681ee0a18bbd2f34ddd1a97f45aee253_s

口と全身の関連

歯科医院で銀歯をおすすめしなくなってきたワケとは?

あなたのお口の中に、今銀歯は入っていますか?いつ入れたものでしょうか。覚えていますか?
最近は歯科医院で銀歯をおすすめしないことが増えてきました。昔からお馴染みで、丈夫で保険もきく銀歯をなぜ今おすすめしないのか?その理由をご紹介します。

銀歯が人体に与える影響

814bc2fa6e56d9d2b04d4b26eb1a531d_s

銀歯は昔からお馴染みの歯科のホテツ治療のひとつですが、最近ではデメリットの方が大きいということが分かってきました。今銀歯がお口に入っているという方はちょっとドキッとするかもしれません。

  1. 金属が溶け出して全身症状の原因に
    銀歯は見た目どおり金属で出来ています。銀歯といっていますが、純銀ではありません。金やパラジウム等数種類の金属が含まれた金銀パラジウム合金です。
    tooth-decay001

    この銀合金は、大変微量ながら唾液の影響で溶け出し、体内に入ってしまっていることが分かったのです。もう銀歯を入れて何年も経っているし、溶けたあとなんかない。とおっしゃる方もいます。もちろん見た目に分からない量です。

    しかし、一般的な金属で人体に無害といわれているのは特定の金やプラチナ、栄養となるミネラル類くらいのもので、それらでさえも適量というものがあります。残念ながら歯科用金属は無害ではないというデータがあるのです。

    銀歯は長い間熱や噛む力の負担などで、微量ではありますが少しずつ溶け出します。お口の中なので、自然と飲み込んでしまいます。これが金属アレルギーの原因となったり、ひどい場合は歩行困難などの神経症状として現れることがあります。

    お口から離れた場所に症状が出るので、歯科でもその他の科でも気付かない事も多いのだそうです。しかし銀歯を外してセラミックに変えてから、かゆみや発疹が治まることがあります。金属は例え歯にぴったりフィットしていてもやはり異物なのです。体が反応してしまいこのような症状が出てしまいます。

    また、このような物質は長年の蓄積によって症状が出る場合があります。入れて2~3年はなんともなかったけどしばらく経ってから発疹が出てきたという場合もあります。時間が経ってしまうと原因の追求をしてもなかなか判明しづらいのが難点ですね。

    原因の分からない体のかゆみ、発疹などの金属アレルギーに似た症状の場合は、一度銀歯を疑ってみると良いでしょう。歯の治療の前にあらかじめ皮膚科や内科で金属アレルギーの検査をしておくのも、治療で後悔しないための良い方法です。

    歯科においては、金属アレルギーの診断書がある場合に限り、特定の歯へのCADCAM冠の保険的用が認められました。保険のルールはその都度変化しています。歯科と相談し、ご自身に合った治療方法を選択しましょう。

  2. 溶け出した金属による変色

    金属が溶け出すことによる影響は、歯茎にもあります。銀歯の周りの歯茎に黒ずんだところはありませんか?金属イオンが溶け出す事で歯茎に触れ、黒い色が付いてしまうのです。これをメタルタトゥーといいます。

    全身症状よりメタルタトゥーに気付くことの方が早いかもしれません。しかしメタルタトゥーがあるということは、確実に金属が溶け出している証拠です。

    銀歯だけでなくインプラントやメタルコアも同じように金属です。同じ症状が出る可能性がありますので、注意して見てみてください。金属ではない材質の補綴物(ほてつぶつ)に変更できるのであれば、変えてしまうことで改善できます。変えてしまえばメタルタトゥーも次第に消えてしまうことがほとんどです。

  3. 金属があるという違和感で全身症状に

    噛む力というものは自分で思っているよりも大変強いものです。天然の歯であれば、年齢を重ねるにつれ次第にすり減っていきます。これは年齢による自然な噛み合わせの変化です。
    77d971db22ff7369153cc6cfe4e7155a_s

    しかし、銀歯は天然歯よりも強度が強く、自然にすり減っていきません。銀歯の周りの歯だけが減っていき、銀歯が残ってしまうので、次第に歯の高さが変わります。歯の高さや形が変わってしまうと、噛み合わせも変わらざるを得ません。この噛み合わせが変化してしまうことで、顎や顔への力のかかりかたが少しずつ変化していってしまいます。

    この変化に無意識のうちに体がストレスを感じます。次第に頭痛やめまい、首の痛みや肩凝りなどの歯の周辺の変化が出てきてしまうのです。

    これは、歯ぎしりをする患者さんが肩こりや背中の痛みを訴えることが多いことで容易に想像できます。噛むという動作は筋肉による動きなので、力のかかりすぎで筋肉が疲労したり張ったりするのは当たり前ですよね。

