d4696eded0ed05ae33198a9f439dc05e_s

インプラント

歯医者さんが苦手でも大丈夫!笑気麻酔で心地良い治療を

笑気(しょうき)という言葉を聞いたことはありますか?歯科医院全てではありませんが、無痛治療を目指している歯科医院で特に用いられる麻酔です。恐怖心が弱まり、治療に対する嫌な気持ちを和らげることが出来ます。そんな歯医者さん嫌いのための笑気麻酔についてご紹介します。

笑気ってなあに?

118038ff0e4b9413ab612f8a95aab89d_s

笑気麻酔という言葉を初めて聞いた方は、「笑ってしまうの?」「おかしくなるの?」と不安になってしまうかもしれません。そうではないのです。笑気とは亜酸化窒素(N2O)というガスを鼻から吸って麻酔を行う「笑気吸入沈静法」のことを言います。

笑気麻酔は、全身麻酔にも用いられるガスです。歯科治療で使用する場合は、必ず専用の吸入器を使用し、30%以下で行われます。酸素を出して吸ってもらい、徐々に笑気の濃度を上げていきます。

吸っていると恐怖心が落ち着いていき、楽しい気分になる人も多く、効いてくると笑ったような表情になると言われていることから、笑気というのだそうです。

歯科ではもう「痛いのは当たり前」ではなくなりました。「痛くないのが当たり前」であるよう、無痛治療を謳う歯科医院が増えています。その無痛治療の強力な味方となるのが笑気なのです。

笑気麻酔は注射?痛いの?

16c63c7da6692277f1d0b47ea5476048_s

笑気麻酔をかける時は、注射ではありません。笑気ガスと酸素のボンベが乗った専用の吸入器を使用します。鼻に装着し、両脇に管が出ているのでそれを後ろに垂らします。口を閉じてガスが逃げないようにし、大きくゆっくり呼吸をして、無理なく吸引していきます。

歯科治療で行う麻酔注射が苦手な方は非常に多くいます。そんな苦痛を和らげるために用いるのが笑気なのです。ですので、まず笑気を先に吸入し、良く効いてきたことを確認出来たら吸入器の濃度を一定に保ったままいつもの麻酔を行います。

そもそも歯科が怖くて嫌いだから、定期検査にも行かず虫歯や歯周病になるのです。そして麻酔をかけるような中度~重度な治療が必要となり、そこでやはり麻酔が怖い、治療が怖い、となります。本当は予防さえしておけば必要はないのですが、こうなってしまったら治療する他はありません。

そこで笑気を使いたいという方が多いというわけです。こういった事情なので、笑気希望の方は軽い症状の方は少なく、何度も通う場合が多いようです。特に外科治療はイメージだけでも怖いので、取り扱いのある歯科医院であれば笑気を使いたい旨を伝えてみましょう。安心して治療を行った方がストレスのかかり方が違いますよね。

どんな感じがするの?

26961c31daba0beb642e3a480a5f54a1_s

笑気麻酔を使った方の感想を聞くと、「ぼーっとしてくる感じ」「ふんわり浮いている感じ」といった内容を良く聞きます。他にも笑気ガスの特徴である甘い香りが気に入り「甘くていいにおいがする」「少し酔っているような眠気がある」という意見があります。手足がぽかぽか暖かい感じがし、体が浮くか沈むような感じがしてうとうとする、と笑気麻酔のメーカーも説明しています。

歯科治療中であるため、口を開いたまましっかり寝てしまうことはあまりありません。うとうとするような心地良い気分にはなるので、歯科医師に何か聞かれても「ん~」「あ~」とぼんやりした応答をする方もいるようです。

副作用はないの?

3204070bfba3ac0a2e97b34ea9a42094_s

笑気麻酔の副作用は、ほとんどないとされています。ガス吸引を導入する時に急激に濃度を上げると吐き気を催したり嘔吐してしまったりしますが、徐々に濃度を上げる分には安全です。人それぞれ適当な濃度がありますので、歯科医院側がこれを見極める必要があります。

血液循環や胃腸、呼吸器、神経系などに影響はありません。治療が済んだら笑気ガスを体外へ排出するため、酸素濃度を上げ笑気濃度を下げます。最後に酸素だけにして頭をすっきりさせ、来た時と同じように戻します。呼吸していればすぐに体外へ出て行ってしまうため、運転には支障はありません。

心配なことがあれば、事前にしっかり歯科医院と話し合いましょう。

まとめ

笑気麻酔を初めて知った方はまだまだ多いかと思います。笑気は、歯科治療が長年苦手で踏み出せなかった方にとって強い味方となってくれる麻酔です。怖い気分を「あれ、そうでもないな?」と変化させてくれ、悪いイメージを心地良いものにしてくれます。怖いなあと思っているなら、ぜひ使ってみて下さい。快適な治療が受けられ健康になるのが一番ですね。

関連記事

  1. b7e883aecd6b5cadecccf6b1509b0b0b_s

    歯が痛い

    気になる知覚過敏の治療法

    知覚過敏の原因とは?知覚過敏とは、正しくは象牙質知覚過敏症…

  2. 08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

    インプラント

    インプラント治療でありがちなトラブルとは?

    インプラント治療は近年急速に広まってきています。高額ではありますが、素…

  3. 890a560b7699c38e6622deba60b334ff_s

    子供〜若年

    歯科先進国スウェーデンの予防歯科の意識

    歯科の先進国といえばスウェーデンであるということをご存じでしょうか?ス…

  4. f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

    口と全身の関連

    テレビでも話題!銀歯から金属アレルギー?

    2017年2月7日の『林修の今でしょ!講座』はご覧になりましたか?この…

  5. 43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s

    子供〜若年

    離乳期からの虫歯予防

    あなたは子供の虫歯予防をいつから行っていましたか?早くても乳歯が生えそ…

  6. ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s

    口と全身の関連

    まさか虫歯が顔に広がる?上顎洞炎について

    上顎洞という身体の部分を知っていますか?あまり聞いたことのない言葉です…

  1. _76480697_newpic

    その他

    232本の歯を摘出?!世界記録の歯牙腫とは
  2. 406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

    その他

    インフルエンザにかからない人って?
  3. a8d67fc51fd473e8d7151170f830f035_s

    その他

    利用者が増えている歯科医療でのセカンドオピニオン
  4. fb9e338a1301985575559d22c64b2a83_s

    デンタルエステ

    どうして白くなるの?ホワイトニングの原理とは
  5. 74880f4453197ad28a75f4332f41f172_s

    その他

    お口の健康って意識する?みんなの意識調査
PAGE TOP