8a64918db81f6fe32ed7f1055d083d36_s

ホームケア

歯に有効な食べ物とは?

食べ物を食べたら歯磨き。食べ物が残っていたら虫歯になる。これが一般的に言われている歯と食べ物の関係ではないでしょうか?食べないと生きていけないけど、食べ物がまるで悪者みたい。しかし歯にとって良い影響のある食べ物もあるのです!歯に良い食べ物を知って、よりお口に良い環境を保ちましょう。

歯に良い食べ物は、イメージどおりのアレ!

さて歯に良いものとはなんでしょうか。悪い物はスラスラ出てくるという人は少なくないはずです。コーヒーや紅茶、ワインの着色はイメージが悪いでしょう。では白い歯と聞いて何を思い浮かべますか?多くの人がイメージするのは、テレビコマーシャルでも流行っていた、真っ赤なリンゴです。リンゴは歯にとって良い食べ物と言われています。味方をしてくれる要素があるのです。

リンゴ

eaa93deed4ded8584ba4c016ed53bb26_s

りんごは歯に良い食べ物の一つと言われています。それはリンゴにたくさん含まれている食物繊維が、歯のお掃除をしてくれるからというものです。豊富な食物繊維と食べた時にシャリシャリと音がするくらいの硬さ、これがポイントとなります。固い物というものは必ずしも繊維質が豊富とは言えませんが、たくさんの食物繊維は柔らかいものに絡みつき、絡めとってほうきのように掃き出してくれます。食べればお腹の中でも効果が出て便秘解消になりますし、お口の中ではプラークの掻き出しをしてくれるというわけです。

もうひとつの作用は、唾液分泌を促すことです。甘酸っぱいリンゴの香りは、梅干しなどと同じ様に酸味のある香りです。この香りが刺激になって、唾液分泌を促進します。思い浮かべただけでじわっと唾液が出てきませんか?香りをかぐと、お口の中が唾液で溢れませんか?この効果により、唾液が口腔内の酸性に傾いた状態を中性に戻してくれるのです。酸性だったお口の中が、唾液で薄められて中性に戻ってきます。再石灰化が早く行われ、歯の表面が食べ物の酸で溶けてしまっていてもきちんと修復されるのです。

しかしここで、リンゴの酸は安全なのか?という疑問が出てきます。リンゴにはリンゴ酸やクエン酸といったPH4にもなる酸性の物質が含まれています。甘酸っぱいのはそのせいで、唾液が出るのはこの酸を中和しようとしてとも考えられます。それでは食べなくても同じなのでは?と思ってしまいますよね。

歯が溶け出すPHは5.5。これ以下は歯が溶けだします。リンゴは4ですから、歯が溶ける可能性がおおいにあります。しかし酸性の食べ物が絶対悪いという事ではありません。酸性であっても、そのことを意識して食後すぐに歯磨きをしたり、中和させるよう酸性ではない飲み物を飲んだり唾液を分泌させれば一般的には問題ありません。リンゴ酸は虫歯の原因になるか?という問題では、食べる量が一番の問題なのです。1日1個程度では問題ないでしょう。

それ以外にも、良質なビタミンが歯茎の血行を良くして歯周病になりにくくしてくれます。「リンゴは1日1個で医者いらず」と言いますが、中身を知っていれば健康のためにおおいに利用することが出来ます。リンゴが昔も今も健康的な果物であることは変わらないようです。

きのこ類

b67596dff529e6290bcb875c2aae519d_s

多くのきのこにはビタミンDが含まれています。このビタミンDはカルシウムと一緒に摂取すると、カルシウムの吸収率がより高まります。歯や骨はリン酸カルシウムというリンとカルシウムの結合したもので出来ています。食べ物の酸で脱灰した状態では唾液の中に含まれるカルシウムにより再石灰化を行うことが出来ます。「食べたあとはざらざらするけどそのうち歯がツルツルになった」というのは再石灰化が行われて元に戻った状態を触ったからです。カルシウムの手助けをしてくれるビタミンDを摂取することは、虫歯予防にとても重要と言えるのです。

もうひとつはたっぷり含まれる食物繊維です。リンゴと同じ様に歯の表面のプラークを絡めとってきれいにお掃除してくれます。腸の調子も良くしてくれるので健康的です。カロリーも少ないことからダイエット効果も期待できます。きのこは他の食べ物のサポートとしてとても有能なのですね。

乳製品

5617ec5ff9c48ff370941b763e95cb85_s

乳製品には牛乳やチーズがありますが、これらは言わずと知れたカルシウムの宝庫です。食べることで唾液中のカルシウム量を増やしてくれます。カルシウムの吸収率は野菜や魚と比べてチーズはダントツで高く、野菜が含まれる15%しか吸収できないのに対し、チーズは40%も吸収してくれます。さらに熱を加えても含まれるカルシウムは壊れたり流れたりしません。安定した形なのです。虫歯予防でこれを食べない手はないでしょう。カルシウムの豊富な食べ物は取り込むことで骨も強くなります。歯を支える顎の骨の維持にも良いので、ぜひ取り入れていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?歯に良いとはいっても食べ方の問題もありますね。一緒にコーラのような炭酸を飲んでいては酸性に極端に傾いて歯を溶かす原因になってしまいます。これを食べて入れば大丈夫ということではなく、有効に生かすためにも、すぐに歯磨きをしてお口の中を中性に保ちましょう。そしてプラークをしっかり除去してお口の中をいつも清潔に保つよう心がけましょう。

関連記事

  1. b7e883aecd6b5cadecccf6b1509b0b0b_s

    歯が痛い

    気になる知覚過敏の治療法

    知覚過敏の原因とは?知覚過敏とは、正しくは象牙質知覚過敏症…

  2. fb28a4f3d99b95de811c3c10f5277c11_s

    ホームケア

    キシリトールについて知りたい

    CMなどでお馴染みのキシリトール。虫歯予防に良いっていうのは知っている…

  3. b384b1691abdcb084948492a39b66420_s

    デンタルエステ

    デンタルエステってなあに?

    近年人気上昇中のデンタルエステ、実はよく知らないという方もまだまだいる…

  4. 3f0517360daf4638d703a6ae9bc955f0_s

    口と全身の関連

    歯周病と血液疾患の関係

    何年も前から歯周病は全身疾患を引き起こす要因であると言われていました。…

  5. 70d0930dee5707802c06db66030b8a9d_s

    ホームケア

    虫歯予防はあなたの唾液から!自分でコントロールする虫歯予防

    虫歯になるきっかけは何だと思いますか?チョコレートを食べたから?歯磨き…

  6. b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_s

    ホームケア

    今日から始める予防歯科!

    予防歯科という言葉が登場してしばらく経ちますが、日本ではまだまだ浸透し…

  1. cf1c2187678c0ef8e99840c5ef18626f_s

    その他

    歯科技工士ってどんな仕事?
  2. 08c2d95bb0cc9838144562b77128cf54_s

    口と全身の関連

    ココロも歯も解決します!心療歯科という分野
  3. 14321ad80d5157bb8788f3811ff6a29c_s

    ホームケア

    自分もそうだったかも?歯に関心のないお年頃
  4. 890a560b7699c38e6622deba60b334ff_s

    子供〜若年

    歯科先進国スウェーデンの予防歯科の意識
  5. 0f2db58809b2cf40c6e28733fd96bec0_s

    口と全身の関連

    スポーツデンティストというスペシャリスト
PAGE TOP