2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s

歯周病

歯肉炎と歯周病

歯周病も歯肉炎も良く聞く言葉ですね。テレビコマーシャルや雑誌などでもお口のトラブルとして紹介されています。では決定的な違いは何だか知っていますか?聞いたことはあるけれどよく知らない歯肉炎と歯周病についてご紹介します。

歯肉が腫れるのが歯肉炎?

4637e83695bde9147d923495efdcc788_s

まず歯肉炎とはどのような状態か知っていますか?そのままズバリ歯肉の炎症がある状態が歯肉炎です。腫れる原因としては、第一に細菌を体から追い出そうとして起こる防御反応として起こります。プラークと呼ばれる細菌の塊が歯にたくさん溜まり、歯みがきで落とさずにいると、細菌類が歯周組織に侵入してきます。すると身体は細菌と戦うために反応します。これが炎症です。これが歯周病の初期段階で、歯肉炎は歯周病の初期に起こる反応なのです。

しかし歯肉炎はこればかりではありません。歯周病でなくても歯肉炎は起こります。たとえば小学生くらいの小さい子供でも起こる場合があります。例として強く歯ブラシでこすったり歯ぎしりをするなど、歯肉に負担をかけ過ぎている場合です。歯肉炎とは歯周病の前段階だけではなく、歯肉以外の問題で負担がかかった場合でも歯肉に炎症を起こすことがあります。

そして決定的な違いは、セメント質という歯の中の層や歯根膜という根っこを包んでいる部分、歯槽骨という歯を支えている骨にダメージがないことです。この部分にダメージがある場合は歯周病となります。

歯周病とは

0367011002 0367011003

歯周病は、上記に挙げたようにセメント質や歯根膜、そして歯槽骨にダメージがある場合です。歯肉に限らず周囲の組織に影響が及んでいる場合は歯周病となります。原因はプラークなどによる細菌感染です。歯周病菌が感染するとまず歯肉炎を起こします。歯周組織が炎症を起こしていない日本の成人はかなり少ないと言われています。

歯科医院で歯科衛生士に検査されてことがあるでしょうか?歯周ポケットを器具でチクチクする検査です。この検査は歯周ポケットの深さを測っているのですが、歯周病が起こるとこのポケットが深くなり、器具を少し入れただけで血が出てしまいます。歯周ポケットの正常な深さは3mmまでですが、気付かないうちに5mm6mmと広がり、重度の場合10mmを越してしまう場合もあります。歯がグラグラしているなと感じるのはポケットが深くなり歯をしっかり支えられないためです。

0367011004

歯周病が進行してくると、歯槽骨が溶けじわじわ広がっていきます。残念ながら自覚症状がありません。歯周病特有の酸性臭の強い口臭がありますが、他人は気付いても自覚するのは難しいようです。そのまま放っておいてしまうと、歯を支えていた歯槽骨が破壊され溶けていってしまいます。そして歯を支える事が出来なくなるので、痛みもなく歯が抜けるという症状が出てしまうのです。痛みと病気は必ずしもつながるわけではありません。痛くなったら歯科に行くという人がこのような油断をしてしまいます。

痛くもないのに抜かないといけないの?

0ea25d7c2d7dba7767481d8558abafe7_s

歯に異常があったら痛いもの。こう思っている人は多いでしょう。実際に歯科に行くきっかけとして痛みがあるという理由が多くを占めています。しかし痛いという感覚はあくまで個人的なものです。痛みに鈍い人もいます。原因がなくても痛みを感じる人もいます。しかし歯周病は重症化するまで自覚症状のない病気です。痛い=異常ではないのです。

レントゲンで歯槽骨や歯周ポケットを観察すると、歯周病はすぐに分かります。骨が溶けてなくなってしまうので、レントゲンに写っていないのです。見た目で歯肉に変化がなくても、体内では確実に変化しています。痛みや違和感などの感覚ではなく、客観定な検査が必要なのです。

この検査は個人では絶対に出来ません。だから定期的に歯科医院へ行くのです。医療分野で予防のために行ける科は少ないでしょう。風邪予防のために内科に行くことはありません。しかし歯周病予防のために歯科に行くのは有効で推奨されています。他の科とは違って原因もはっきりしており、予防できる病気なのです。これはしない手はありませんね。

「痛くもないのに抜かないといけないの?」
歯周病が重症化した患者さんでこのように言う人がいます。たまたま歯科に来て検査をし、レントゲンを見てやっと自覚したのです。ですが時すでに遅く、歯周組織はもう限界でした。歯を抜かなければ周囲の組織に広がってしまうため、抜かないといけないのです。痛くもないのに、というのは歯周病を知らなかったということです。日本は先進国ですが、歯科の知識があまりにない人が多いのが現状です。

このようなことにならないためにも、歯周病予防を今すぐ行ってください。歯ブラシや歯磨き剤にこだわるより、歯ブラシテクニックを身につけましょう。物に頼るのではなく、自分のそれぞれの歯にあった清掃の仕方が必要なのです。だから歯ブラシだけとは限りません。フロスやワンタフトブラシを使うのが普通なのです。道具は腕をフォローしてくれます。ぜひ使いこなして予防してください。

まとめ

いかがでしたか。歯肉炎とは子供でもなることはありますが、大人の場合歯周病を疑ってみることが必要です。自己流ではなく正しい知識があなたを助けます。ぜひ一度歯科医院で歯ブラシの指導を受けましょう。完璧な歯磨きを出来る人はいません。時々チェックしてもらうのが大事ですよ。

関連記事

  1. a840f9326b191757bb8b0dfabcc5fa4b_s

    虫歯

    治療するとまた虫歯ができるループ

    「あんなに治療に通ったのに、また虫歯が出来てしまった」こんな話を聞いた…

  2. 4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s

    虫歯

    先生の説明が分かるようになる!歯の構造を知ろう

    歯科医院に定期検査に行って検査の時に、「3番シーワン」「5番まる」など…

  3. fb28a4f3d99b95de811c3c10f5277c11_s

    ホームケア

    キシリトールについて知りたい

    CMなどでお馴染みのキシリトール。虫歯予防に良いっていうのは知っている…

  4. c94eca710a178d99446d34222e592639_s

    歯茎

    過剰歯ってなに?子供にもあるの?

    過剰歯(かじょうし)という言葉をご存じでしょうか?お子さんや自分になけ…

  5. f8b7d19d249b0afdf22bc5a1e479da0f_s

    口と全身の関連

    多くの患者が渡り歩く、歯科心身症とは?

    ストレス社会と言われる日本の社会で一生を送る私たちにとって、ストレスと…

  6. da59755e7d0f6ff22b714be3c433f386_s

    ホームケア

    フッ素はあなたの強い味方!フッ素で効果的な虫歯予防を

    今や市販の歯磨き粉ならほとんどに含まれているのが、フッ素という成分。…

  1. c98d0da9c796a6851e79e2da003ca40e_s

    口と全身の関連

    産まれる前にしっかり予習!妊娠中から始めるお口のケア
  2. 5f346413f690795352acda674cb65d16_s

    その他

    健康カプセル!ゲンキの時間でも話題!歯周病とセンテナリアンの関係
  3. 68c5572bd2fb85f939a0e9e86e383980_s

    その他

    昔から祀られている日本の歯の神様
  4. 1bccf8aa2d8a9d4c528b79a7013abe1b_s

    その他

    こんな歯科医院は問題外!ナイナイ尽くしの歯科医院
  5. 7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s

    その他

    花粉症なら要注意!副鼻腔炎と歯の関係
PAGE TOP