a56c41090cf447236956c1afb5edbe08_s

インプラント

歯科治療で伝えるべきお薬とは?

あなたが今何かのお薬を飲んでいる場合、もしかしたら治療を断られてしまうかもしれません。しかしそれはあなたの体が異常だからではありません。ましてやその歯科疾患がかかりつけの歯科医院で治療できないわけでもありません。飲んでいる薬剤が影響するからです。その為に治療を受けられないと困りますので、治療前に服用薬を把握しておきましょう。歯科に伝えるべきお薬をご紹介します。

治療に関わるお薬って?

cd989f59141f833b4eda38b73308aff8_s

歯科治療に関係してくるお薬があります。毎日飲んでいる人は習慣になってしまっていて「これが歯科に関係あるの?」と意外な感じがするかもしれませんね。しかし治療に大きく関わるので把握しておくことが大切です。歯科治療前に最低限伝えて欲しいお薬はこちらです。

  1. 骨粗しょう症の薬
  2. 神経系の薬
  3. 抗凝固薬
  4. 高血圧の薬
  5. アレルギーの薬

ほとんどの人が自分の身体のことを気遣い、病気があればその症状や禁忌を把握しているでしょう。しかし分かっていてもお薬のプロではないので難しい部分もあります。お薬の名前だけでも分かっていれば覚えておきたいものです。上記の5種類のお薬は、歯科の手術を受けると悪化してしまったり、歯科疾患を招いたりする「ちょっとクセモノ」のお薬なのです。どのような影響があるのでしょうか。

1骨粗しょう症のお薬

骨粗しょう症のお薬はビスフォスフォネート製剤と言います。BP製剤とも言われます。BP製剤は骨のお薬なので、歯や歯を支える顎骨にも影響があります。歯科の分野ではとても関連が深く、治療を行うと悪影響も出てきます。たとえばこのお薬を飲んでいてそのまま抜歯や外科治療を受けると、骨壊死を招くことがあります。歯周組織が腫れ、膿が出て痛みも出ます。

骨粗しょう症のお薬は休薬期間が必要となります。お薬の名前はダイドロネル・フォサマックボナロン・アクトネルベネットなどです。他にも注射薬で骨粗しょう症の治療をしている場合もありますので注意しましょう。

2神経系の薬

神経系のお薬は、副作用によってお口の乾燥や違和感、顎関節の痛みを引き起こす作用のものが含まれます。お口の中の症状が多くあり、お口の乾燥などはそれゆえに唾液が減少して歯周病やドライマウスになりやすくなります。

神経系のお薬にはたくさんの種類があります。三環系抗うつ薬のグループにはイミプラミン・アナフラニール・トリプタノールなどがあります。これらはお口の中の乾燥を招く副作用があります。フェノチアジン系抗精神病薬のグループにはクロールプロマジン・レボメプロマジンなどがあります。こちらも唾液の減少があり虫歯や歯周病になりやすくなる可能性があります。ブチロフェノン系抗精神病薬のグループでは、ハロペリドール・スピペロンなどがあります。上記のような症状が出ていてもいなくても、服用している場合は必ず伝えましょう。

3抗凝固薬

b4780bca3b50406e32dd6ebdef1f7805_s
抗凝固薬とは血液をサラサラにするお薬です。血栓を作らないように作用します。つまり血が止まらなくなる可能性がありますので、抜歯などでは要注意です。ワーファリン・プラザキサ・イグザレルトなどがあります。

他にも抗血小板薬としてパナルジン・バイアスピリン・プレタール・エパデール・アンプラーグ・ドルナーなどがあります。冠拡張薬ではペルサンチンが、血管拡張薬ではオパルモンが一般的です。これらの名前のお薬を服用している場合は歯科治療中の出血時に大きく関わりますので治療前に申し出て下さい。

4高血圧の薬

高血圧のお薬を服用している人は年々増加していると言われています。特に歯科治療においても多くみられ、血圧と歯周の関係も深いとされています。高血圧症治療薬にはアムロジン・ノルバスク・アダラートなどのカルシウム拮抗薬のグループと、ニューロタン・ミカルディス・アバプロなどのアンジオテンシン拮抗薬のグループ、カプトリル・レニベース・セタプリルなどのACE阻害薬のグループなどたくさんあります。

