f8b7d19d249b0afdf22bc5a1e479da0f_s

口と全身の関連

多くの患者が渡り歩く、歯科心身症とは?

ストレス社会と言われる日本の社会で一生を送る私たちにとって、ストレスと身体の関係は切っても切れない関係です。ストレスは自分で感じるものと思いがちですが、知らず知らず身体を蝕んでいる可能性もあります。そんな歯科における心と治療の関係についてご紹介します。

心と治療

6671a98f9141519edcc40fb4a2341f1c_s

たとえば痛みがある時、痛いところが原因と思って治療に行くことがほとんどでしょう。痛みを今のうちに解消してほしい、放っておくとまずくなりそうだ、そんな風に思って来院する患者さんが多くいます。

痛いというのは、その部分が傷ついて脳に異常を知らせるため「痛い」という信号を送っているため起こります。しかし、痛みの原因が痛い部分でない場合もあります。痛みの中には、神経そのものが傷ついている場合や、脳の異常によって「痛い」という信号を送ってしまう場合もあります。

特に脳の異常によって送ってしまう場合は、ストレスによるものが多くあります。これは、病気は精神の影響を受けやすい性質があるからです。具合がものすごく悪いのに、少しも落ち込まないことは難しいでしょう。歯が痛いと、美味しく食べられません。どこか違和感を感じながら、いつもより少し暗い気持ちで食事をしたりします。

逆に白くてキレイな歯になった人は、素敵な笑顔で気持ちよく笑うようになります。このように、口の中だけでも気分を大きく左右するのは明確です。私たちの身体は、心と一体となっているのが分かります。

心身症とは?

02389bfc4a1d4adbe6350e3baf811506_s

心と体は一体であり、心に不調をきたす原因は何か?という生活全般を含めて診断を行う総合的な医学を心身医学と言います。その心身医学の中で、特定の原因がないにも関わらず、心理的な問題や社会的な問題が不調の原因に密接に関わっているとされる状態を心身症といいます。

歯科の場合、歯科医院を転々と渡り歩いてしまう方が多いようです。これは歯や口腔内などの歯科的な問題がないのにも関わらず痛みや違和感があり、解消されないためさらにストレスを感じ、治してくれる歯科医院を探し続けているためです。歯科においては、歯科心身症と呼ばれます。

お口の中は非常に繊細です。髪の毛一本でも入っただけでものすごく違和感を感じます。見ていないのに髪の毛だと気づくことすらあります。歯科の対象はお口の中だけでなく、唇や舌、口腔粘膜、顎も含まれますが、そのどれもが繊細な器官です。繊細であるがゆえに、しばしな感覚を間違えてしまうことがあります。過敏になりすぎてしまい、感覚と現実がずれてしまうのです。

ずれてしまっていると、患者さんの訴えたところに違和感の原因が無い、無いのに症状を訴えるということがおきます。訴えた部位の治療では解消されないのです。この原因不明で治療が長くなってしまう状態が歯科心身症の患者さんの特徴のようです。原因が必ずしも一つではないため、人によって様々なケースがあります。

治る病気なの?

4d7b1397339f30158486fa0f0109e38e_s

歯科心身症は、ある日突然かかるようなものではないということが上記のとおり分かりました。原因を追究するあまり心身症状態と気づかない患者さんも多くいます。しかしこのままでは精神的にも参ってしまいます。口腔内より精神面のほうが、改善には長期的になるようです。

歯科医院の中でも「心療歯科」という分野があることを知っていますか?まだ少ない科のようなので、探してみなければ目につかないかもしれません。治療方針に心身医学という言葉があれば、近い内容でしょう。特に心療内科や精神科などが併設された総合病院に設置されているようです。

心療歯科では、しっかり聞き取りを行うところから治療は始まります。どんな症状なのか、どう感じるのか、いつから気になるのか等詳しく話してください。ここでは、今まで原因不明だとされていた内容を訴えて良いのです。この問診をしっかり行う事で、歯科なのか歯科以外なのかと判断します。「こんなこと言ったらまた先生に笑われるかもしれない」「信じてもらえないかもしれない」そう感じるのは当たり前なのです。問題なければ安心しますので、悩むより話してみましょう。

