0eea40d3169b163b073eb7d9905eaa5b_s

口と全身の関連

歯ぎしりしてるよって言われた!歯ぎしりの検査と治療

歯ぎしりは睡眠中に無意識でしてしまうことが多いため、一人暮らしの人はなかなか気づくことが出来ません。また、周りから指摘された時には症状が進んでしまっている場合も多いのが現状です。歯科医院ではどのような検査や治療をおこなうのでしょうか。その方法をご紹介します。

歯ぎしりしているかどうかチェックする

睡眠中の歯ぎしりは家族に指摘されない限りなかなか自覚しづらいものです。病院でも見て分かるものではないので、さまざまな道具を使って検査していきます。

ブラックスチェッカーで把握する

ブラックスチェッカーは、歯の形に合わせて作られた薄いシートです。これを数日に渡って睡眠時に歯に装着します。厚さは0.1ミリと薄いので気にならない程度です。寝ている間に歯ぎしりしていると、このシートにあらかじめ付いているペイントがこすれ、剥がれ落ちます。この剥がれ落ちた具合からどの歯を強く噛んでいるか?どの方向に動いているか?など歯ぎしりの状態を把握することが出来るのです。

噛み合わせの検査をするT-Scan

歯ぎしりをする原因のひとつに、噛み合わせの悪さがあります。かぶせ物を入れたタイミングや普段の検診でもチェックしますが、顎の形が年齢と共に変わってくると噛み合わせも変化する場合があります。老化以外にも歯周病の治療や歯のすり減りも原因の一つとなるので、定期的にチェックしなければいけません。

精密検査をする装置にT-Scanというものがあります。コンピューター上で噛み合わせを分析する装置のことです。専用の薄いシートに特殊なセンサーが付いており、それをお口に入れて噛むとコンピューターの分析によりどの部分にどのくらいの力が加わったかが記録されます。噛む力のバランスを見たり、噛む歯の位置がすれていないかをチェック出来るのです。この機械がある歯科医院であれば、検査は簡単です。お口に入れた薄いシートを数回噛んでいるだけ。短時間で終わります。

歯ぎしりの程度を調べるバイトストリップ

バイトストリップという装置で検査することもあります。歯ぎしりの程度を調べることができる検査装置で、睡眠中の歯ぎしりを記録します。分析ソフトが組み込まれた記録装置で、ガムのような厚みのものです。大きさは5~6センチの絆創膏くらい。これを夜寝るときに頬に貼ります。歯ぎしりした時の周辺筋肉の運動量を記録し、歯ぎしりの回数を調べることが出来ます。最低でも5時間は貼っておきます。

マウスピースによる治療

00887800e391c21a5135de735a83908e_s

主にマウスピースでも治療になります。マウスピースは市販品もみかけますが、歯科医院で専用の物を作ることが出来ます。ストレスなどによるものは解消されなければ根本解決にはなりませんが、歯や周辺組織にかかるダメージを緩和するためにも作った方が良いでしょう。なぜなら、歯ぎしりから全身症状へと発展していってしまうことがあるからです。

マウスピースの効果

828325ea1ed97010ebf54d8d52f0ea93_s

知覚過敏の治療に効果的です。歯ぎしりしていると歯の負担が大きくなりしみる症状が出る場合があります。それを緩和し、今後起きにくくすることが出来ます。

  • 噛んだ時の痛みを緩和します。歯にかなりの負担をかけているため、痛みが出てきます。クッションを入れることにより力を分散し、負担を減らしていきます。歯の根っこを包む歯根膜の炎症も予防します。力の分散により、知らず知らずに起こってしまう歯の揺れも予防できます。
  • 顎関節にかかる負担を軽減します。顎関節の中には、動く時に関節のクッションになる関節円板という組織があります。この円板にかかる力を分散させることで顎の痛みを軽減します。
  • 上記の症状の緩和によって、肩こりや頭痛を軽減します。肩こりや頭痛は周辺筋肉の緊張によって起こる症状ですが、マウスピースをつけることで緊張を緩和し症状を和らげることが出来ます。

