652670

インプラント

単純に気になるインプラントの素朴な疑問

インプラント治療というと別世界のように思っている患者さんも多くいます。「自分はまだ大丈夫でしょ」「そんな高級なもの関係ない」なんて自分とは一生関りがないと思っていませんか?インプラント治療はここ数年で大変身近になってきた自費診療のひとつです。でもインプラントって良く分かりませんよね。そこでインプラントに関する素朴な疑問を集めてみました。

インプラント治療が必要な時ってどんな時?

736332

インプラント治療とは、3種類ある欠損治療の中のひとつです。歯周病などが原因で歯を失ってしまいそこに人工の歯を補てんする治療を欠損補綴(けっそんほてつ)治療と言います。欠損補綴治療には①入れ歯を作る義歯治療、②大きなかぶせ物をするブリッジの作成、③インプラント治療の3つがあります。①は入れ歯のことです。②は前後の歯を一緒にかぶせて橋渡しのようにしてかぶせるかぶせ物の治療です。インプラントはそのどちらとも方法が違う、骨に人工の歯を埋め込む外科治療の事を言います。インプラント治療が必要なのは、歯を失った時です。さらに条件的に①も②も出来ない場合に有効となります。

インプラント治療って誰でも出来るの?

d12573d99504df6be4bf7ae15c477629_s

インプラント治療には可能となる条件があります。まずはインプラントを埋め込めるだけの骨があることです。骨粗しょう症がダメというわけではなく、老齢がダメということもありません。骨の厚みや密度があり、歯周病などで骨が溶けてしまっていなければ大丈夫でしょう。歯科用のCT撮影を行って検査にクリアすれば可能となります。

インプラントって埋めれば一生もつの?

178d8a537ef2724d46e5474cbab28890_s

インプラントに限らず、歯科材料は一生持つものはありません。半永久的という謳い文句を聞いたとしても、それは材料が丈夫だからというわけではないのです。インプラントは年に0.6mmほど落ちてくるというデータもあります。インプラントは一般的に臨床で使われるようになってからまだまだ日が浅く、研究も完全ではありません。メーカーからは日々新しいインプラント素材が出ていますが、素材に頼るのではなく、あくまで患者さんがどれだけ歯肉や骨を減らさずに健康な生活をしていけるかにかかっています。毎日数回のインプラントケアを行い、定期的に歯科医院のインプラント専門の手入れに通い、骨を強くする食生活を行えるかがカギとなります。

どうしてインプラントは骨とくっつくの?

738259

インプラントは人工歯根と呼ばれるように、人工物なのです。この人工物がどうして骨に埋め込まれくっついていくのでしょうか?まず骨が自己再生することはご存知でしょうか?これは生き物であれば当たり前に行われている治癒力です。骨折してもくっつくのは治癒力があるからですね。この力を利用してくっつけているのですが、どんな金属でもくっつくわけではありません。チタンだからこそ骨と結合するのです。ちなみに骨とインプラントが結合することを「オッセオインテグレーション」と言います。結合しやすいようにインプラント体の表面にハイドロキシアパタイトをコーティングしているインプラントメーカーもあります。

インプラント治療をする前に準備しておくことはあるの?

67430262e919822876a2c520591870eb_s

あります。これは例えば「お金を用意しておく」などということではなく、インプラント治療の前に行っておくべき別の治療という意味です。まず、インプラント手術は外科手術です。血圧が高い人は最低でも上を150以下にしておかないといけません。150はボーダーラインではなく、中止のラインなので、本来は120程度が望ましいでしょう。手術中は麻酔の影響で必ず血圧が上がります。全身に影響のないよう血圧コントロールを内科で行いましょう。

インプラント治療に禁忌とされるのは歯周病です。歯周病で歯を失った人がインプラント手術を受けるのは多々あることですが、これは本来かなり気を付けなくてはいけません。なぜなら手術中に歯周病菌が患部に侵入する可能性があるからです。世界的には歯周病患者はインプラント治療を受ける事が出来ない場合が多く、日本の基準がちょっと甘いだけなのです。歯周病はきっちり治して治療の完了が確認されてからインプラント治療を行うべきでしょう。

インプラント治療を受けられない時ってどんな時?

45c3b96d41892e0c78c4ab83e2efd41e_s

インプラント治療を受けたくても受けられない患者さんもいます。チタンアレルギーや妊娠している患者さんはインプラント治療を受けることは出来ません。脳疾患や血液疾患も内科に相談が必要です。タバコを吸っている患者さんは予後が悪くインプラントがくっつかないのでこちらもダメです。そして上記のように高血圧や歯周病もNGです。インプラントを埋めるための骨が少ない患者さんも難しいでしょう。もし骨量だけの問題なら増骨手術をしてからインプラントを埋め込むという事も出来ます。インプラント治療を受けられるかどうかは患者さんひとりひとりを診てからの診断となりますが、意外と多いかもしれませんね。

まとめ

インプラント治療の疑問をご紹介しました。このような質問は歯科医院では患者さんに頻繁に聞かれており、また必ず説明することでもあります。初めての患者さんがほとんどなので、何か疑問があれば気軽に歯科医院に聞いてみましょう。

関連記事

  1. 26201b753505e6f39fa4a397bb1873d9_s

    インプラント

    笑気麻酔を希望するならこれだけは予習しましょう

    笑気麻酔をしてみたい、初めてするのは不安という方、こちらのページで一度…

  2. 62ed294d1bf0fe1b7dd8bae2fe9e514a_s

    その他

    歯を使って視力回復?世界のスゴイ移植技術

    視力の回復に歯医者さんが協力いていたなんて・・・どうしてなのかあなたは…

  3. 76274d5c9b3e52eedee37999d423ebd1_s

    インプラント

    インプラント手術を行う良い歯科医院の選び方

    インプラント治療を行う歯科医院は、もうあまり珍しい事ではなくなってきて…

  4. cf1c2187678c0ef8e99840c5ef18626f_s

    その他

    歯科技工士ってどんな仕事?

    歯科技工士という職業を知っていますか?歯科医師などと間違われやすい職業…

  5. 64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_s

    インプラント

    インプラントが良い?いいえ正解は歯を守る事

    歯科医療において、治療の種類がかなり増え、患者さんが自由に選べる世の中…

  6. acd6add68abd4bb9e31029076f12ed6f_s

    インプラント

    骨が足りないと言われたら!骨造成の方法とは

    歯科と骨って関係ないでしょ?と思っているあなた、実はとても関係が深いの…

  1. 0270e3b9e2c4bdf040491b51dd2ab798_s

    ホームケア

    きちんと磨けてる?正しい歯磨きの仕方
  2. 90a8c31b2059157a30c12d889aca5592_s

    その他

    歯ブラシっていつからあるの?
  3. fc7d7d9b67e0d2bc14043a31b59b2bd6_s

    ホームケア

    えっ赤ちゃんでも?赤ちゃんの歯ぎしりについて
  4. fb28a4f3d99b95de811c3c10f5277c11_s

    ホームケア

    キシリトールについて知りたい
  5. 2413e853a1aa4c4762be250f6853bd42_s

    デンタルエステ

    笑うと歯茎が見えてしまうガミースマイルとは
PAGE TOP