890a560b7699c38e6622deba60b334ff_s

子供〜若年

歯科先進国スウェーデンの予防歯科の意識

歯科の先進国といえばスウェーデンであるということをご存じでしょうか?スウェーデンは世界でもっとも歯科疾患が少ない国と言われています。日本でも歯磨き剤や歯ブラシを作る際にスウェーデンのものを参考にするメーカーも少なくありません。それではスウェーデンと日本では何が違うのでしょうか?探っていきましょう。

国の意識が違う!私たちの歯の健康

51fd7a731d060a0ecccf269e51b8a1b9_s

スウェーデンが歯科先進国であるわけは、実は国の考え方にあります。近年よく耳にする「予防歯科」をスウェーデンでは国家プロジェクトとして行っているのです。スウェーデンが予防歯科をいっせいに取り組み始めたのは1970年。現在では功を奏し、世界的に見ても歯科疾患の少ない予防大国なのです。

日本では8020(ハチマルニイマル)運動が行われましたが、すでに目標である人数の8020は達成されてしまいました。その後の取り組みといえば、国民が誰もがしるようなプロジェクトは出ていないようです。しかし保険点数の改正が大幅に行われ、2016年の改定では予防に特化した保険メニューが追加されました。

しかしそれは歯科医院に行ってみないと分からないことです。行っても明細などを見なければ分かりません。国が国民に意識づけるという大きなプロジェクトは今後でてくるのでしょうか。

スウェーデンとの違い

2dcbf839340f3a93e4c91e54a28ec675_s

歯ブラシなどで有名なメーカーであるライオン株式会社が2013年に行った調査では、日本とスウェーデンの違いは大きく4つあると出ています。

  1. 予防歯科がどのくらい重要か?
    スウェーデンでは1970年に予防歯科の重要性を打ち出し、大規模な調査を実施しました。その結果虫歯予防には自分で行う「ホームケア」と歯科医院で行う「プロのケア」の両方が必要であるという結果が出たのです。

    このような結果をもとに、歯科治療は虫歯が出来た後に行う対症療法ではなく、予防を行うことが重要であると考えられるようになりました。予防歯科に対する意識を持つのが、こんなにも早かったのです。日本ではまだまだですよね。日本では予防歯科の意識を持っている人は全体の20%であるのに対し、スウェーデンでは60%であるという結果も出ています。こんなに違うのですね。しかし予防歯科を必要だと感じる人は日本でも70%と高く、今後さらに盛り上がっていく分野だと感じます。

  2. 年齢による歯の数が違う
    日本ではまだ、年を取れば歯を失うのが当たり前だと思っている人も少なくありません。しかしこれはスウェーデンの1980年代の考え方なのです。日本は30年以上も遅れをとっていると言えるかもしれません。

    70歳以上の人で何本歯が残っているかを調査した結果、日本人は16.5本であるのに対し、スウェーデンの国民は21本という大きな違いがありました。親知らずを抜いて7番目まで歯がある場合、成人の歯の数は28本です。21本ということはどの年齢でもほとんど変わらず不自由もないということが伺えます。

    歯の数は、美味しく楽しく食事を楽しむのにある程度必要なものです。歯が多く残っているという事は、食事を楽しむという生活の質を向上させる大きな要因です。かみ合わせがあることで体力の低下防止にも役立っています。

    681ee0a18bbd2f34ddd1a97f45aee253_s

  3. 歯科医師が好き?嫌い?
    スウェーデンのもうすぐ赤ちゃんを迎える家庭では、出産前から夫婦揃って歯科医院に通うそうです。これは歯科医師から歯磨き指導を受けるためです。乳歯であっても歯科医院でのケアが義務づけられているスウェーデンでは、治療になる前の予防段階で子供と歯科医院に通うため、歯科医院が怖い印象がないと言います。これは日本とは大きく違いますね。

    歯について楽しく学ぶ場として国民に親しまれる歯科医院は、頼れるパートナーとして認められているといいます。子供の泣き声は聞こえません。苦手や嫌いという人が多い日本と比べると、生まれる前からの家族そろっての意識付けがいかに大事なのか考えさせられる調査結果ですね。

  4. お口のケアを行う意識
    日本では「歯ブラシで磨くことが最も大事で、デンタルリンスやデンタルフロスは必要な時に使う」という意識がある人は50%を超えます。しかしスウェーデンでは、「歯ブラシ以外を使うのは当たり前だ」と答える人の割合いは全体の68%でした。

    そもそも歯ブラシメインの考え方ではないのです。歯ブラシは道具の一つですが、ワンタフトブラシやデンタルフロスなどの用途が違うものを組み合わせて歯磨きをするのが当たり前なのです。これにより、より効率的な歯磨きができるのです。道具を上手に使うから歯磨きが上手なのだといえますね。

予防歯科を始めましょう!

1609eea99fdf28f3b6390c767529ab72_s

しかし日本でも国や自治体が予防歯科の推進を始めています。まだまだ法の整備などは整っていませんが、定期健診を受けたり自費診療であるPMTCを受ける人の数は増えてきています。積極的に予防歯科を行い、同時に歯科医院も取り組むことで全体の意識が高まり、その結果未来につながるような法が出来ると理想的ですね。私たちの後の世代のためにも、大人がしっかりと取り組みましょう。健康であることが何よりの財産です。

【参考サイト】

http://clinica.lion.co.jp/yobou/new.htm

関連記事

  1. 8cb6af005b6468d56058e89fb61fef30_s

    歯周病

    日本人の8割が歯周病!?歯周病を知ろう

    歯周病という言葉はテレビCMで毎日のように流れていますね。誰もが聞いた…

  2. c452b3d9d5ad173c93e19717c869ccf0_s

    歯が痛い

    一度なったら絶対に戻らない!虫歯になりたくない理由

    「治療」というと、切れた傷が塞がったり折れた骨がくっついたり、いわゆる…

  3. 100c8992b54b13d8f1634bbcbf9ce317_s

    インプラント

    知っておくべき歯科用語【治療予防編】

    歯科医院で良く使われている歯科用語をご紹介します。歯科医師や歯科衛生士…

  4. 08c2d95bb0cc9838144562b77128cf54_s

    口と全身の関連

    ココロも歯も解決します!心療歯科という分野

    「心療歯科」という科をご存じでしょうか?歯科診療ではありませんよ。言葉…

  5. fc7d7d9b67e0d2bc14043a31b59b2bd6_s

    ホームケア

    えっ赤ちゃんでも?赤ちゃんの歯ぎしりについて

    赤ちゃんも歯ぎしりをするってご存知でしょうか?ある程度育っている子供で…

  6. 3fe026b7bc3b6f807f25100e665ebb22_s

    デンタルエステ

    前歯の白い模様はなに?気になるホワイトスポット

    ホワイトスポットという言葉を聞いたことはありますか?歯の面にできる白い…

  1. 19d1e6d53a86553cb3f5e8d9a45c9736_s

    口と全身の関連

    お酒とお口の関係
  2. bd517b7c76f5da2370f9f87c70a28f34_s

    その他

    保険診療と保険外診療の違いとは?
  3. ae47467b60bdd3c1b74cf52947c7bfa2_s

    その他

    震災でも負けない!被災地・避難所での口腔ケアのススメ
  4. 100c8992b54b13d8f1634bbcbf9ce317_s

    歯周病

    知っておくべき歯科用語【虫歯歯周病編】
  5. 0c73543dd700697f02b8dd9590805e0f_s

    顎関節症

    顎関節症ってどうして起こるの?
PAGE TOP