    噛み合わせが狂うことで顎関節症を招く可能性もあります。頭痛や肩凝り、顎の違和感がずっと続いている場合は一度銀歯をはずす治療も検討してみてはいかがでしょうか。

  4. プラークを引き寄せてしまう
    子供の頃、アルミホイルを噛むと違和感があるといっていたずらに噛んだりしませんでしたか?あれは噛むことで発生する微弱の電流によるものですが、普段でも同じことが起こっている可能性があるのです。それは銀歯が噛み合う時に瞬間的に電位差によって生じる微弱電流です。これはガルバニック電流と呼ばれます。知らず知らずのうちにこの電流がプラークを引き寄せてしまっています。
    decd84932d4556f1b53c7b1e1ce6239c_s

    プラークとはCMなどでも良く耳にする言葉ですが、お口の中の細菌の集まりです。食事のあと歯磨きをしっかりしていても、数時間たてばまたプラークは付着します。ゼロにするのが不可能なので、プラークコントロールが大事なのです。

    細菌数を抑えることで歯周病や虫歯などの口腔内のトラブルを押さえることが出来るのですが、このプラークを発生する電流によって引き寄せてしまっていたらどうでしょうか。この結果が「二次カリエス」という銀歯を入れた後その周辺に出来る虫歯です。治療したところがまた虫歯になってしまうのでこのように呼ばれます。

    つまり銀歯を入れることで、虫歯になりやすくなってしまうのです。せっかく治療していてもこれではもったいないのではないでしょうか?いくらお金や時間をかけても削った歯は戻ってきません。せっかく治療するのであれば後悔したくありませんね。

    このようなリスクを承知のうえで銀歯を入れなければいけないのですが、残念ながら今現在は金属アレルギーでなければ銀歯のみの保険適用なのです。

  5. 何より、見た目が悪い

    銀歯は主に奥歯のホテツ物に使用されますが、銀は暗いお口の中だと色が鈍く光ってしまい、黒っぽく見えます。大きなお口で思いきり笑うと見えてしまいます。印象を大事にする接客業やサービス業に従事している方は気にしたことがあるかもしれません。
    d5c3ec8e084d99ce45c77307f84617aa_s

    歯は見ていないようでいて実はけっこう印象に残っているものなのです。出っ歯の人などはその印象で妙に覚えていたりしませんか?銀歯もそんな印象を持たれているのはあまり嬉しくありませんよね。

    この見た目というものは女性に限らず重要な要素です。ビジネスにおいても印象はコミュニケーションを左右します。歯科の分野は健康と同時に審美性も問われます。交換することに問題がなければセラミック等の白い歯にしてしまっても良いのではないでしょうか。

銀歯は一生モノではない

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s

一度治療をして銀歯をかぶせても、その銀歯は一生モノではありません。歯が自然と磨り減って形が変わっていきますので、その形にまた合わせてかぶせ直すことも検討しなくてはいけないのです。

しかしかぶせた時は歯科ではそのようなアドバイスを受けない人もいます。また、虫歯になりやすくなるから歯磨きやデンタルフロスの使用をより慎重に行い、定期検診を受けるようにと注意されることもなかったかもしれません。

しかし治療は日進月歩です。分からなかった事が研究機関により解明されています。もし定期検診に通っていなければ、まずは久しぶりに歯のお掃除に行ってみてはいかがでしょうか。歯の健康は全身の健康へとつながります。何か違和感があるのであれば、プロに相談してみましょう。もちろん違和感が出る前に訪れ、健康維持に努めるのがベストですね。

関連記事

  1. 857a9d4ad98f4785b7c120b3b0e8220a_s

    歯が痛い

    歯がしみる!もしかして知覚過敏?

    歯がしみる知覚過敏と呼ばれる症状に悩む方も少なくありません。20代の若…

  2. b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_s

    ホームケア

    今日から始める予防歯科!

    予防歯科という言葉が登場してしばらく経ちますが、日本ではまだまだ浸透し…

  3. 2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

    ホームケア

    洗口液と液体歯磨きって違うの?違いを知ってケア上手に!

    ドラッグストアだけでなく、コンビニやスーパーでも販売されているマウスウ…

  4. 14321ad80d5157bb8788f3811ff6a29c_s

    ホームケア

    自分もそうだったかも?歯に関心のないお年頃

    あなたが小学生や中学生のころは歯磨きを真剣に取り組んでいましたか?歯医…

  5. 078c1f05284a057394976db731de5428_s

    口と全身の関連

    怖い!タバコが歯に与える影響

    タバコが体に悪いというのは誰もが知っていますよね。でも具体的に何がどう…

  6. b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

    その他

    注目されている歯の健康

    あなたは2003年に施行された日本国民の健康を作っていく政策を何という…

  1. 4778133d1df00077cbe799947803e551_s

    その他

    震災で起こる思いがけない被害とは
  2. 77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

    歯周病

    もしかして歯周病?歯周病簡単チェック!
  3. 100c8992b54b13d8f1634bbcbf9ce317_s

    歯ぎしり

    知っておくべき歯科用語【歯ならび顎関節編】
  4. 2df82e77a6738faba3024c02c1bdf919_s

    根管治療

    歯の神経を抜かない方が良いのはなぜ?
  5. 70d0930dee5707802c06db66030b8a9d_s

    ホームケア

    虫歯予防はあなたの唾液から!自分でコントロールする虫歯予防
PAGE TOP