1d68e46a66847d957eb53968decbcef7_s

その他

定期的に受けたいデンタルドック

デンタルドックをご存じでしょうか?その名のとおり、人間ドックの口腔版です。虫歯や歯周病の自覚は、初期ではあまりないものです。しかし痛みが出てからでは遅いですよね。そこで健康状態の確認のためにも定期的に受けたいのがデンタルドックなのです。デンタルドックについてご紹介します。

デンタルドックで定期チェック

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

毎日歯を磨いているから虫歯や歯周病にならないはず!誰もがこう思ってケアするのですが、残念ながらそれでも虫歯や歯周病になってしまったことはありませんか?気付く時は痛みが出たり腫れたりするような、症状が進んでしまった時です。悪化してしまうと治療期間も費用もかかってしまいますね。

しかも歯周病は全身の病気との関連が深い病気です。糖尿病や高血圧など、血液疾患との関連が特に深いのです。全身の健康状態に気を付けるのなら、口腔内も同じはず。人間ドックと同じ様にデンタルドックも定期的に行い、身体の一部として健康状態をしっかり把握しておきましょう。

デンタルドックではどんなことをやるの?

3c265f0957160ff02918d81ddaca0dcf_s

デンタルドックではそんな内容の検査を行うのでしょか。細かい項目ややり方は歯科医院によって異なります。それに伴って金額も違ってきます。ここでは主な検査をご紹介します。

一般的な検査

0067000002

まず歯の状態を目視で確認します。歯だけでなく歯肉の状態、かみ合わせ、顎関節の影響、粘膜の異常がないか等多岐にわたります。口腔内全体の状態を複合的に判断するためです。かぶせ物がずれていたり、歯肉に腫れがあれば、見ただけですぐ分かります。詰め物の劣化などにも気付けますので、予防的措置を行う目安も分かります。

次にレントゲン撮影です。歯の撮影はデンタルと呼ばれます。これは保険適用の検査であっても必ず行います。肉眼では確認できない歯の内部や歯周組織の状態を見る事で、気づきにくい小さな虫歯や歯の根っこの異常、歯周病による骨の異常が分かります。また、パノラマと呼ばれるお口全体の撮影によってかみ合わせや顎関節の状態も確認できます。

レントゲン撮影とセットで行うのが、口腔内写真の撮影です。これは歯というよりも歯周組織の状態を把握するために撮影します。歯茎に腫れがないか、かみ合わせがおかしくないか、歯はしっかり噛んでいるか、など歯の一本一本ではなく全体として捉えます。

そして歯の型取りです。粘土のような素材を一定時間歯に当て型を取ります。これも口腔内全体を再現することで全体的な健康状態を把握します。この模型があるとかみ合わせの動きなども再現できるため、画像では分からない貴重な3Dの資料になります。

一般的にはこのような流れで検査を行います。他にも歯周ポケットの深さを測ったり、最後の型取りをしなかったりと、多少の違いはあります。

精密検査

c452b3d9d5ad173c93e19717c869ccf0_s

歯科医院によっては精密検査をしてくれるところもあります。歯科で行う検査では「必要であればすすめる」といったものがほとんどで、普段患者さんは知らないものばかりです。しかし定期的に精密検査を行うことであらゆる角度から口腔状態を把握できます。

  • CT撮影検査
    歯科用のCT撮影を行います。レントゲンとは違い、歯を輪切りにして根っこの奥まで見る事が出来ます。インプラントを受ける場合には必要不可欠な検査ですが、普段する機会がありませんのでこの際行ってみても良いでしょう。
  • 唾液検査
    サリバテストなどと呼ばれます。唾液の性質を調べる事で、虫歯になりやすいかが分かります。細菌の数や細菌の性質、唾液量もみることができます。これらは試薬がそれぞれ違い、複数の検査を行う必要がありますので唾液検査もいくつかに分かれます。
  • 口臭検査
    口臭が気になる方にはおすすめです。口臭が数字で分かる検査です。強い場合は口臭がありますので、数字によって判断します。口臭の原因には様々なものがありますので、普段の生活から気を付けたいところですね。
  • 筋力の測定
    噛む力やお口の周りの力を測ります。お口の周りには口輪筋という周囲を囲む筋肉がありますので、その筋力を測定します。口輪筋が弱いと口呼吸になりやすいので、虫歯や歯周病にもなりやすくなると捉えます。

デンタルドックの費用は?

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

検査費用に関しては歯科医院によってかなり開きがあるようです。保険適用であれば検査の範囲は狭いですが、3000円程度です。人間ドックと同じ様に保険適用外の完全な自費検査であれば30000円以上するところもあります。

自費のデンタルドックをしていない歯科医院もありますので、それによっても左右されます。一度電話などで確認をしておきましょう。予防歯科を推進しているような自治体であれば優遇があることもあります。住んでいる地域にどのくらいデンタルドック可能医院があるのかまず調べてみましょう。

定期健診で健康的な毎日を

いかがでしたか?デンタルドックなんて聞いたことないという方も多いでしょう。しかし言葉はなくても定期的に歯科医院に通っている方も多いはず。健康なお口は毎日のホームケアと定期的なプロケアによって成り立っています。ぜひ定期検診を利用してケアを充実させていきましょう。

関連記事

  1. 8cb6af005b6468d56058e89fb61fef30_s

    歯周病

    日本人の8割が歯周病!?歯周病を知ろう

    歯周病という言葉はテレビCMで毎日のように流れていますね。誰もが聞いた…

  2. 842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_s

    口と全身の関連

    現代の再生医療とは

    再生医療という言葉をご存じでしょうか?『機能障害や機能不全に陥った整体…

  3. c45d3872a9a34e20cd5636f4b14b62b4_s

    口と全身の関連

    金属アレルギーに!保険適用の白い歯CAD/CAM冠とは

    歯科医院に通っている人なら「保健で白い歯が入れられます」というポスター…

  4. 100c8992b54b13d8f1634bbcbf9ce317_s

    インプラント

    知っておくべき歯科用語【治療予防編】

    歯科医院で良く使われている歯科用語をご紹介します。歯科医師や歯科衛生士…

  5. a2503930d576f45e173facd7a1fb08b7_s

    その他

    次世代タバコは禁煙になる?歯周病は治る?

    発売されて流星のごとく話題を呼んだタバコ界の救世主、次世代タバコですが…

  6. 2df82e77a6738faba3024c02c1bdf919_s

    根管治療

    歯の神経を抜かない方が良いのはなぜ?

    歯科医院では治療の方向はしばしば「歯の神経を残す方向で考える」という言…

  1. 6f3996024cdc2bcc2e6a48bb45cddb77_s

    ホームケア

    受け口って矯正したほうがいいの?
  2. 67fb4d05cca26b5b314c266954458cb7_s

    歯が痛い

    歯が痛い!試してみたい痛みを止める方法あれこれ
  3. 8a64918db81f6fe32ed7f1055d083d36_s

    ホームケア

    歯に有効な食べ物とは?
  4. 58a2191d0415918b366092e6e41b26c0_s

    ホームケア

    本当に正しい?歯ブラシの基本を知ろう
  5. 6176f824da792afd7b95c52a55c14798_s

    口と全身の関連

    卵かけご飯を美味しく食べるための歯の話
PAGE TOP