5dd052a7ed7031e03cad7bace68186ae_s

ホームケア

唇が痛い!もしかしてカビのせいかも?

歯科医院では歯や歯茎の病気の他にも色々な病気の対応をしています。口内炎などのできものや、舌に関する病気もそうです。しかし唇に関する病気で「歯科医院で診てもらおう」と思う人は少ないかもしれません。歯や歯周のついで程度でしょう。しかし唇の症状の中には細菌が関係し重症になることもあるのです。そんな唇の病気についてご紹介します。

口角が痛い!もしかして細菌?

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s

唇にリップクリームを塗っている人は大変多いようです。ドラッグストアではリップクリーム商品だけで20種類もあるところもあります。女性は口紅の下地に使いますが、もちろん男性も乾燥対策に使っています。

特に乾燥する秋~冬では唇が荒れやすいですね。しかしその荒れ、本当にただの乾燥ですか?特に口角が荒れている場合、細菌のせいかもしれません。口角炎(こうかくえん)といわれる症状ですが、リップクリームをたくさん塗って徐々になくなっていくのを待つだけの人が多くいます。自然に治る場合もありますが、多くはカビの一種であるカンジダという菌によるものなのです。

カンジダは口腔内に住んでいる細菌のひとつで、人間の抵抗力が弱まった時に悪さをし始めます。風邪気味だったり、寝不足だったり、残業続きで疲れているとなりやすいのです。普段私たちの体の免疫力によって、このカンジダは粘膜の上に住んでいます。しかし菌が増えてきたり、人間の抵抗力が弱まると体内に侵入するのです。その結果より体内で細菌が増えカンジダ症になります。

カンジダ症はいくつか症状が分かれます。舌がぴりぴり痛んだり、白い粘膜を張るような症状もみられます。そしてカンジタ性口角炎もそのひとつです。

どうして口角炎になるの?

1c846e7a900e6ea9c0ad21dfc29ec8cc_s

カンジタ性口角炎になる原因は、疲労やストレスなどによる免疫力の低下が原因です。具体的には、ストレスにより唾液が減少することで細菌の繁殖を助長してしまいます。普段唾液は、粘膜を張ることで細菌の侵入を防ぎ、洗い流すことで細菌をやっつけています。しかしこの強い味方が減ってしまうのです。減ってしまうことで口の中に住んでいるカンジダが増え、口角炎を引き起こします。

ストレスは万病のもとと言いますが、お口の中のあらゆる病気を引き起こしてしまいます。カンジダだけでなく、唾液が減ることで他にもたくさんのトラブルを引き起こします。

  • ストレスがたまる→唾液が減る
    だけではありません。
  • ストレスがたまる→タバコを吸う量が増える→唾液が減る→酸素が減る→細菌が暴れだす・治りにくくなる

喫煙者でなければ

  • ストレスがたまる→コーヒーの量が増える→唾液が減る原因となる→細菌が暴れだす・治りにくくなる
  • ストレスがたまる→味の濃いものが食べたくなる→塩分が増え水分が足りなくなる→唾液が減る

このように、ストレスが引き起こす様々なトラブルの一つが口角炎と言えそうです。

他の治療で飲んでいる薬の影響

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s

他にも投薬のある治療をしている時は、病気によっては抗生物質を出されている場合があります。この抗生物質が普段正常時に住んでいる細菌たちをアンバランスにしている可能性があります。

どういうことかというと、普段私たちのお口の中には常在菌といって絶妙なバランスを保ちながら細菌たちが住んでいます。しかし抗生物質を飲み始めると、抗生物質に弱い菌が一時的にいなくなり、いなくなったことで抗生物質が効かないカンジダが増えてくるのです。バランスが崩れ増えてしまったカンジダが一気に悪さを始めます。このようにして口角炎になってしまうのです。

どうやって治すの?

c08d80404177097cb35b54da4a631bfb_s

口角炎といっても相手はカンジダという真菌です。普通の口角炎の薬は効き目がありません。普通の口角炎の薬はステロイドという薬ですが、真菌に対してはミコナゾールという抗真菌薬が使われます。他にもアンホテンシンBも抗真菌薬です。シロップ薬がそれです。

薬を使ったからといってそれだけで良いわけではなく、ビタミン不足による口角炎と考えられれば同時にビタミン剤も処方されます。唾液の量を元に戻すために患者さん自身でも気を付けなくてはいけません。コーヒーを少し減らし水やお茶にする、タバコを止める、キシリトールガムを噛むなどといった、仕事中でもできることから始めていきます。唾液のバリアはいつでも私たちを守ってくれる頼もしいガードマンです。これは病気に関わらず常に強化しておいた方が良いでしょう。

まとめ

唇の荒れや口角炎は子供のころから身近なので、歯科で申し出るような感覚はないかもしれません。しかしなかなか治らなかったり痛みがひどいようであれば相談してみましょう。投薬が必要になるくらい難しい菌ですので、市販の薬で効かない場合は疑ってみて下さい。歯科医院以外にも内科や口腔外科も相談できます。

関連記事

  1. 0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s

    ホワイトニング

    知ってる?ワンタフトブラシで時間短縮効果倍増!

    普段の歯磨きでは何を使ってブラッシングしていますか?毛が3列になった普…

  2. f55e9fb993b8b72d3f4c084ec8f132a8_s

    ホームケア

    ブレスケアしていますか?たくさんある口臭の原因を知ろう

    あなたは口臭対策していますか?マウスウォッシュや口臭対策用のタブレット…

  3. 28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

    ホームケア

    あいうべ体操で口臭も治る!何度もできるお口の簡単体操

    あなたは「あいうべ体操」というのを聞いたことがありますか?メディアにも…

  4. 2e839136d5bd5d0c290ded065a9dd796_s

    その他

    21世紀の歯科医療!オーラルヘルスプログラム

    現代人のなりやすい病気を現代病などと言ったりしますが、時代に合うように…

  5. 90a8c31b2059157a30c12d889aca5592_s

    その他

    歯ブラシっていつからあるの?

    ドラッグストアに行けば棚にいくつもの種類が販売されている歯ブラシ。日常…

  6. 0270e3b9e2c4bdf040491b51dd2ab798_s

    ホームケア

    きちんと磨けてる?正しい歯磨きの仕方

    毎日なにげなく行っている歯磨きですが、あなたは正しく磨けている自信があ…

  1. 5dd052a7ed7031e03cad7bace68186ae_s

    ホームケア

    唇が痛い!もしかしてカビのせいかも?
  2. 53e79f5ba594598a7060d5c77e6ffd5d_s

    その他

    甘いけど虫歯にならない?強い味方!代用甘味料
  3. ea805965754c2f2b55a15526683a500b_s

    その他

    その古い銀歯、アマルガム?もしアマルガムなら要注意!
  4. 2df82e77a6738faba3024c02c1bdf919_s

    その他

    歯がたくさん抜ける?歯にまつわる夢の話
  5. 0f58e5565f88afd313f3328afd946d1e_s

    口と全身の関連

    ノンストップ!でも話題!歯周病の話
PAGE TOP