604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_s

口と全身の関連

8020ハチマルニイマル運動とは?

ここ20年以上推進され続けてきた8020(ハチマルニイマル)運動ですが、名前は聞いたことがあるでしょうか?学校の授業で取り上げられたりもしているこの運動。若い年齢層にも浸透しているはずですが、名前は知っているけどどういうものかは良く知らないという方のためにこの運動をご紹介します。

8020運動とは?

af84f9fb6510f735e03def611b515d3a_s

8020ハチマルニイマル運動とは、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という口腔医療に関する運動です。厚生省(後の厚生労働省)と日本歯科医師会が提唱して、平成元年にスタートしました。

なぜ8020なのかということですね。平成元年当時の平均寿命は男性で75.9歳、女性で81.8歳でした。これを平均したのち寿命を80歳として80を採用しました。つまり「生涯ずっと20本の歯を残そう」ということなのです。

そして20という数字ですが、ヒトは自分の歯で食事をとるには最低20本の歯が必要であるという意味です。これは過去に行われた調査によるもので、硬い食品であっても歯が20本あればほぼ問題なく食べることができるとされています。逆に言えば、年齢に関わらず20本以下しか歯が残っていない人の場合は何でも噛めるという事は難しいとされます。

20本以下の人が「何でも噛んで食べられる」と答えた人の割合は全体の50%程度でした。一方20本以上歯が残っている人が同様に答えた割合は、低くても86%と明らかに高かったのです。この結果で問題ないことが分かります。

ハチマルニイマル運動の後の成果

e9e4e6ea723a6c7202ce773cc7ad48a8_s

8020運動が提唱される前は、何もされていなかったわけではありません。標語では「一生自分の歯で食べよう」というものが使われていました。しかしより明確にするために8020という数字が用いられました。

8020運動がスタートした平成元年は、この数字を達成している高齢者の数は10%にも満たないものだったようです。しかしテレビコマーシャルなどでも言葉が広まり、年々達成者の割合が高まっていきました。2011年には37%にまで達したのです。現在はすでに国の定めた目標数まで達成されており、今後も歯科医療と共にさらに達成者が増える事が予測されています。

この運動は高齢社会に伴う健康寿命を延ばすための政策ではありましたが、今後も加速的に高齢者が増えていくことが予想されます。そうなれば割合としては達成されていても、達成していない人の人数は増え続けるでしょう。歯科医療は日進月歩であり歯の状態の良い人が増えてきてはいますが、まだまだ食べるのに困っている状態の人も多いのが現状のようです。

8020のためにできること

fb60abda5dee72fec1aca58b4245d7af_s

これは「歯を失わないためにどうしたら良いか」という問題です。まずは歯を失うとどうなるのか想像してみることをおすすめします。上記にあるように、歯の本数が20本以下になった場合は、噛むことが難しくなります。噛めないということは、好きなものが食べられないということ。こんなつまらないことがあるでしょうか?歯を失うということは、生活の質を低下させるということを覚えていてください。

そして歯を失う原因を出来るだけ取り除くことです。歯を失う原因の第一位は何だと思いますか?正解は歯周病です。歯周病は静かに進行する細菌感染の病気で、時間が経つにつれ歯周組織に進行し歯を支えている骨を溶かしてしまいます。溶けてしまうと歯は支えを失って取れてしまいます。歯に原因がなくても歯を失うことが普段の生活では見逃されているのです。恐ろしい病気ですね。

歯周病は細菌感染によるものですが、歯周病菌をゼロにすることはできません。増やさないようにするのです。その為に歯科医院でのプロケアと毎日自分で行うホームケアの2つを平行して行います。お口の状態によってケアも変わりますので、その時に最適な方法を歯科医院で教えてもらいましょう。もちろん歯科医院でのケアも定期的に行います。

そして歯周病を引き起こす糖尿病などの全身疾患も予防していくことが大切です。食事管理などを行い、結果的に全身の健康につながる事になります。タバコも大きな原因となります。禁煙することをおすすめします。

そして最後は虫歯予防です。虫歯予防は小さい頃から習慣のように行っている人が多いのですが、虫歯のせいで歯を失う人は少ないのです。なぜなら痛みに耐え切れず治療を行うからです。そうであっても軽視して良いものではけっしてありません。虫歯にならないためにもきちんとした歯科医療を受け、上手な歯磨きが出来るようケアしていきましょう。

まとめ

8020運動は厚生労働省が長く提唱している運動で、もう当たり前のように行われています。しかしお口の中のトラブルの原因がお口の中だけにあるわけではありません。全身の健康に伴うものがあることを知って、身体に害のない生活をしましょう。結果健康寿命に大きく関わり、快適な老後につながっていきます。

関連記事

  1. 681ee0a18bbd2f34ddd1a97f45aee253_s

    口と全身の関連

    歯科医院で銀歯をおすすめしなくなってきたワケとは?

    あなたのお口の中に、今銀歯は入っていますか?いつ入れたものでしょうか。…

  2. 53e79f5ba594598a7060d5c77e6ffd5d_s

    その他

    甘いけど虫歯にならない?強い味方!代用甘味料

    代用甘味料というものを知っていますか?糖分を摂れない人が代わりのものと…

  3. 9815ebc05f637f3e859199ecf383155b_s

    口と全身の関連

    あなたは大丈夫?歯ぎしりのこわ~い事情!

    寝ている時に歯ぎしりする音がしていたと指摘されたことはありませんか?ま…

  4. b230da2156a148b790e7f3c58005696d_s

    その他

    かみ合わない?患者さんと歯科医院それぞれの想い

    「かみ合わない」と聞くと歯のかみ合わせの事かと思ってしまいますが、今回…

  5. a2503930d576f45e173facd7a1fb08b7_s

    その他

    次世代タバコは禁煙になる?歯周病は治る?

    発売されて流星のごとく話題を呼んだタバコ界の救世主、次世代タバコですが…

  6. 歯ブラシの消毒してますか画像

    ホームケア

    消毒してますか?毎日の歯磨きを効果的にする歯ブラシの消毒

    歯磨きは1日3回食後にきちんと行い、デンタルフロスもばっちり。舌ブラシ…

  1. a98bbfb5268b1ae2bfe43a86234007f7_s

    ホームケア

    コーヒー好きは注意?コーヒーと口臭の関係
  2. 91501004

    その他

    かまぼこと歯の型取りの共通点とは?
  3. 731746eb777b5b9b66d4a8cb382240c4_s

    その他

    スポーツ中も安全に!マウスガードを知ろう
  4. 3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

    口と全身の関連

    その原因は歯ではない?ストレスで起こるお口のトラブル
  5. 64347a162f06c77471464b0de226c7b4_s

    根管治療

    ラバーダムを使ってより効果的な治療を!
PAGE TOP