2df82e77a6738faba3024c02c1bdf919_s

インプラント

歯がないところの治療3種類の比較

二度と生えてこない大事な永久歯、大事にしていたつもりが残念ながら失ってしまったら・・・。次に選ぶのは歯の失ったところに施す欠損補綴治療です。周りの歯に悪影響が出る前に、欠損補綴治療を行いましょう。治療方法3種類を比較してご紹介します。

欠損補綴治療とは

8fc7865283afe24e33f58a177ed6a547_s

人間の歯はたくさんあるようでいて、実はそれぞれに役割があります。1本なくなっても変わらないのでは?と思うのは間違いです。歯が抜けた1か所からどんどん周囲に広がり、ドミノ倒しのように歯を失っていきます。1本抜けることが、すべての機能を失う始まりとなってしまうのです。

欠損補綴治療には、主に3種類の治療方法があります。

  • 入れ歯
  • ブリッジ
  • インプラント

治療法にはそれぞれ、メリットとデメリットがあります。

入れ歯(義歯)

aesthetic013

もっとも思いつく方法ではないでしょうか。特にお年寄りのイメージが強い治療方法ですが、武道などで前歯を折ってしまった若者も審美性の高い自費診療のエステティックデンチャーと呼ばれる入れ歯をしている場合もあります。

入れ歯のメリット

  • 治療期間が最も短い。
  • 保険が適用される範囲で行えば低コスト。
  • 外して清潔に手入れできる。
  • 治療では周囲の歯を削らずに済む。

入れ歯のデメリット

  • 慣れるまで違和感がある場合がある。
  • 保険範囲内の入れ歯は見た目が悪い。
  • バネのかかる歯に噛む力の負担がかかる。
  • 安定感がない物もある。
  • 噛む力が弱まる。
  • 見られたくない気持ちから笑ったり大きな口を空けたりすることをコンプレックスに思う。

どちらもたくさん挙げられる入れ歯という方法ですが、人によってデメリットが少ない場合も大いにあります。気にならない人も多いのです。

保険の範囲というものは案外狭く、思ったより不格好な入れ歯になる場合もあるため「こんなの人に見せられない」と思ってしまう人もいるでしょう。これは作る入れ歯の大きさや入れる場所によって大きく異なります。

ブリッジ

bridge004

虫歯治療で良く登場する補綴治療です。橋渡しのような構造をしているのでブリッジと呼ばれます。連結冠を入れる治療法なので、両端の歯も一緒に治療を行いかぶせていきます。

ブリッジのメリット

  • かぶせ物として固定するので、取り外す面倒がない。
  • 白い歯で作れば見た目もキレイに治療できる。
  • 違和感が少ない。
  • 保険が適用される範囲で行えば低コスト。

ブリッジのデメリット

  • 噛む力が支台歯にかかり、支台歯の寿命を縮める可能性がある。
  • 最低2本は健康な支台歯を削らなくてはならない。
  • ポンティックの下に食片が入りやすいので手入れの手間がある。

支台歯(支台歯)とは、ブリッジを支える歯のことです。欠損部分の両脇の歯が一般的ですが、その歯も弱い場合はさらに支台歯が増える可能性もあります。

ポンティックとは、欠損部分に入るダミーの歯のことです。ダミーはかぶせる歯がないため、浮いている状態になります。歯茎とポンティックの間には隙間が出来るため、そこの手入れをしなければ支台歯に虫歯が発生する可能性があります。隙間に入るサイズの歯間ブラシを使用し、歯ブラシと合わせて手入れする事で回避出来ます。見た目に見えずらい部分なので注意しなくてはいけません。

ブリッジは虫歯治療や歯周病治療では一般的な補綴治療です。初めにブリッジを検討し、どうしても不可能であれば義歯を選択範囲に入れる等して治療方法を選んでいく歯科医院が多いです。

