81f710fe2590675f2972d48d499383b1_s

その他

歯がぼろぼろだけど歯医者さんが怖い!

歯科医院に行くのが当たり前のようになっている世の中ですが、中には怖くて行けないという方もいます。しかもかなりの数いるのではないでしょうか?そのような場合、行かずに不健康なままではなくなんとか治療が出来るような方法があるのでしょうか?歯科医院に行くのも行かないのもつらいという方のために1つご紹介します。

記憶がよみがえって怖い

c266b94d1393c1ca614118f0989d5376_s

たいていの方が子供のころ泣きながら歯医者に行き、若い衛生士のお姉さんになだめられます。何年も定期的に通い続けるうちに怖くなくなり、次第にスムーズに歯科医院に通えるようになります。最近では小児専門の歯科医院もあり、子供のうちから楽しく歯科医院に通える子供も増えてきました。しかし昔はそうではなかったですよね。時間との闘いである歯科の保険診療において、ワガママな子供には時間を割いてくれません。

しかしこれとは逆のパターンもあります。子供の頃通った歯科はあまり好きではなかったけれども、久しぶりに大人になって近所の歯科に行ってみたら、思ってもみなかった嫌な思いをさせられすっかり不審になってしまったというパターンです。

大人になってからの不信感はなかなか拭い去ることは難しいかもしれません。子供の頃の記憶はおぼろげですが、最近の記憶であれば鮮明で不審な点が後から色々と思い出されてしまいます。さらにネットなどでクチコミを見てしまうと、たとえ悪い評価が少なかったとしてもその思いを決定づけてしまいます。どんどん自分の苦しみが深くなってしまいますね。

しかしこのままでは、治療を開始することが難しくなるばかりです。結婚式を控えた女性であれば美しくありたいと思うので口がコンプレックスになります。男性であってももちろん気になります。ひどい時には笑うことができない、常にマスクをしているような状態になってしまいます。

こうなってしまうと影響があるのは歯科治療や口の健康だけではありません。生活全体が楽しくないものとなってしまいます。クオリティオブライフが下がり、やがて精神的な疾患の予備軍になってしまいます。

では何か方法があるのでしょうか。実際の歯科医師の回答データを参考に考えてみましょう。

歯科治療で一番大切なものは何か?

b6bdbfec834d1bbf300bfc6b5305cc19_s

最近では、歯科医師に直接疑問をぶつけるようなインターネットサイトがたくさんあります。誰か分からない相手ではなく歯科医師が医院名や医師の名前を挙げて回答している非常に頼りになるサイトです。その中で「歯科医院が怖くて行けない」「昔された歯科治療がひどかったので怖くて行けない」という方は非常に多くみられます。

回答の中で歯科医師が答えるもっとも多い意見が、「歯科治療で一番大事なことは信頼関係」と答えています。「患者さんとのコミュニケーション」も同じくらい多くありました。これは保険診療と自費診療の違いもあるのかもしれませんが、歯科治療中にカウンセリングが多くなってきていることがこの表れではないかと思われます。

歯は削ってしまえば絶対に元に戻りません。やり直しが難しいかぶせ物もあります。皮膚の怪我は傷がふさがれば再生しますが、歯にはそれがないのです。失敗してからでは遅いというのが歯科治療の難しい点でしょう。患者さんの側からしてみれば、「いつの間にかこんな風にされた。もう戻せない」という後悔が残ります。だからこそコミュニケーションを密にとる必要があるのです。歯科治療は弁償できないのです。

しかし時間で予約を入れている歯科医院は、時間が過ぎると困る事情があります。それは国で定められている保険点数が少ないため、何人もの患者さんを診なくてはいけないからです。患者さんも待つのは嫌です。医院側はなんとかスムーズに患者さんを回さなくてはいけません。コミュニケーション不足の原因の一部に国の診療報酬が関わってくるのは、国の保険制度の残念な点かもしれません。

もう一つは、歯科治療について患者側が良く分からない点です。希望を聞かれてもなんと答えたらよいか分からない。これは当たり前のことです。食べたことがないものについて語ったり好き嫌いをいう事が出来ないように、経験のないものは分からないのです。治療の説明を真剣に聞いてくれる患者さんへは、歯科医院が熱心に説明し治療についての考えをお互いに深めるように出来れば理想的でしょう。

興味をもってくれたら嬉しいな、という歯科医院は案外多いものです。そのためには時間が必要です。信頼関係を築くためのコミュニケーションは、国の制度により手に入れるのが難しい「時間」というものにかかっているのが本当のところでしょう。

実際に使える治療法は?

