97de0c8b01df95a823a3f5e8c18fedf0_s

ホームケア

知ってる?デンタルフロスの正しい使い方

あなたは歯ブラシ以外の清掃用品を何か使用していますか?めんどうだから歯ブラシ1本だけという方もまだまだ多い中、歯周病患者が多いのも事実です。歯ブラシにこのフロスを足すだけで、歯茎の引き締まりが違ってきますよ。
また、フロスを正しく使えてない人もけっこう多いはず。歯科医院でも指導してくれますが、簡単なのでマスターしましょう。デンタルフロスについてご紹介します。

どうしてフロスを使うの?

簡単に言えば、歯ブラシだけではプラークが取りきれていないから補助的に使うのです。プラークとは歯垢のことですが、プラークにはたくさんの細菌が含まれており、この細菌が感染して歯周病や虫歯を起こすのです。

せっかく歯磨きしても目的の虫歯予防ができていなかったらもったいない!これが「毎日毎食後にしっかり歯磨きしてるのにどうして虫歯になったんだろう」ということになるわけです。自分は歯ブラシテクに自信がある!と思っていても、歯ブラシはそもそも届く範囲が限られているのです。もちろんデンタルフロスも限られています。だから得意なところをお互い補い合っていけばいいのですね。

歯ブラシのみの使用では、プラーク全体の60%程度しか落とせないというデータがあります。これにデンタルフロスを加えると、約80%まで落とすことが出来るそうです。デンタルフロスを使って、歯ブラシの苦手な歯と歯の間や、細かな歯面の食べかすを除去しましょう。

デンタルフロスの使い方

持ち方

まず持ち方です。知らない人も多く、なかなか最初は慣れにくいので、ゆっくりやっていきましょう。

0767021001
フロスを40センチ程度にカットします。長めのほうがおすすめです。

 

 

0767021002

フロスの片側を左手の中指に3回くらい巻き付けます。

 

 

0767021003同様に、右手の中指にも巻き付けます。両手を広げた時糸の間隔が10センチから15センチ程度になるように右手の中指にも巻き付けます。フロスは右手の巻きのほうが多くなります。

 

0767021004

 

親指と人差し指で糸をつまんでピンと張りましょう。これが基本の持ち方です。

次の歯へ移る時

0767021010

右に多く巻いたのには理由があります。フロスの使用した部分を右から左へ移し、新しいフロスを右からどんどん出すためです。使った部分には細菌がたくさん付いています。きれいな口へ菌を戻さないために、使用した部分を左で巻き取りながら行います。

部分によって持ち方はそれぞれ
上の奥歯

上の奥歯

下の前歯

下の前歯

上の前歯

上の前歯

 

 

 

 

上の歯、下の歯の前歯は見えますので、比較的簡単です。フロスを人差し指に引っ掛けて歯と直角に前後させスライドします。奥歯は見えにくく指も入れにくい狭いところなので、無理は禁物です。人差し指の先端を揃えて下向きに持ち、フロスが浮いてくるのを抑えるようにしてスライドさせます。

差し込んだらゆっくりスライドさせる

0767021009

フロスを差し込んだら、歯の面に沿ってピンと張らせ、歯周ポケットの中の入るところまで引き下げて、指で細かく前後させます。正しい使い方で出血した場合は、元々歯茎が腫れていて溜まっていた血液が出ただけなので心配ありません。血が出るとびっくりしますが、うっ血していた血液がなくなればやがて歯茎は引き締まってきます。

フロスの引き抜き方

フロスは、歯と歯の隙間がある歯の付け根部分でゆるくなります。そこに一旦引き下げ、片方の手のフロスを外し、もう片方の手でゆっくり引くと歯の隙間からしゅるっと出てきます。フロスに付いた汚れを歯の隙間に戻さないよう、この方法で抜くのが良いでしょう。

注意しましょう

初めて使用する時は、歯と歯の隙間に無理矢理真下に入れようとする事が多いですが、これは良くありません。デンタルフロスは細い糸がより集まって出来ていますので、より集まっている糸の一部が解けて一部が取り残され引っ掛かってしまうこともあります。差し込む時はなるべくスライドさせながら入れましょう。出血するほど力強く入れてしまっては傷つけてしまいます。

2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

フロスが終了したら、歯と歯の隙間の菌がお口の中に出てきています。薬用の洗口剤などでしっかりぶくぶくうがいをしましょう。フロスの後は歯周ポケットや歯の隙間にゴミがなくなりすっきりした状態です。そこにしっかり薬剤を行き渡らせるようにしてください。
これで完璧ですね。

終わりに

フロスの誤った使い方で歯茎を傷つけてしまうと、腫れたり出血したりという症状が出ることがあります。その傷にさらに菌が入り込み菌血症になっては困りますので、早めに歯科医院で相談しましょう。

また、歯と歯の間に虫歯がある場合は、フロスがひっかることが多いです。もし「この歯だけ引っ掛かるな」という場合は虫歯のチェックをしてもらいましょう。

家庭で出来るケアはたくさんあります!歯科医院に通いたくない人ほどしっかりお手入れをし、予防に努めましょう。

関連記事

  1. 9d9a9abb7bfc176b20587a1e6a8a431c_s

    ホワイトニング

    歯磨き剤の成分をみてみよう

    色んな成分で作られている歯磨き剤ですが、具体的にどんなものが入っている…

  2. 857a9d4ad98f4785b7c120b3b0e8220a_s

    歯が痛い

    歯がしみる!もしかして知覚過敏?

    歯がしみる知覚過敏と呼ばれる症状に悩む方も少なくありません。20代の若…

  3. 0f58e5565f88afd313f3328afd946d1e_s

    虫歯

    歯も移植出来る!歯牙の再植・移植の方法

    移植と聞いてまず初めに思い浮かぶのは、臓器移植のような大手術ではないで…

  4. 61f6d29013a5b6aee384f6531a9532bf_s

    その他

    歯を磨かない人がいるって本当?

    衝撃的な事実ですが、世の中には歯を磨かない人がいます。ずっと何日も何週…

  5. ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s

    口と全身の関連

    まさか虫歯が顔に広がる?上顎洞炎について

    上顎洞という身体の部分を知っていますか?あまり聞いたことのない言葉です…

  6. 823898f3b00857641b3538242ab884d3_s

    ホームケア

    仕上げみがきが初めてのパパ・ママへ

    仕上げ磨きは、子供のいるほとんどの家庭で行われています。日本の対象の家…

  1. 1bccf8aa2d8a9d4c528b79a7013abe1b_s

    その他

    こんな歯科医院は問題外!ナイナイ尽くしの歯科医院
  2. 842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_s

    口と全身の関連

    現代の再生医療とは
  3. ret_woman05

    矯正治療

    人から見えない裏側矯正
  4. 90a8c31b2059157a30c12d889aca5592_s

    その他

    歯ブラシっていつからあるの?
  5. fb9e338a1301985575559d22c64b2a83_s

    デンタルエステ

    どうして白くなるの?ホワイトニングの原理とは
PAGE TOP