治療は継続することが大事

具体的な治療内容としては、原因を突き止めてからとなります。マウスピースのみの治療であっても、定期的に装着時の噛み合わせをチェックしてもらい、状態が緩和されているかチェックします。問診も重要なので、感じたことを話して下さい。噛み合わせが原因であればお口の中全体のバランスを見て歯の調整をします。

歯科医院のチェックは継続することが大事です。1年ほどかけて行ってみて下さい。気付かないうちにそれほどに噛み合わせは変化するものです。

ストレスが原因の場合は、慢性的になり気づいていないこともあります。問診も行われますが、生活全体を見回してみましょう。ストレスの原因を取り除くことができればベストですが、仕事や家庭の場合急に変えるのはなかなか出来ません。上手な発散方法を見つけていくのも大事な治療のひとつです。歯をぐっと食いしばらない程度のスポーツや、整体などのリラクゼーションも利用する方が多いので、自分なりの癒しを見つけてみましょう。

市販のマウスピースはどうか?

01a186fd411554b5900c22873c7664e7_s

市販のものは、歯の形がひとつひとつになっていないものや、自分で型を合わせるものなど様々です。整形せずに使えるものもあります。奥歯だけにつけるものもあり、種類が増えてきました。

歯科医院ではひとりひとりにぴったり合うように歯型を取って作ります。保険も適用されますが市販品に比べて安価ではありません。市販品の方が手軽に手に入りますが、合わないと感じたら使用をやめましょう。合わないまま使い続けると、それだけで噛み合わせが変化し、それこそがストレスになってしまいます。それでは意味がありません。市販品を選ぶときは新調に。せっかく買ったからと、合わないものを使い続けるのはおすすめできませんので、注意しましょう。お試しの感覚なら良いでしょう。

まとめ

最近では男女問わず、30代までの若い世代で治療を受ける人が増えてきています。若い頃は無茶もするし体を真剣に考えないことが多いので、未来ある体を大事にする意味では素晴らしいことです。しかしストレスが増えてきたとも言えますし、色々な道具に囲まれる中で、ストレスを感じさせるような機器が増えたとも言えます。自分の体を把握し、手入れすることは大事なことです。体に興味を持ちぜひ治療の一歩を踏み出しましょう。

関連記事

  1. 857a9d4ad98f4785b7c120b3b0e8220a_s

    歯が痛い

    歯がしみる!もしかして知覚過敏?

    歯がしみる知覚過敏と呼ばれる症状に悩む方も少なくありません。20代の若…

  2. ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s

    その他

    まさか!虫歯を放っておいたら副鼻腔炎に!

    花粉症や風邪など、副鼻腔炎になる要因は季節に関係なく一年中あると言える…

  3. 406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

    その他

    インフルエンザにかからない人って?

    世の中にはインフルエンザにかかりやすい人とかかりにくい人がいるというの…

  4. a56c41090cf447236956c1afb5edbe08_s

    インプラント

    歯科治療で伝えるべきお薬とは?

    あなたが今何かのお薬を飲んでいる場合、もしかしたら治療を断られてしまう…

  5. 200cf7d2c26b972cb0d7dbcfac46e1f4_s

    口と全身の関連

    歯の土台を作る支台築造

    なんらかの原因で歯の神経を取ってしまい、歯の根っこの処置を終えたら、支…

  6. f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

    口と全身の関連

    テレビでも話題!銀歯から金属アレルギー?

    2017年2月7日の『林修の今でしょ!講座』はご覧になりましたか?この…

  1. 14321ad80d5157bb8788f3811ff6a29c_s

    ホームケア

    自分もそうだったかも?歯に関心のないお年頃
  2. 19d1e6d53a86553cb3f5e8d9a45c9736_s

    口と全身の関連

    お酒とお口の関係
  3. 67fb4d05cca26b5b314c266954458cb7_s

    歯が痛い

    歯が痛い!試してみたい痛みを止める方法あれこれ
  4. 7e57907f5a1d4fd8768604ffc06e1a3d_s

    その他

    歯科関係のお仕事をしたい!歯科関連の職業を紹介します
  5. 320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s

    その他

    噛むってすごい!噛んで勉強してみよう!
PAGE TOP