bde07673eb31afc3307ca1940432e617_s

口臭

意外とたくさんある口臭の原因

口臭を気にする人が増えている昨今では、ドラッグストアなどで口臭対策グッズがたくさん売られています。今まで気にしていなかった人でも売り場やCMを見て「もしかして自分も?」なんて思った事ありませんか?そんな気になる口臭の原因についてご紹介します。

そもそも口臭とは?

9586f73e4a572a40022b82f437ea815a_s

口臭とは、まったくない人はいません。特に特別なものでもなく、生きていれば誰もが必ずあるものです。しかし口臭を強める原因の多い生活をしていれば、少ない人より臭いが強くなります。

そのせいで誰かと話す時に不快感を与えてしまったり、知人に避けられてしまいコミュニケーションに悪影響が出ることも珍しくはありません。特に日本人は自分の口臭にも他人の口臭にも神経質と言われています。

原因は意外とたくさん

歯科治療をしていない

817112672c5b6faae3be94231d750081_s

口臭の原因は様々ですが、そのほとんどがお口の中の細菌の増加によるものです。増加した細菌が生み出すガスが原因となります。これは揮発性ガスと呼ばれます。

この揮発性ガスをいかに抑えるかが口臭対策のキモになります。細菌由来なので、お口の中の衛生状態が悪ければ細菌は増えます。細菌のコントロールがとても重要なのです。お口の中の細菌には虫歯菌や歯周病菌も含まれます。治療をしないでおけば口臭の原因にもなりかねません。まず歯科治療を考えてみて下さい。

古くて合っていないかぶせ物、変色した詰め物など、歯科は補綴物(ほてつぶつ)の治療したら定期的に交換しなければいけません。なぜなら人工の歯は形が変わりませんが、天然の歯は使えばすり減っていくからです。最初は同じ大きさだったものがだんだんと合わなくなり、隙間が出来てきます。その隙間に細菌が入り込み二次的な虫歯を引き起こします。これは不良な治療でも起こります。

歯科でも口臭検査が受けられます。治療をほったらかしにしているなら、治療の時にぜひ一緒に検査してもらいましょう。

唾液の量が少ない

唾液には自浄作用といって洗い流してくれる作用があります。ある程度の唾液で満たされていれば、お口の中は正常な状態でいられるのです。ところが唾液が不足すると、口が乾き、口臭の原因となってきます。朝起きた時に口が臭うのは、睡眠中に唾液の分泌が減少するからです。これは誰しもがありますので、極端でなけでば生理現象のひとつとして捉えて大丈夫でしょう。

ところが、生活の中で唾液が減少してしまうことがあります。疲労や緊張などによる体へのストレスは唾液の分泌を減少させてしまいます。他にも薬の副作用や加齢によるもの、ビタミン剤の過剰摂取でもなることがあります。

最近では大人も子供も問題となっている口呼吸が原因にもなります。口呼吸は唾液の分泌を減少させます。鼻呼吸への転換が必要となります。歯並びの悪さや鼻炎の人に多いので、歯科で指摘されることもあります。

食品による誘発

b37e3857ce2403cb972f6e1176c9de52_s

すぐに対策できそうなのはこれかもしれません。口臭の原因となる食品があるのです。これらを一時的に控えてみましょう。以下の物は原因とされます。

  • アルコール
  • にんにく
  • ねぎ類
  • 唐辛子やカレーなどの香辛料
  • コーヒー

これらの食品を摂取した場合は、口臭を薄めることしか出来ません。口臭対策グッズや牛乳を飲むなど、完全には難しいですが多少は効果があります。そして大きな原因にタバコも含まれます。食品ではありませんが、摂取した後に喫煙する場合もありますので、余計にひどくなっている可能性があります。タバコはお口の中が酸欠になり、唾液量も減少させます。歯科に限らず外科手術では喫煙者は断られてしまう程体に悪いのです。

全身的な病気によるもの

86dcfe4902b017164481040136c3a7f3_s

例えば糖尿病や肥満の場合は体臭が甘ったるくなる場合があります。また、腎臓病患者や胃潰瘍患者ではおしっこのような臭い、胃腸に病気があると消化不良による体臭や口臭になる場合があります。これは病気独特のもので、専門の医師が嗅ぐと病気が分かるほどだそうです。