将来的に寿命が短い可能性があるような失活歯(神経のない歯)は支台歯には向いていません。失活歯は神経がない影響で非常にもろく、この歯がくじけてしまえばブリッジは全て外してやり直しとなります。このため支台歯を選ぶ時は注意する必要があります。

インプラント

implant006

最近ではインプラント治療がメジャーになってきており、珍しいものではなくなってきました。しかし自費診療の中でもまだまだ高価で、「お金持ちのステータス」のようなイメージも残っています。

インプラントのメリット

  • 永続的に使える可能性が高い
  • 周囲の健康な歯を削る必要がない
  • しっかり噛める
  • 違和感が少ない
  • 見た目が天然歯とほとんど変わらない

インプラントのデメリット

  • 保険適用がなく治療費が高価
  • 骨が少ない場合不可能の場合もある
  • 手術が必要
  • 手術から歯が入るまで半年から1年程度時間がかかる
  • 手術前後に体調を整える必要がある
  • 歯が入った後はインプラント専門のメンテナンスを受けて維持を行う必要がある
  • 手入れに必要な専用の清掃器具を使用する必要がある

インプラントは、とにかく噛めるのが最大のメリットです。インプラントは縦方向の力に強く、しっかり噛むことが出来ます。しかし、完了までには他の2つよりも長い期間がかかります。保険適用もされないので、お金もかかります。

インプラントと他の治療との違いは、周囲の歯への負担も大きな点です。インプラントは単独での治療となるため、両端の歯を削りません。共倒れする可能性が低いところがインプラントの魅力です。

まとめ

欠損補綴治療は、周囲の歯を共倒れしないように行う治療です。これ以上健康な歯を減らしてはならないので、周囲の歯にあまり負担をかけずに行うのがベストな治療法でしょう。
欠損治療を行う時は、歯科医院で話し合いの上どんなメリット・デメリットがあるのかをしっかり説明してもらいましょう。そして健康な歯を1本でも多く残し、快適な食生活を送ってください。

関連記事

  1. 52285decf2419cb6694eff14b6c08fce_s

    インプラント

    来年から開始?一般患者への歯の再生治療

    歯の再生と聞いて大喜びするのは、すでに歯を失って二度と蘇らないことを肌…

  2. 5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_s

    子供〜若年

    受験生が気を付けるべきお口のトラブル

    初夏の爽やかな季節、受験なんて終わったばかりでしょ?というのは甘い考え…

  3. ae47467b60bdd3c1b74cf52947c7bfa2_s

    その他

    震災でも負けない!被災地・避難所での口腔ケアのススメ

    あなたは大規模な震災に見舞われたことがありますか?近年水害や地震などた…

  4. 890a560b7699c38e6622deba60b334ff_s

    子供〜若年

    歯科先進国スウェーデンの予防歯科の意識

    歯科の先進国といえばスウェーデンであるということをご存じでしょうか?ス…

  5. 100c8992b54b13d8f1634bbcbf9ce317_s

    インプラント

    知っておくべき歯科用語【治療予防編】

    歯科医院で良く使われている歯科用語をご紹介します。歯科医師や歯科衛生士…

  6. 2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s

    インプラント

    歯がないとこんなに違う!歯がないリスクとは

    私たちは生まれた時こそ歯がないものの、物心がついた時にはすでに歯があり…

  1. 74880f4453197ad28a75f4332f41f172_s

    その他

    お口の健康って意識する?みんなの意識調査
  2. 2df82e77a6738faba3024c02c1bdf919_s

    根管治療

    歯の神経を抜かない方が良いのはなぜ?
  3. edc91736beee8fcedeb9643f26711e2c_s

    インプラント

    インプラントを選ぶメリット・デメリットとは?
  4. 842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_s

    口と全身の関連

    現代の再生医療とは
  5. ea805965754c2f2b55a15526683a500b_s

    その他

    その古い銀歯、アマルガム?もしアマルガムなら要注意!
PAGE TOP