c98d0da9c796a6851e79e2da003ca40e_s

口と全身の関連

産まれる前にしっかり予習!妊娠中から始めるお口のケア

現在妊娠中の方、まだ子供はいないけどいずれ産みたいと考えている方、男性でもお子さんを持ちたいとお考えの方にはゼヒ知ってほしいことがあります。それはお口の健康と赤ちゃんのことです。妊娠や出産で虫歯や歯周病のリスクが高まります。お父さんお母さん二人で上手にケアして、赤ちゃんを迎えてあげましょう。安心して産むための妊娠中のお口の健康についてご紹介します。

妊娠時から始めるお口のケア

1aee810e5c619235f036bcbb58bb9dff_s

初めての妊娠では分からないことも多く、ご自身の体調を整えるのに気を遣っているかと思います。そこで見落としてしまいがちなのが、お口の健康です。妊娠中には何かしらお口の様子が変わってきます。ご自身で感じるところも多いでしょう。以下がその例です。

  • 気分が悪くなりやすいので歯磨きするのが嫌。難しい。
  • 食事を数回に分けて取るので、歯が汚れている感じやプラークが溜まっている感じがする。
  • 冷たい物や熱い物がしみやすくなる。
  • 歯や歯茎が痛むことがある。
  • お口の中がなんとなくネバネバする。
  • 歯茎から出血する。腫れている感じがする。

歯周病の原因である細菌は、妊娠中の女性ホルモンの増加で繁殖しやすくなっています。妊娠をきっかけに歯周病になりやすい身体に変化するのです。また、妊娠中は唾液の粘性が高まりお口がネバネバしやすくなります。今までサラリとしていたお口の中が流れなくなり、唾液の自浄作用が働きにくくなるので、お口の中全体に細菌が増えてきます。そのせいで歯茎が炎症を起こしやすくなり出血しやすくなってしまいます。

また、食欲の低下や気持ち悪さで食事がうまく取れない時が出てきます。数回に分けるとその分だけ唾液が酸性に傾き、脱灰の回数が増えてしまいます。よって虫歯にもなりやすい環境となります。

妊娠中の歯ブラシ

e94dcdc9c23560f772a95bd0bd075546_s

つわりの時は歯ブラシがうまくできない方が多くいます。「おえっ」となって気分が悪くなってしまいます。対策として、より小さいヘッドの歯ブラシを選ぶと良いでしょう。なるべく食べた直後に磨くようにし、何度も分けて食べる場合はその都度磨くのが理想です。気分が悪くて何度も磨けない場合は、殺菌作用のある洗口剤でぶくぶくうがいをしておきましょう。歯ブラシもうがいも苦しい時があるかもしれませんが、なるべく菌を減らすよう頑張ってみて下さい。

妊娠中は食べ物の好みが変わりやすくなります。甘い物や酸性のものにハマってしまうと余計に虫歯になりやすくなってしまいます。なるべくだらだら連続で食べないようにするのも歯を守る大事な習慣です。

妊婦の歯科検診

25eb765b17888d8ce3824b115d8abc6e_s

妊娠中の歯の治療は大変です。横になるのも苦しい時がありますし、口の中に器具を入れると気分が悪くなるかもしれません。早めの妊婦歯科健診で、リスクの高い妊娠期を安全に乗り越えましょう。虫歯や歯周病の初期症状は自分ではなかなか気づきにくいものです。つわりがおさまってくる5か月前後あたりから歯科検診を受け始め、体調の安定した時に必要な治療をしておきましょう。

