9d9a9abb7bfc176b20587a1e6a8a431c_s

ホワイトニング

歯磨き剤の成分をみてみよう

色んな成分で作られている歯磨き剤ですが、具体的にどんなものが入っているのか知っていますか?どんな成分を基準に選んでいるでしょうか?配合されている様々な化学成分をみていきましょう。

歯磨き剤の成分

5c74c6dfa7a29d0a3ceda0cc327edea9_s

歯磨き剤はジェルタイプやクリームタイプが主な形態ですよね。どんな成分が入っているのかご紹介します。

  • 薬用成分
    まず思いつくのがこのグループの成分でしょう。医薬部外品の歯磨き剤には薬用成分が含まれています。フッ素(フッ化物)を始め、イソプロピルメチルフェノールやラウロイルサルコシンナトリウムなど、歯を強化したり修復してくれるような成分です。知覚過敏を抑えるような働きをしてくれる成分もあります。購入する時に参考にしたり期待する成分となります。
  • 発泡剤
    発泡剤とは、その名のとおり泡立てる成分を指します。泡立てることですっきり感があり、歯の隙間にまで行き渡らせることが出来ます。成分の名前はショ糖脂肪酸エステルやラウリル硫酸ナトリウムなどです。発泡剤が含まれない歯磨き剤もあります。過剰に泡立つことで中途半端に歯磨きを終わらせてしまうのを防止するため、わざと含まない歯磨き剤もあるのです。泡立たないからと言ってキレイにならないわけではありません。
  • 研磨剤
    歯の表面には着色などの見えない汚れがついています。この汚れを取るのが研磨剤です。クレンジング効果があり、表面をツルツルにします。成分は炭酸カルシウムやリン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウムが多くみられます。研磨剤が入っていない歯磨き剤もあります。しみる症状が強い場合はこれらが入っていない歯磨き剤をすすめられることもあります。

36fd7ee6dcdcdfda1069d09cad4479bc_s

  • 粘度調整剤
    粉の成分と液体の成分を混合させて一定の練り具合を出している成分です。キサンタンガムやカルボキシメチルセルロースなどが良く見られます。ある程度の粘度でお口の中に留まるように調整されています。
  • 湿潤剤
    グリセリンやソルビトール、プロピレングリコールといった保湿成分としても有名な成分です。歯磨きをクリーム状やジェル状にして粘度を保ちます。
  • 香料
    爽やかな香りや甘い香りなど、風味をつけている成分です。メントールやミントオイルなどは子供の歯磨き剤だけに限らず、ほとんどの歯磨き剤に含まれています。
  • 防腐剤
    保存剤のことです。ある程度長い期間使用していても変質させないように入っています。パラベンや安息香酸塩が代表的です。

化学物質が危険って本当?

e25fca6fa55edd06518ed0387e42191d_s

食品でも化粧品でも「化学物質が危ない」という話は良く聞きます。過剰な保存料の中には発がん性物質があったなどという話を聞くと「歯磨き剤はどうなのかな?」と思うのも当然でしょう。

しかし化学物質で気を付けたほうが良い成分は、研磨剤や発泡剤なのです。研磨剤も発泡剤も必要不可欠といっても過言ではないくらいの成分ですが、いったい何に気を付ければよいのでしょうか。

  • 研磨剤
    研磨剤はその名のとおり歯を研磨してくれる成分です。歯の表面に薄くこびりつくヤニや茶渋のような汚れを取ってくれます。歯磨きの目的が着色汚れを落とすためとしている人もいますし、ほとんどの歯磨き剤には含まれています。

    しかし研磨するものであるため、力強く何度も過剰にゴシゴシ磨いていくと歯が削れてきてしまいます。エナメル質が薄くなると、一層奥にある象牙質が透けて見えてきます。するとベージュ色が付いたように見えてしまいます。「もっと色を落とさなくては」と考えさらにゴシゴシやっていくと、エナメル質がなくなりザラザラしてきます。こうなると悪循環に陥り、ザラザラに汚れが入り込んで逆効果です。さらにしみてきて痛みを感じるようになります。

    知覚過敏などの染みる症状があるのであれば、研磨剤入りの歯磨き剤の使用を控えるか、歯科医院で知覚過敏治療の時に最適な歯磨き剤を選んでもらいましょう。健康な歯を正しいやり方で磨いていれば気にしすぎることはありませんが、このような効果もあることを覚えていてください。