61674d0b82a3fd716bb91d91325510e0_s

では少しでも嫌な気分を良くし、緊張せず口を開く方法はないでしょうか?実はあります。治療法ではなく導入できるアイテムです。歯科で使用する麻酔のひとつに笑気麻酔(しょうきますい)があります。聞いたことはあるでしょうか。

笑気とは笑気ガスのことですが、吸引することで気分をリラックスさせる効果があります。保険適用にもなっており、導入している歯科医院であれば申し出ることで治療に入る前に麻酔してもらうことが出来ます。笑気は酸素と混ぜて10%~30%程度に吸引するだけで効果があります。体が浮いたようなふわふわ心地よい感覚になり、人によっては寝てしまいます。半分寝ているようなリラックスを味わいながら歯科治療を受ける事が出来るのです。

この方法で麻酔注射が怖くなくなり、外科処置までできるようになった人もいます。ほとんどが大人に使われますので、「怖いなんてかっこ悪くて言えない」なんて思わず、「これがあれば治療ができる」と前向きに捉えて使ってもらいましょう。

まとめ

歯科医院での治療において、時間をとってくれるところはその分治療点数で損しているといえます。しかしだからこそそこまでして話してくれる歯科医院には価値があるのです。治療よりも信頼関係を重視してくれる歯科医院で診てもらうことが、歯科恐怖症を解決するための重要な条件となりそうです。歯科の情報をたくさん集めて自分なりに見つけてみて下さい。

関連記事

  1. 79bac6ca501a21e52ac3f918644d23a0_s

    その他

    テレビでもお墨付き!チーズとお口の良い関係

    あなたはチーズが好きですか?好きな種類はありますか?普段の食事にどのく…

  2. _76480697_newpic

    その他

    232本の歯を摘出?!世界記録の歯牙腫とは

    「あなたの歯の数は何本?」と聞かれてたとえ即答できなくても「232本」…

  3. 91501004

    その他

    かまぼこと歯の型取りの共通点とは?

    むし歯治療で詰め物をしたことがある人なら誰でも経験している型取りですが…

  4. ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s

    口と全身の関連

    まさか虫歯が顔に広がる?上顎洞炎について

    上顎洞という身体の部分を知っていますか?あまり聞いたことのない言葉です…

  5. 3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

    口と全身の関連

    その原因は歯ではない?ストレスで起こるお口のトラブル

    確かに歯が痛いはずなのに、歯医者さんでは「異常なし」と言われてしまった…

  6. teeth_grinding

    口と全身の関連

    全身に症状が出る?歯ぎしりの問題

    歯ぎしりは中年男性に多いようなイメージがありましたが、実は年齢に限らず…

  1. 2df82e77a6738faba3024c02c1bdf919_s

    根管治療

    歯の神経を抜かない方が良いのはなぜ?
  2. c45d3872a9a34e20cd5636f4b14b62b4_s

    口と全身の関連

    金属アレルギーに!保険適用の白い歯CAD/CAM冠とは
  3. accdb8c8d9a084e4915170779db163ad_s

    歯が痛い

    歯が痛い!という時はどういう時?どこが痛いの?
  4. 941a5700ab6dbbc4db66a0b8275672ba_s

    歯周病

    ヨーグルトで歯磨き?ヨーグルトでお口の健康を維持しよう
  5. 3fe026b7bc3b6f807f25100e665ebb22_s

    デンタルエステ

    前歯の白い模様はなに?気になるホワイトスポット
PAGE TOP