検査などを重ねて、訴える部位に身体的異常がないことが分かれば、心理的な問題と判断します。そして心理検査や心理療法を行っていきます。心理的な問題も歯科と同時に治していけるのです。両方を治すことで、初めて「治った」感覚になるかもしれません。

歯科治療恐怖症

1c846e7a900e6ea9c0ad21dfc29ec8cc_s

歯科心身症の患者さんには、たくさんの症状があります。ストレスにより舌痛症を訴える方、同じストレスでも歯ぎしりをして歯が過敏になってしまっているなど様々です。

その中でも、歯科治療恐怖症の患者さんも珍しくありません。過去の歯科での嫌な経験から体が反応し、治療の恐怖を我慢出来ないのです。年齢は関係なく、歯科治療が必要と分かっていながら歯科医院に行く気になれず放置してしまいます。

このような歯科治療恐怖症であっても、心療歯科で治療を行うことが出来ます。これはトラウマと呼ばれる心的外傷になってしまった患者さんには勇気をだしてもらう必要がありますが、歯科に徐々に慣れていく方法をとり、時間をかけて克服していく方法です。

痛いのが怖い場合は治療の始めに笑気麻酔を行ったりして、リラックスできるよう歯科医院が努めます。大きな病院では全身麻酔で行うところもあるようです。特に麻酔が怖い!痛いのが怖い!等原因が具体的に分かりそうであれば、伝えてみましょう。

まとめ

いかがでしたか。これらの治療では、ただの歯科嫌いという子供じみたレッテルを張られ嫌な思いをしていた患者さんも、実は心理的な問題で起こっていたのだと分析することが出来ます。脳の異常というと聞こえは悪いのですが、心理的な問題は脳に関わる問題です。脳と歯科の問題は研究が進められている今注目の分野です。長く治療にかかっても一生を左右する問題ですから、快適な将来のためにぜひ治療に踏み出してみて下さい。

関連記事

  1. b7e883aecd6b5cadecccf6b1509b0b0b_s

    歯が痛い

    気になる知覚過敏の治療法

    知覚過敏の原因とは?知覚過敏とは、正しくは象牙質知覚過敏症…

  2. c45d3872a9a34e20cd5636f4b14b62b4_s

    口と全身の関連

    金属アレルギーに!保険適用の白い歯CAD/CAM冠とは

    歯科医院に通っている人なら「保健で白い歯が入れられます」というポスター…

  3. 81f710fe2590675f2972d48d499383b1_s

    その他

    歯がぼろぼろだけど歯医者さんが怖い!

    歯科医院に行くのが当たり前のようになっている世の中ですが、中には怖くて…

  4. 6f3996024cdc2bcc2e6a48bb45cddb77_s

    ホームケア

    受け口って矯正したほうがいいの?

    下の顎のほうが上の顎よりも前に出てしまっている状態を受け口と言ったりし…

  5. 64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_s

    インプラント

    インプラントが良い?いいえ正解は歯を守る事

    歯科医療において、治療の種類がかなり増え、患者さんが自由に選べる世の中…

  6. b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_s

    ホームケア

    今日から始める予防歯科!

    予防歯科という言葉が登場してしばらく経ちますが、日本ではまだまだ浸透し…

  1. f55e9fb993b8b72d3f4c084ec8f132a8_s

    ホームケア

    ブレスケアしていますか?たくさんある口臭の原因を知ろう
  2. 8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

    歯ぎしり

    歯が浮いてる?あの不思議な感覚は何?
  3. b230da2156a148b790e7f3c58005696d_s

    その他

    かみ合わない?患者さんと歯科医院それぞれの想い
  4. d12ef79fd129b8c066cdf4d755221df1_s

    口と全身の関連

    知ってる?学校歯科医のお仕事
  5. fb28a4f3d99b95de811c3c10f5277c11_s

    ホームケア

    キシリトールについて知りたい
PAGE TOP