  • 発泡剤
    発泡剤は泡立たせてくれる成分です。必要ないといえばないのですが、このおかげで爽快感が味わえたり、口の中に留まりやすくなって快適に歯磨きが出来たりします。

    しかしたくさんお口に含んでしまうと、おえっとなって磨きづらくなってしまいますよね。「泡がいっぱいになったから歯磨きをやめよう」という人もいます。泡をたてるために歯磨きしているのではありません。泡立ち過ぎるのも考え物です。

    これは含まれている成分が悪いというよりも、使う人が歯磨き剤をたくさんつけるのが原因です。クリーム状であれば1センチ~1.5センチ程度にし、泡立ち過ぎている時は一度吐き出してから歯磨きをしましょう。泡立ち過ぎると歯の細かいところを見ながら歯磨きすることができなくなってしまいます。鏡で歯間や咬合面の確認をしながら磨いていくのがベストです。

    発泡剤の中でもラウリル硫酸ナトリウムという成分は、粘膜に炎症を起こすこともあります。口内炎がひどくなるのはそのせいかもしれません。敏感な粘膜でできたお口の中は、傷があるとこのような問題もでてきます。過剰摂取は良くないようです。

歯磨き剤を使う?使わない?

186e985d2202136d86fbe2257e72aa4b_s

結局のところ、歯磨き剤は使わなくても良いというのが本当のところです。しかしフッ素が含まれていたり、研磨効果により白くなったりと、メリットもたくさんあります。歯磨き剤がお掃除するのではなく、あなたの歯磨きテクニックがお掃除するのですから、絶対に必要ではないのです。ここのところを勘違いしてはいけません。

歯磨き剤をずっと同じにする必要はありません。状態に合わせて選ぶのがベストです。また、少し使って効果がないからといって常に違うものを使う必要もありません。歯磨き剤ではなくテクニックを磨いてください。テクニックがあれば、歯磨き剤の効果を十二分に発揮できます。

歯科医院で歯磨き剤選びについて相談するのは大変有効です。常に新しい歯磨き剤の情報をメーカーから聞いているので、教えてくれるはずです。しかしホームケアとプロケアの両方を行って初めてベストなケアとなりますので、ホームケアだけにこだわらずプロケアも定期的に行いましょう。

関連記事

  1. f55e9fb993b8b72d3f4c084ec8f132a8_s

    ホームケア

    ブレスケアしていますか?たくさんある口臭の原因を知ろう

    あなたは口臭対策していますか?マウスウォッシュや口臭対策用のタブレット…

  2. 61f6d29013a5b6aee384f6531a9532bf_s

    その他

    歯を磨かない人がいるって本当?

    衝撃的な事実ですが、世の中には歯を磨かない人がいます。ずっと何日も何週…

  3. da59755e7d0f6ff22b714be3c433f386_s

    ホームケア

    フッ素はあなたの強い味方!フッ素で効果的な虫歯予防を

    今や市販の歯磨き粉ならほとんどに含まれているのが、フッ素という成分。…

  4. b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

    デンタルエステ

    オフィスホワイトニングとは

    歯を白くしたい!と思い立ってインターネットで調べてみると、オフィスホワ…

  5. 70d0930dee5707802c06db66030b8a9d_s

    ホームケア

    虫歯予防はあなたの唾液から!自分でコントロールする虫歯予防

    虫歯になるきっかけは何だと思いますか?チョコレートを食べたから?歯磨き…

  6. 90a8c31b2059157a30c12d889aca5592_s

    その他

    歯ブラシっていつからあるの?

    ドラッグストアに行けば棚にいくつもの種類が販売されている歯ブラシ。日常…

  1. 2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s

    歯周病

    歯肉炎と歯周病
  2. ae47467b60bdd3c1b74cf52947c7bfa2_s

    その他

    震災でも負けない!被災地・避難所での口腔ケアのススメ
  3. bde07673eb31afc3307ca1940432e617_s

    口臭

    意外とたくさんある口臭の原因
  4. 941a5700ab6dbbc4db66a0b8275672ba_s

    歯周病

    ヨーグルトで歯磨き?ヨーグルトでお口の健康を維持しよう
  5. f8b7d19d249b0afdf22bc5a1e479da0f_s

    口と全身の関連

    多くの患者が渡り歩く、歯科心身症とは?
PAGE TOP