このように体調のすぐれない時の口臭もあります。歯科では優等生で褒められるようなキレイなお口でも治らないのであれば、歯科以外の病気を疑ってみる必要がありそうです。

自臭症によるもの

26b23e7cdb406e42aa1593ca11b93030_s

最近では口臭を気にしすぎて、口臭がないのにもかかわらず治療して欲しいという患者さんもいます。これは口臭があると何かのきっかけで思い込んでしまう自臭症というものです。思い込んでいるだけだと理解できればいいのですが、たいていの場合過去に誰かに「口がくさい」と言われたことがあり、ずっと気にし過ぎているのが原因です。たまたま食後だったかもしれません。にんにくやカレーを食べたあとかもしれません。タイミングが悪かっただけでも、心にはずっと残ってしまっているのです。

上記にも書きましたが、口臭は誰にでもあります。ないことはありません。このような思い込んでしまっている人には、歯科の口臭検査が良いでしょう。臭いを数値で見られるので、客観視しやすくなります。

今すぐできる対策は?

原因は思い当たることがある。ではすぐ出来る対策はないのか?というと、やはり一番簡単なのはお口の中の細菌対策です。歯科治療がまだならその予約をし、その後ドラッグストアに行ってみましょう。

マウススプレーの中でもアルコールやクロルヘキシジンのような消毒成分が入ったものは効果が高いでしょう。マウススプレーは手軽に持ち歩けるので、携帯することが出来ます。口臭を消すというより細菌を増やさないことで防ぐグッズです。

マウスウォッシュも良いですが、会社に勤めていれば頻繁には使用できないことがほとんどです。うがい薬は歯科医院にもあります。市販のものは甘い味がついていたり、爽快感だけで細菌の減少には効果的でないものもあります。歯科医院で販売されるものは効果抜群なので、歯科に相談してみるのが無駄買いしない方法です。

他にもおなじみのこんなものもあります。
ガムを噛む方法。これは唾液の分泌を促進します。
緑茶を飲む方法。これはお茶に含まれるカテキンがお口の細菌を抑制するからです。緑茶はうがいにも大変効果的ですよ。外出中でうがい薬がない時は、濃いめの緑茶飲料をコンビニ等で買いトイレでうがいすれば安心です。

まとめ

口臭が気になり、きちんと対策しようと思ったら、食事から睡眠まで様々な生活習慣を見直すチャンスと思ってみて下さい。何が原因か突き止め、その場しのぎの対策グッズだけでなく、根本解決することができます。口臭の治療は歯科でも行っています。普段避けていた歯科の扉をたたく良い機会と考え、治療や検査に通ってみてはいかがでしょうか?

 

 

関連記事

  1. 890a560b7699c38e6622deba60b334ff_s

    子供〜若年

    歯科先進国スウェーデンの予防歯科の意識

    歯科の先進国といえばスウェーデンであるということをご存じでしょうか?ス…

  2. 0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s

    ホワイトニング

    知ってる?ワンタフトブラシで時間短縮効果倍増!

    普段の歯磨きでは何を使ってブラッシングしていますか?毛が3列になった普…

  3. b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_s

    ホームケア

    今日から始める予防歯科!

    予防歯科という言葉が登場してしばらく経ちますが、日本ではまだまだ浸透し…

  4. b7e883aecd6b5cadecccf6b1509b0b0b_s

    歯が痛い

    気になる知覚過敏の治療法

    知覚過敏の原因とは?知覚過敏とは、正しくは象牙質知覚過敏症…

  5. e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

    デンタルエステ

    歯肉マッサージで嬉しい顔痩せも!

    あなたは歯茎のマッサージがあることを知っていますか?歯茎ってそんなに触…

  6. 8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

    歯ぎしり

    歯が浮いてる?あの不思議な感覚は何?

    「なんとなく歯が浮いているような感じがする」こんな経験はありませんか?…

  1. 52285decf2419cb6694eff14b6c08fce_s

    インプラント

    来年から開始?一般患者への歯の再生治療
  2. 3f0517360daf4638d703a6ae9bc955f0_s

    口と全身の関連

    歯周病と血液疾患の関係
  3. 70d0930dee5707802c06db66030b8a9d_s

    ホームケア

    虫歯予防はあなたの唾液から!自分でコントロールする虫歯予防
  4. 28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

    ホームケア

    あいうべ体操で口臭も治る!何度もできるお口の簡単体操
  5. c98d0da9c796a6851e79e2da003ca40e_s

    口と全身の関連

    産まれる前にしっかり予習!妊娠中から始めるお口のケア
PAGE TOP