4d3f0bea159b483972d4022bed81133c_s

その他

歯科医院で喫煙しているのがバレてしまうのはなぜ?

歯医者さんに健診に行って「タバコは吸っていませんか?」と聞かれたことはありませんか?あのようななにげない質問でも、知らないはずの患者さんの生活をまるで見ていたかのようにズバリ言い当ててしまう事があります。いったいどうして分かるのでしょう?素朴な疑問ですが見分けているポイントがあるのです。そんな歯科スタッフの裏技をご紹介します。

喫煙者には必ず特徴がある

ある一定期間喫煙していた人には、いくつか特徴が表れます。喫煙したことのない人には分からないことかもしれません。しかしプロは見破ってしまうのです!歯科医師や歯科衛生士が喫煙者を見分ける特徴を挙げてみましょう。

歯が黄色い

86e8db129e7189ef9930150e98ab7a2b_s
誰もが知っている喫煙の弊害の一つが、歯の着色やヤニ汚れです。気にして歯磨きしている人ももちろんたくさんいます。しかし歯に本当に気を使っている人なら、とっくにタバコをやめていても良いはず。歯みがきがヘタで歯に着色を残しているような人は喫煙者の確率も高めなのですね。

においがする

2680158f43e13171416f8cad1cad56fb_s
タバコのにおいは独特の煙たさがあります。これはお口だけではありません。洋服や髪をはじめ、皮膚の細かなにおいにもわずかですが存在しています。歯科医療従事者はそもそもにおいに敏感です。口臭で歯周病が分かったり、歯の根の腐敗臭で病巣の進行具合を判断したりもするためです。そして消毒薬のにおいが一日中している病院内で働いていれば、タバコのにおいはとても目立ちます。医院内に入ってきた瞬間に分かってしまうのです。

非喫煙者はあまりタバコのにおいが好きではありません。ゆえに現在は非喫煙者であっても「タバコのにおいがする人=タバコのにおいが平気な人=元喫煙者か現在喫煙中」という仮説も立ちます。喫茶店やパチンコ店のような喫煙OKのお店にいたということもあるでしょう。しかしそういうところにいる人はやはり喫煙者率が高いのです。敏感なプロのお鼻と直感ですぐに見破ってしまうのですね。

肌のキメが粗い

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s
これは意外なポイントかもしれません。歯科衛生士や歯科医師は診療中どうしても患者さんとお顔の距離が近くなってしまいますよね。するとどうしても頬や鼻や唇などの皮膚の状態が目に入ります。この時敏感な人ならば肌の荒れ具合やキメの流れ具合で喫煙者かどうかを見破ってしまうのです。

「そんなにじろじろ見るなんて!」と思うかもしれません。もちろんこのことに気付かない人もいます。しかしタバコが悪影響を与える中に「スモーカーズフェイス」というものがあります。いわゆる老け顔です。喫煙することで急速に老化してしまい、それが顔に出るというものです。女性のほうが顔に出やすいと言われていますので、特に見破られてしまいます。プロの直感と全身を見る力が、タバコの肌に与える影響を見抜いてしまうというわけです。これには恐れ入ります。

雰囲気で分かる

70d8669dba77c8d383445dece66ef372_s
実は歯科業界にも喫煙者がたくさんいます。タバコは口腔内を悪化させ、血管を収縮させることで組織の再生を遅らせる・・・知ってはいてもやはり喫煙者はいます。現在では少なくなりましたが、昔は指先をヤニで染めたヘビースモーカーの歯科医師も見かけたものです。ストレスフルの人ほどタバコを吸っていた現実がありましたので、狭い歯科医院内で働いていると吸いたくなるのかもしれませんね。これはオフィス勤めと変わりはないようです。

このような喫煙者には、同士の喫煙者が分かってしまうものです。理由などはありませんが、なんとなく分かってしまうというところは、どんな業界にもいますね。ストレスフルな人を無意識に見分けているのかもしれません。

まとめ

タバコは体に良くない、タバコは今すぐやめよう、そんなこと喫煙者は重々承知しています。しかしタバコの悪影響よりもどうしてタバコに走ったのかを考えてみるのも、口腔ケアを考える第一歩とは言えないでしょうか?ストレスがあるからという人がほとんどのようですが、そのストレスだって様々な口腔疾患を引き起こします。様々な観点からお口をケアできたら、素晴らしいですね。

関連記事

  1. 3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

    口と全身の関連

    その原因は歯ではない?ストレスで起こるお口のトラブル

    確かに歯が痛いはずなのに、歯医者さんでは「異常なし」と言われてしまった…

  2. 842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_s

    口と全身の関連

    現代の再生医療とは

    再生医療という言葉をご存じでしょうか?『機能障害や機能不全に陥った整体…

  3. 2e839136d5bd5d0c290ded065a9dd796_s

    その他

    21世紀の歯科医療!オーラルヘルスプログラム

    現代人のなりやすい病気を現代病などと言ったりしますが、時代に合うように…

  4. 91501004

    その他

    かまぼこと歯の型取りの共通点とは?

    むし歯治療で詰め物をしたことがある人なら誰でも経験している型取りですが…

  5. f8b7d19d249b0afdf22bc5a1e479da0f_s

    口と全身の関連

    多くの患者が渡り歩く、歯科心身症とは?

    ストレス社会と言われる日本の社会で一生を送る私たちにとって、ストレスと…

  6. a2503930d576f45e173facd7a1fb08b7_s

    その他

    次世代タバコは禁煙になる?歯周病は治る?

    発売されて流星のごとく話題を呼んだタバコ界の救世主、次世代タバコですが…

  1. 3ffc15eba334b5ece60cc6f9bf28b0be_s

    顎関節症

    顎関節症の検査ってどんなことするの?
  2. 0378eb7cdaf2481e8c77fd6e7cb79d98_s

    顎関節症

    顎関節症ってどんな病気?
  3. acd6add68abd4bb9e31029076f12ed6f_s

    インプラント

    骨が足りないと言われたら!骨造成の方法とは
  4. 97de0c8b01df95a823a3f5e8c18fedf0_s

    ホームケア

    知ってる?デンタルフロスの正しい使い方
  5. d24362414037542d1cf49f9bed484795_s

    矯正治療

    差し歯があっても歯列矯正できる?大人の矯正治療
PAGE TOP