妊娠中の歯科治療の注意点
  • 受診する時は歯科に申し出ましょう
    歯科治療を受ける際は、妊娠していることを必ず歯科医院に申し出て下さい。受付で母子手帳を提示しましょう。産婦人科の検診で注意されたことは必ず歯科医院に伝えて下さい。楽な姿勢があればそれを伝え、苦しくないように治療してもらいます。気分が悪い時は我慢せず伝えましょう。
  • レントゲン撮影について
    歯科医院で使われているレントゲン撮影用の放射線は、量が大変少ないものです。一度に百回以上連続撮影しても体調に影響がないものもたくさんあります。しかし胎児に影響がないか心配するのはお母さんとして当然のことです。遠慮せずその旨を伝えましょう。患者さん用の防護エプロンを着用しますので、安心して下さい。レントゲン撮影をかたくなに拒否して治療が長引くと、長引いた分お口の中には細菌が居座っていることになります。そちらのほうがかなりのリスクです。心配事は歯科のスタッフに相談し、納得のうえで安心して撮影できるのが一番です。
  • 麻酔を使用した治療について
    麻酔の使用も胎児に影響がないか心配なもののひとつではないでしょうか。しかし歯科で使用する麻酔薬はごく少量です。局所のため退治には影響がありません。麻酔で具合が悪くなった経験がある場合は、アレルギー等の別の原因も疑ってみましょう。治療にはストレスがかかる場合がありますが、麻酔の心配もストレスとなります。そして痛みを我慢することも大きなストレスです。ストレスを我慢しているほうが妊娠中は良くありません。心配があれば医院に伝え、しっかり説明を受けましょう。痛みは我慢してストレスにせず、適度に麻酔を使った方が楽に治療を受けることができます。
  • 治療期間中の薬について
    治療内容によっては薬を出される場合があります。しかし薬も胎児への影響が気になるところです。歯科医院は薬の種類を普段と変え、妊娠中でも影響のないものを選んで処方します。それでも気になって不安になる場合や産婦人科から注意を受けている場合はこの限りではありません。きちんと申し出て問題ないか相談してみましょう。
  • お父さんの口腔ケアも
    赤ちゃんのお母さんだけでなく、お父さんや兄弟など家族全員のケアをしましょう。虫歯や歯周病は細菌感染で起こります。赤ちゃんは細菌がいない状態で生まれてきますので、簡単に感染してしまうのです。歯ブラシが近くにあっただけで細菌が移ってしまいますので、歯ブラシの消毒をする習慣をつけると良いでしょう。なにより家族全員の細菌数を減らし、感染予防に努めるよう家族みんなで頑張りましょう。

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s

まとめ

歯と赤ちゃんに関して、昔から様々ないわれがあります。たとえば「赤ちゃんにカルシウムを取られるから産んだ後は歯が悪くなる」などです。しかし一度しっかり作られたお母さんの歯は、そこから特定の成分だけなくなることはありません。そして歯はカルシウムだけで出来ているわけでもありません。これはお口のケアや栄養状態が極端に悪いと歯がぼろぼろになるため言われているだけなのです。不安な気持ちでお腹の赤ちゃんに影響があっては困りますので、心配しなくて良いよう早めのケアを心掛けましょう。

関連記事

  1. d8482036c5cc972c3ba515ce53dd19d2_s

    ホームケア

    入れ歯安定剤って本当は必要ないの?入れ歯安定剤について知ろう

    テレビのCMでもおなじみの、良く目にする入れ歯の安定剤ですが、入れ歯を…

  2. 0eea40d3169b163b073eb7d9905eaa5b_s

    口と全身の関連

    歯ぎしりしてるよって言われた!歯ぎしりの検査と治療

    歯ぎしりは睡眠中に無意識でしてしまうことが多いため、一人暮らしの人はな…

  3. f8b7d19d249b0afdf22bc5a1e479da0f_s

    口と全身の関連

    多くの患者が渡り歩く、歯科心身症とは?

    ストレス社会と言われる日本の社会で一生を送る私たちにとって、ストレスと…

  4. teeth_grinding

    口と全身の関連

    全身に症状が出る?歯ぎしりの問題

    歯ぎしりは中年男性に多いようなイメージがありましたが、実は年齢に限らず…

  5. b7e883aecd6b5cadecccf6b1509b0b0b_s

    歯が痛い

    気になる知覚過敏の治療法

    知覚過敏の原因とは?知覚過敏とは、正しくは象牙質知覚過敏症…

  6. 6176f824da792afd7b95c52a55c14798_s

    口と全身の関連

    卵かけご飯を美味しく食べるための歯の話

    あなたは卵かけご飯が好きですか?日本人なら炊き立ての白米の上に落とす卵…

  1. 5f346413f690795352acda674cb65d16_s

    その他

    健康カプセル!ゲンキの時間でも話題!歯周病とセンテナリアンの関係
  2. 90a8c31b2059157a30c12d889aca5592_s

    その他

    歯ブラシっていつからあるの?
  3. f55e9fb993b8b72d3f4c084ec8f132a8_s

    ホームケア

    ブレスケアしていますか?たくさんある口臭の原因を知ろう
  4. 61f6d29013a5b6aee384f6531a9532bf_s

    その他

    歯を磨かない人がいるって本当?
  5. 0eea40d3169b163b073eb7d9905eaa5b_s

    口と全身の関連

    歯ぎしりしてるよって言われた!歯ぎしりの検査と治療
PAGE TOP