43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s

子供〜若年

離乳期からの虫歯予防

あなたは子供の虫歯予防をいつから行っていましたか?早くても乳歯が生えそろってから考えるからまだいい。そう思っているあなたは見落としているかもしれません。ミルクや哺乳瓶が虫歯と関係あると知っていましたか?哺乳瓶から虫歯対策を考えていきましょう。

哺乳瓶は早く卒業したほうがいい

fdbc18d4656cc9886ff840a4fc9c64e7_s

哺乳瓶から虫歯を考えるとはどういうことなのでしょうか。まず哺乳瓶でミルクを飲む赤ちゃんはどんな状況でしょう。哺乳瓶を卒業した方が良い理由は「くわえ続けると出っ歯になるから」「受け口になるクセがつくから」などかみ合わせのクセがつかないように哺乳瓶を卒業した方が良いと言われますが、もう一つ理由があります。それは虫歯になりやすいからというものです。

哺乳瓶の乳首はミルクが付着しており、くわえたままでいれば歯にずっとミルクが付着していることになります。さらに哺乳瓶でミルクを飲んでいる最中でも、乳首をくわえたまま眠ってしまうことがあります。細菌が少なく、時間に関係なくミルクを飲む赤ちゃんは虫歯菌の格好の餌食となってしまいます。

このような哺乳瓶が原因で起こる虫歯を哺乳瓶虫歯と言います。ボトルカリエスも同じ意味で使われます。ボトルカリエスには他にも原因があります。たとえば、歯が生え始めてから哺乳瓶やドリンクボトルのマグマグでミルク以外の飲み物を飲ませている場合、糖分の入った飲み物であることにも原因があります。

赤ちゃんは甘いものが大好きです。ミルクも母乳もほんのり甘いものなのです。しかしスポーツイオン飲料や果汁ジュースなど、ミルク以外の甘い飲み物を与えてしまう母親が大変多くいます。これは赤ちゃんが喜ぶからです。甘いものが美味しいから喜ぶ、喜ぶと嬉しくて母親は与える、母親の喜ぶ姿を見て赤ちゃんも飲む、これを繰り返してついつい与えすぎてしまいます。野菜スープも含まれます。赤ちゃんにとって必要不可欠な食べ物ではありませんが、用品メーカーや食品メーカーなどが雑誌やテレビで当たり前のように発信している影響でもう当たり前のようになってしまっています。

イオン飲料は脱水防止のために勧められることもあるようですが、糖濃度はかなりのものです。このリスクを分かって与えているのならば良いのですが、知っていなければ虫歯になる原因を作っていくようなものです。母親からの感染率が高いことから、非常にリスキーな要因と考えられます。

虫歯と甘いものの関係

48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_s

今さらのようですが、甘いものと虫歯の関係を知っていますか?甘いものを食べたり飲んだりすると虫歯になるのは当たり前、そう思いますよね。ですがこれは甘いものの何がダメなのか知る必要があります。

子供が虫歯になる条件が、まず砂糖の量です。これが一番の原因と言えます。虫歯が広範囲で重症であるほど、砂糖の摂取量が多いのです。特に飲み物による砂糖の摂取が多い子供ほど重症化しています。虫歯のない子供、もしくは軽度の子供は飲み物からは砂糖を摂っていません。飲み物というものは一度にたくさん摂取してしまいがちです。飲み物に気を遣うだけで虫歯リスクは一気に減らせます。

そして食べ物による酸に歯を長い時間晒されているかも関係してきます。だらだら食いも悪い影響があります。砂糖の入ったガムやアメもそうです。時間と量を決めて与えるのが最適な方法です。そしてすぐに酸を洗い流すために歯磨きの習慣をつける事も大切です。

出来ることから対策しよう

804b0f7ddef46f0d975ef9ab0a794fcb_s

まず赤ちゃんの歯が生えてきたら、哺乳瓶からコップへ早めに移行していきましょう。寝る前の甘い飲み物は寝ている間に歯が酸に晒される危険が最も高いので、寝る前にどうしても飲むのならミルクや飲料でなくお茶や白湯などにしておきましょう。

そして子供を専門としている歯科医院で定期健診を受けましょう。専門でなくても良いのですが、専門医のほうがより詳しく子供のリスクを教えてくれるでしょう。乳歯の虫歯は永久歯にも影響を与えますので、どうせ抜けるからと楽観視しないようにしましょう。親である人にしか子供の虫歯は救えません。食事やおやつ、歯のケアもきちんと管理してあげましょう。

関連記事

  1. 5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s

    その他

    虫歯が半分以下になる?水道水フロリデーション

    水道水フロリデーションという言葉を聞いたことがあるでしょうか。普段はあ…

  2. d58e7d794780ee0defde2633d751307f_s

    ホームケア

    歯みがきという毎日自分でできる治療

    歯みがきを好きな人も嫌いな人もいるでしょう。歯みがきはただのルーティン…

  3. b7e883aecd6b5cadecccf6b1509b0b0b_s

    歯が痛い

    気になる知覚過敏の治療法

    知覚過敏の原因とは?知覚過敏とは、正しくは象牙質知覚過敏症…

  4. c45d3872a9a34e20cd5636f4b14b62b4_s

    口と全身の関連

    金属アレルギーに!保険適用の白い歯CAD/CAM冠とは

    歯科医院に通っている人なら「保健で白い歯が入れられます」というポスター…

  5. 01c08c768e5d21c307a1df22a1680759_s

    子供〜若年

    子供の歯並びは寝かせ方から!

    子供を寝かせる時、何に気を付けるでしょうか。何か害になるようなものをそ…

  6. cc8d00f4f0f6da93d2b2bb0e91f5bdfd_s

    その他

    どうして歯科は何日も通院しないといけないの?

    「歯医者さんは行きだすと終わらないから嫌だ」と思った事ありませんか?確…

  1. 60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

    矯正治療

    産後に歯列矯正するのがベストな理由とは?
  2. 58a2191d0415918b366092e6e41b26c0_s

    ホームケア

    本当に正しい?歯ブラシの基本を知ろう
  3. f55e9fb993b8b72d3f4c084ec8f132a8_s

    ホームケア

    ブレスケアしていますか?たくさんある口臭の原因を知ろう
  4. f8b7d19d249b0afdf22bc5a1e479da0f_s

    口と全身の関連

    多くの患者が渡り歩く、歯科心身症とは?
  5. 7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s

    その他

    花粉症なら要注意!副鼻腔炎と歯の関係
PAGE TOP