ae47467b60bdd3c1b74cf52947c7bfa2_s

その他

震災でも負けない!被災地・避難所での口腔ケアのススメ

あなたは大規模な震災に見舞われたことがありますか?近年水害や地震などたくさんの災害が日本を襲っています。なかなか予測が出来ず、また見舞われても簡単に住み慣れた場所を離れることは出来ません。そんな被災地で貼られているポスターと共に、被災中の口腔ケアについてご紹介します。

被災中の口腔ケアは重要

09e462b5a49becf4d576c1561b844468_s

震災の混乱の中、着の身着のままで避難している人へ「お口の中のお手入れをしましょう」と言うとハタから見ている人は「この大変な中何を言っているのだ」と思ってしまうかもしれません。しかし被災中における口腔ケアがかなり重要だということを、厚生労働省や日本歯科医師会をはじめたくさんの関連団体が呼びかけています。

二次災害というと「地震で倒壊した建物があとから崩れてきて怪我をした」などのように二次的な身体への外傷のようにとられがちです。しかしそれだけではないのです。被災中に避難所にいる場合、慣れない未完成な環境による病気も問題となります。

たとえば、空調の未完成な大部屋にたくさんの人が避難していたら、風邪やインフルエンザなどのウイルスが蔓延してしまうかもしれません。普段よりも大きく偏りがちな避難所での食事は、塩分の極端な取り過ぎやビタミン・ミネラルの減少などにより体力の低下を招きます。

そして、食べる事でも呼吸をすることでも絶え間なく使っている口腔内が、普段の清潔さを保てずに体内に細菌類を侵入させてしまう可能性があるのです。

ポスターから学ぶ災害時のケア

日本歯科医師会が配布している、避難所用のポスターをご紹介しましょう。

poster_jda

https://www.jda.or.jp/news/pdf/poster_jda.pdf

こちらのポスターには、震災間もない時期の水が少ない時の対処法が書かれています。赤い部分にもあるとおり、口腔ケアは肺炎対策なのです。そして一番重要なのは一番上に書かれている「あなたの命を守ります」です。口腔ケアをしないことで命に関わる事態に繋がるのです。

肺炎とは、日本人の死因第1位。もうお分かりでしょう。肺炎を未然に防げなければ他の病気も招き、回復が難しくなってしまうのです。これに一番弱いのは、他ならぬお年寄りです。お年寄りの何十年にもわたる人生経験でも知り得なかった大災害という異常事態が、パニックに陥った非日常の間に二次的な災害として病気を運んでくるのです。

poster_jda3

https://www.jda.or.jp/news/pdf/poster_kounaikenkou.pdf

お年寄りの命を守るためのこんなポスターもあります。より具体的な口腔ケアの方法が書かれていますね。お年寄りは「水が足りないから飲まないでおこう」「トイレが止まっているから行かないように水は飲まないでおこう」と言って脱水になる方が大変多いのです。同じ状況でも若い人と比べると色々なことに耐性がありません。脱水になる時間も早いのです。

この2つのポスターは、水のある場合と水のない場合で書かれていることが違います。そしてはっきりと「誤嚥性肺炎に注意」と書かれていますね。唾液が少なく、さらに入れ歯などを入れている人が多いお年寄りの年代には、口腔ケアにより命をつなぐことが必要となってきます。

子供たちの口腔ケアも重要

0c66c9b4f6affa16913661a3b350e035_s

被災地の避難所で口腔ケアが重要なのは、子供たちも同じことです。子供たちは唾液が多いのでお年寄りのような唾液リスクは少ないと言えます。しかしストレスを回避するために配られたキャンディやお菓子をだらだらと食べ続けてしまう可能性があるのです。

だらだら食べ続ける事で歯が常に酸にさらされ、脱灰が進んでしまいます。口腔ケアが一人で出来ない子供は、酸にさらされ続ける事で虫歯になってしまいます。さらに虫歯菌が感染し、一家で感染リスクが高まってしまうのです。

poster_kodomo

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10600000-Daijinkanboukouseikagakuka/kodomo.pdf

このポスターは厚生労働省が配布しているものです。キシリトール入りのガムを噛むことや、だらだら食べないことが書かれています。感受性が強く経験の少ない子供たちにとって、震災は心に傷を負う程の経験です。被災中はストレスにさらされています。だからこそ口腔ケアを行いその体を守ってあげなければいけません。周囲の大人の気遣いが必要です。

各メーカーも呼びかける震災時のお役立ちアイテム

poster_oral

https://www.jda.or.jp/news/pdf/poster_oral.pdf

キシリトール入りガムを販売しているような菓子メーカーも、このポスター作りに一役買っています。サンスターがその例です。テレビコマーシャルでも呼びかけを行っていますので、見たことがある方もいるでしょう。

このようなメーカーが出しているデンタルリンスやキシリトール入りガムは、被災時の口腔ケアに大変役に立ちます。普段はガムがキライだったり歯磨きも歯ブラシしか使わない人がたくさんいるでしょう。しかし非常時の口腔ケアでは同じことが出来ません。時間と共に増えてきてしまう虫歯菌や歯周病菌の対策として、非常持ち出し袋の中にデンタルリンスやガムを入れておいてください。

もちろん消毒薬やウェットティッシュも大事です。体に関するものとして同じくらい重要なのです。お口の手入れは、時に命に関わるものなのだということを覚えていてください。

ご紹介したポスターはこちらからダウンロードできます。ぜひ合わせて御覧ください。

日本歯科医師会ホームページ https://www.jda.or.jp/news/earthquake.html

関連記事

  1. 08c2d95bb0cc9838144562b77128cf54_s

    口と全身の関連

    ココロも歯も解決します!心療歯科という分野

    「心療歯科」という科をご存じでしょうか?歯科診療ではありませんよ。言葉…

  2. 07c47fd8d6cc0a893a5082c477c785e8_s

    口臭

    飲み物が増える夏に気を付けたい飲み物

    暑くなってくると、カフェでついつい頼んでしまうのがアイスコーヒーやアイ…

  3. 6d1c55fe83323dfc751e84fed3e1c96f_s

    入れ歯

    早食いはやっぱり良くないの?

    子供の頃に「しっかり噛んで食べなさい」とか「良く噛むと身体にもいい」と…

  4. b15f32f6d1e40cfe5c21729c9a85d816_s

    歯周病

    デンタルフロスの正しい使い方知ってる?

    あなたはデンタルフロスを使ったことがありますか?また現在も使っているで…

  5. 2e839136d5bd5d0c290ded065a9dd796_s

    その他

    21世紀の歯科医療!オーラルヘルスプログラム

    現代人のなりやすい病気を現代病などと言ったりしますが、時代に合うように…

  6. 6959466efc37cb0561f7dd47e1840e49_s

    口と全身の関連

    歯科で生活習慣を改善しましょうと言われる理由

    歯を治しに行って「食事を改善していきましょう」と言われると、少し違和感…

  1. 97de0c8b01df95a823a3f5e8c18fedf0_s

    ホームケア

    知ってる?デンタルフロスの正しい使い方
  2. 3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

    口と全身の関連

    その原因は歯ではない?ストレスで起こるお口のトラブル
  3. a840f9326b191757bb8b0dfabcc5fa4b_s

    根管治療

    根っこの治療って何をしているの?根管治療を知ろう
  4. 1f98b8e7e6e54a206a7805ab741305e1_s

    その他

    歯科にもある!セカンドオピニオン
  5. 8a56796d8c404cd4c77bdc03ffa2a48f_s

    ホームケア

    飲み物と歯の関係
PAGE TOP