本の改善が難しい場合もありますので、舌のケアをしてみると良いでしょう。

口呼吸によるもの

26b23e7cdb406e42aa1593ca11b93030_s

唾液の減少によるドライマウスになっている場合、口呼吸も原因の一つに挙げられます。口呼吸とは口輪筋が弱っていたり鼻づまりなどによって口を閉じることが難しく、鼻ではなく口で呼吸をしている状態です。口が常に開いていることで唾液が減少し、細菌が常に出入りしてしまう状態になります。唾液も洗い流してくれない為、お口の中だけでなく体の中にも侵入してしまう可能性があります。

口呼吸はクセになっている子供も多く、常に意識をして口輪筋のトレーニングを行うのが良いでしょう。良く口を動かして、なるべく大きく噛んだりしゃべるなど、お口周りを運動させましょう。

ドライマウスの自覚があれば、お口の中にするスプレーなどを使ってみるのも良い手です。ドライマウス専用のものもあります。細菌を抑え、お口の中を潤った状態にすることができます。

自分だけが気にしている口臭

31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_s

実は口臭検査でも陰性なのに「口臭がある」と信じて疑わない人もいます。自臭症(じしゅうしょう)と呼ばれる症状で、自分の口臭を異常に気にしてしまう人のことを言います。これは本当に口臭があるわけではありません。しかし多くの人が口臭で悩んでいると回答するのです。現代病のひとつかもしれませんね。

口臭があまりにストレスに感じるのであれば、一度歯科医院で口臭検査を行いましょう。臭いというものは目に見えませんが、検査では数値として表されますので、目に見えて分かりやすいのです。「人と話す時に口に手を当ててしゃべらないと不安である」「人と話すのが苦痛に感じる」という場合は一度検査してみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?口臭の原因を判断し、それに合った適格な対策を行うことで口臭の問題が解決していきます。しかし食べ物の趣味嗜好が急に変えられるわけでもありません。歯みがきをしたくても出来ない状況もあります。ストレスを少なくし、なるべく自分に出来る方法で対策をしていきましょう。口臭の悩みは誰もが持つもので、自分だけではないということを覚えていてください。

関連記事

  1. 0ddc921826d743dd86b70134895aa9ce_s

    口内炎

    あまり知られていない舌の病気

    歯はしっかり磨いていて黒いところはない。歯茎の色もキレイでしみるところ…

  2. 58a2191d0415918b366092e6e41b26c0_s

    ホームケア

    本当に正しい?歯ブラシの基本を知ろう

    歯ブラシを選ぶとき、どんな基準で選びますか?歯医者さんで売っていたから…

  3. 90a8c31b2059157a30c12d889aca5592_s

    その他

    歯ブラシっていつからあるの?

    ドラッグストアに行けば棚にいくつもの種類が販売されている歯ブラシ。日常…

  4. d58e7d794780ee0defde2633d751307f_s

    ホームケア

    歯みがきという毎日自分でできる治療

    歯みがきを好きな人も嫌いな人もいるでしょう。歯みがきはただのルーティン…

  5. 79bac6ca501a21e52ac3f918644d23a0_s

    その他

    テレビでもお墨付き!チーズとお口の良い関係

    あなたはチーズが好きですか?好きな種類はありますか?普段の食事にどのく…

  6. 5f346413f690795352acda674cb65d16_s

    その他

    健康カプセル!ゲンキの時間でも話題!歯周病とセンテナリアンの関係

    あなたはセンテナリアンという言葉を知っていますか?これはいわゆる「ご長…

  1. c45d3872a9a34e20cd5636f4b14b62b4_s

    口と全身の関連

    金属アレルギーに!保険適用の白い歯CAD/CAM冠とは
  2. f8f712d83a314614232e689d85c8ead9_s

    入れ歯

    知っておきたい総入れ歯のこと
  3. 1087b88549cb312f9b04c5a74b9f73ad_s

    その他

    車に乗るならガムをかもう!
  4. 919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s

    その他

    歯のアレコレ!動物の歯ってどんな形?
  5. fb28a4f3d99b95de811c3c10f5277c11_s

    ホームケア

    キシリトールについて知りたい
PAGE TOP