2e839136d5bd5d0c290ded065a9dd796_s

その他

21世紀の歯科医療!オーラルヘルスプログラム

現代人のなりやすい病気を現代病などと言ったりしますが、時代に合うように国や世界規模の団体が健康や治療に関する方針を打ち出していることを知っていますか?その中でも誰もが知っている団体がWHO世界保健機関です。2003年に提言した国際的な健康指針を元に政策が動いています。WHOのオーラルヘルスプログラムについてご紹介します。

オーラルヘルスプログラムとは?

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

2003年にWHOが国際オーラルヘルスプログラムを提言しました。この内容を政策基盤にして口腔保健の国際的な目標が提示されました。これにはWHOだけでなく、FDIと呼ばれる国際歯科連盟やIADRと呼ばれる国際歯科研究学会も関り、共同作業として出されています。

国は国民の健康を守るために行政やその他のコミュニティに保険政策を提供します。「こういう風に国民の健康を守っていきなさい」というような目標ややり方です。この保健政策の中のお口の健康の目標のモトとなるのがこのオーラルヘルスプログラムです。オーラルヘルスプログラムの政策基盤は以下のような内容です。

  • 口腔の健康は全身の健康に結合され、また全身の健康にとって重要なものである。
  • 口腔の健康はQOLの決定要因である。
  • 口腔の健康と全身の健康の関連性は明らかである。
  • 適切な口腔ケアが早期死亡のリスクを減少させる。
  • 口腔疾患と全身疾患に共通するリスクファクターがある。
  • う蝕だけを強調するのではなく、歯周組織の健康、口腔粘膜病変、口腔前癌病変、口腔癌、顎顔面部の外傷、疼痛、口腔保健に関連したQOLなど、他の重要な口腔疾患にも焦点を当てた新しい口腔目標が必要である。
    http://www.mi21.net/qol/qol/oral_health_program.html

このプログラムには期限のような数値は設けられていません。あえて期限を設定せず目標値を作らないようにしていますが、目標期限は2020年とされているようです。

国際目標はオリンピックイヤー

03669ea41cacf9db4d6ce666becd6b89_s

このプログラムはオリンピックのある2020年までにゴールが設定されています。具体的にはどんなものなのでしょうか。大きく分けてふたつあります。

  1. 口腔及び頭蓋顔面領域の疾患が、全身の健康及び心理社会的発達に及ぼす影響を最小限にすることによって口腔の健康を推進していく重要性を強調し、また口腔疾患による大きな苦しみを背負っている人々の口腔疾患を軽減していく。
  2. 口腔および頭蓋顔面領域に出現する全身疾患の個人および社会に及ぼす影響を最小限にし、またこれらの兆候を全身疾患の早期診断、予防といった効果的な対応に利用する。

難しく書かれていますね。「口腔及び頭蓋顔面領域の疾患」というのは歯科領域の疾患ということですが、既に疾患があるのなら普段の生活に悪影響がないようにその影響を最小限すること、そして疾患にかからないよう早期診断と予防をするように努める事、歯科関係者はこれらを行いましょうといった内容になっています。

小さい目標もある

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

上記のように大きなゴールを目指したいものですが、急に大きな目標はクリアできません。ですので小さい目標も10項目設定されています。全て載せることは出来ませんが、まとめてご紹介します。

  • 口腔及び頭蓋顔面領域の疾患による死亡率や有病率を低下させQOLの向上をする。
  • 口腔及び頭蓋顔面領域の疾患の予防をしコントロールするために効果の高いシステムを開発する。
  • 健康に影響する因子を人々が自らコントロール出来るよう支援する。

特に重要で注目すべき項目はこのあたりです。歯科医院で指導を受けている人は肌で感じているかもしれませんが、その指導自体も「口腔疾患を予防するため」であり「自らコントロールしていくため」のものです。つまり歯科医院でやってもらうだけではなく、自ら予防できるようになってもらいましょうという目的が含まれています。

「歯科医院に通っているのに虫歯ができた」と腹を立てるのはもうあり得ないという事です。なぜなら、受け身ではなく自ら予防しようと国民全体が思えるようになってもらうための指導だからです。まだこんなセリフを言ってしまう人が周囲にいるのではないでしょうか?それは歯科治療は受け身で良いという発想があるからです。国民の意識変化が最大の目標ということですね。

まとめ

難しい話でしたね。関係者以外の方には関係のないようなものに見えますが、これらは歯科医院に行かなければ始まらないのです。つまり国民ひとりひとりが自ら歯科医院に行くという国民発のプロジェクトです。主役は私たち国民全員なのです。歯科医療は治療から予防という大きな変化を遂げています。予防すれば治療しなくて良い、予防の方が治療よりも嫌な思いをしない、など予防することで気持ちの良いことが増えてきます。ぜひ歯科医院に定期的に通い始めましょう。歯科医院を上手に利用して気持ちの良い毎日を始めましょう。

関連記事

  1. 6192558056479da0e63537da565fd4b6_s

    口と全身の関連

    歯ぎしりではないTCHという症状

    TCHと呼ばれる症状をご存じでしょうか?これは、断続的に歯を接触させる…

  2. 81f710fe2590675f2972d48d499383b1_s

    その他

    歯がぼろぼろだけど歯医者さんが怖い!

    歯科医院に行くのが当たり前のようになっている世の中ですが、中には怖くて…

  3. 77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

    歯周病

    もしかして歯周病?歯周病簡単チェック!

    歯周病は生活習慣病であり、国民病の一つでもあります。しかし広く蔓延して…

  4. 0ddc921826d743dd86b70134895aa9ce_s

    口内炎

    あまり知られていない舌の病気

    歯はしっかり磨いていて黒いところはない。歯茎の色もキレイでしみるところ…

  5. b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_s

    ホームケア

    今日から始める予防歯科!

    予防歯科という言葉が登場してしばらく経ちますが、日本ではまだまだ浸透し…

  6. 2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s

    歯周病

    歯肉炎と歯周病

    歯周病も歯肉炎も良く聞く言葉ですね。テレビコマーシャルや雑誌などでもお…

  1. da59755e7d0f6ff22b714be3c433f386_s

    ホームケア

    フッ素はあなたの強い味方!フッ素で効果的な虫歯予防を
  2. 74880f4453197ad28a75f4332f41f172_s

    その他

    お口の健康って意識する?みんなの意識調査
  3. 5dd052a7ed7031e03cad7bace68186ae_s

    その他

    前歯が折れてしまったら!スポーツでの事故の応急処置
  4. 3ffc15eba334b5ece60cc6f9bf28b0be_s

    顎関節症

    顎関節症の検査ってどんなことするの?
  5. 88f755bb7dee2586c83fbeae2aa0dd6c_s

    ホームケア

    健康寿命とお口の健康
PAGE TOP