他にもテノーミンメインテートケルロングなどのβ遮断薬もあります。これらは血液に関わるお薬です。外科手術などに大きく関わります。麻酔薬ひとつとっても血圧を上げないようなものが必要になります。主治医と相談しながらの治療となりますので早めに伝えておきましょう。

5アレルギーの薬

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s
花粉症の人の多くが服用している抗ヒスタミン剤には、唾液を抑制してしまう作用があります。そのため唾液の作用が得られなくなり口臭が出たり歯周病にかかりやすくなります。アレルギー薬には目薬も含まれていますので、服用とは限りません。アレルギーの薬で喉が渇くと言う人は多くいますので、もしそのような薬を飲んでいるのなら、歯科医院に伝えておきましょ。

お薬手帳は大切です

58a0258a5ccfd46ceb003fd80927be55_s

お薬手帳を持っていますか?もしお薬を飲んでいるのなら、記録しておいた方が良いでしょう。なぜなら、緊急時などにお薬の確認をしなければいけない時があるからです。「自分が飲んでいる薬のことなんだから自分で分かっている」という人もいます。しかし薬には相性があります。薬と治療の相性もあるのです。

「この薬を飲んでいる時はこの治療は無理だなあ」ということになったら、治療が終わるまでに時間もかかってしまいますよね。そうならない為にも治療者に把握してもらうように、手帳に記載しておくよう普段から習慣づけておきましょう。もちろん市販薬も記入します。お薬はなにも飲むものだけとは限りません。どんなお薬が治療に関連してくるか分かりませんので、全てを記載します。目薬なども有効成分が特別なものもありますので、全ての薬剤が書かれていれば理想的ですね。

たかが狭いお口の治療ですが、全身を考えればその一部なのです。そしてお口は身体の中への入り口です。お薬だって全身に作用していますので、歯科治療を行う時は必ずお薬を伝えて下さいね。

関連記事

  1. 100c8992b54b13d8f1634bbcbf9ce317_s

    歯周病

    知っておくべき歯科用語【虫歯歯周病編】

    歯科用語ってあまり聞かないうえにちょっと特殊ですよね。歯科医院で説明さ…

  2. cb45149700d00af0cfd548fce8fbb097_s

    その他

    若返りに効果的!舌回し体操でアンチエイジング

    舌回し体操をご存じですか?「世界一受けたい授業」や「あさイチ」などのテ…

  3. bde07673eb31afc3307ca1940432e617_s

    口臭

    意外とたくさんある口臭の原因

    口臭を気にする人が増えている昨今では、ドラッグストアなどで口臭対策グッ…

  4. f8b7d19d249b0afdf22bc5a1e479da0f_s

    口と全身の関連

    多くの患者が渡り歩く、歯科心身症とは?

    ストレス社会と言われる日本の社会で一生を送る私たちにとって、ストレスと…

  5. teeth_grinding

    口と全身の関連

    全身に症状が出る?歯ぎしりの問題

    歯ぎしりは中年男性に多いようなイメージがありましたが、実は年齢に限らず…

  6. 0270e3b9e2c4bdf040491b51dd2ab798_s

    ホームケア

    きちんと磨けてる?正しい歯磨きの仕方

    毎日なにげなく行っている歯磨きですが、あなたは正しく磨けている自信があ…

  1. 01c08c768e5d21c307a1df22a1680759_s

    子供〜若年

    子供の歯並びは寝かせ方から!
  2. 60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

    矯正治療

    産後に歯列矯正するのがベストな理由とは?
  3. 3fe026b7bc3b6f807f25100e665ebb22_s

    デンタルエステ

    前歯の白い模様はなに?気になるホワイトスポット
  4. 100c8992b54b13d8f1634bbcbf9ce317_s

    インプラント

    知っておくべき歯科用語【治療予防編】
  5. 07c47fd8d6cc0a893a5082c477c785e8_s

    口臭

    飲み物が増える夏に気を付けたい飲み物
PAGE TOP